2017年 11月 22日

夏以降、初のバイク 

このところ、週末に出張に行っていたり
子守をしていたりで
ほとんどバイクに乗っていませんでしたが
ようやく、時間ができて、乗りに行くことができました。
e0173145_06111061.jpg







e0173145_06111967.jpg
e0173145_06111531.jpg


ぱっと見、林道みたいですが
いつものツルサトです。

およそ二ヶ月半
まったく動かしていなかったYZ250Xですが
ガソリンを継ぎ足して
チョークを引いて
キック3発でエンジン始動。

うーん。良い子だ。
可愛いぞう。





なんて、思ったのは最初だけで
コースインしてすぐに
手強いコースと手強いマシンに
ユルユルの身体はノックアウトされて

「ちっとも可愛くないぜ、YZ250X…ハァハァ」





……


いちおう
このところの緩んだ身体をなんとかせねば、と
軽くダイエットをし
筋トレもしていたのですが
そんなものは全く無意味だったと思い知らされます。

ギャップを通過するたびに
身体中の贅肉が
プルプルと小刻みに揺れる揺れる…汗



こりゃ、いよいよアカンですわ。










と、なると
自分ちの中で
割と強制的に身体をいじめる最適ツールに着目。

そう。壁です。



しかし、脊椎損傷以降
あまり指に力が入らないので避けてきましたが
アマゾンで20個5000円くらいで売っていた
e0173145_06241138.jpg
わりとお求め安い
ガバホールド。
じつにチープ感ただようけど
たしかに、持ちやすい。

これなら、ボクでも壁遊びできるんちゃうか?!






さっそく取り付けて

どれどれ






おお。
良い感じだ。




e0173145_06255485.jpg
e0173145_06255764.jpg

自分ではなく
子供ウケが…

そりゃ、このホールド
「子供用」て書いてあったしな。




まあ、親子で一緒に遊べるのはいいことです。

こういう時代ですから
ただ子供を育てればいいというものではありません。
とくに、ウチのように
地方のさらに人口がどんどん減って行くような
衰退気味の街に住んでいると
なおさらです。

子育てには
「ビジョン」を持って取り組むべきです。




よく、「スキーと水泳は親責任」みたいなこと
言いますよね。
小学校ではあんまし教えてくれないから
この二つは家庭で親が教えるもんだ、的な。

じっさいは水泳も学校で教えるし
それ以外の項目も、学校頼みじゃなくて
親もちゃんと教えないといかんのでしょうが…




ウチの場合
スキーは遠いしお金がかかるから、ちょっと子供には教えてあげられそうにないし
水泳も得意ではないから、学校に任せようと思います。





かわりに「親責任」は
自転車と壁遊びとバイクと
図画工作とイタリア語あたりなら、なんとかなりそうです。





とくに、自転車とイタリア語。

この二つは自分に不足した要素で
しかし
人生の重要項目であることを痛感しています。
長男でも次男でもいいから
とにかく、しっかり遊んでくれ。

そんで、イタリア人の美人の嫁さんもらって
可愛いハーフの孫を作ってくれ!





と、いうのが、いまのところの
子育ての具体的な「ビジョン」です。




------------------------------------------------------------


なんて言っていたら
ミラノの友人が

「ウチの娘(8歳)をお前のところの嫁にしようか。笑」

だって。

ええやん。
ええやん。





by tachigoke400 | 2017-11-22 06:40 | オフロードバイク | Comments(0)


<< 茨城県      ひさしぶりのミラノ② >>