2017年 11月 18日

ひさしぶりのミラノ②

前回、ヤマハのテネレのことを書きましたが
街中にも、けっこう古いテネレが生息していました。
e0173145_05113816.jpg




これなんか、かなりイカしてます。
e0173145_05113506.jpg
この国の人たちは
日本人に比べて、クルマとかバイクが好きらしく
(それでも関心の無い層が増えていると聞きますが)
EICMAのショー会場も
一般公開デーになると
ハンパなく大盛況で
ちょっと、東京や大阪のモーターサイクルショーとは
次元の違うお祭り感でした。さすが。

来場者の層も
オジさん、お兄さんはもちろんのこと
どう見ても10代の少年たちもたくさんいたし
おじいちゃん、おばあちゃん、おばちゃん、おねえちゃんと
ものすごく色々な層が来場して楽しんでいる様子に
この国ではモーターサイクルはまだまだ「現役」なのだなあ…としみじみ。

うらやましく思いました。



ショーの期間にあわせて
市内中心部の百貨店のディスプレイも
e0173145_05184668.jpg
e0173145_05185951.jpg
e0173145_05190390.jpg
こんな感じで
バイクだらけになります。

名古屋では
ちょっと考えられない現象ですね。

そういえば、自分が学生の時に来た時も
この百貨店のディスプレイは
当時出たばかりの
アルファロメオのAlfa147のシートや
内装部品が綺麗に展示されていたのを思い出しました。






ショー会場に警察のブースがあって
安全運転の啓蒙とか、取り組み紹介が展示してあり
華やかなショー会場にあっては、若干の野暮ったさを感じさせ
そういうのは日本と変わらないのですが
しかし、白バイの展示だけではなく
e0173145_05263476.jpg
e0173145_05263412.jpg
こんなPOLIZIA(警察)のレースバイクがあるあたり
やはり国民性が完全に違っていると痛感しました。









いいなあ。
イタリア、いいなあ。
e0173145_05281671.jpg
e0173145_05291247.jpg
コンパニオンさんのレベルは
日本も負けてないと思いますけどね。

でもイタリア、いいなあ。




by tachigoke400 | 2017-11-18 05:21 | その他 | Comments(0)


<< 夏以降、初のバイク       ひさしぶりのミラノ① >>