2012年 04月 28日

出発

今日、荷造りの仕上げと確認をして
明日の早朝に出発します。
e0173145_5533645.jpg


と、いっても
競技自体は
5月5日マシン受け取り&セットアップ
5月6日受付、車検
7~12が競技
というスケジュールなので
渡英して数日は、英語に耳を慣らしがてら
旧友と飲んだり、買い物したり、現地の下見をしたりして過ごします。




---------------------------------------------


ボクは、堂々と言えます。

「目標は完走です」

このセリフは
ホビーライダーの特権かもしれません。

成績を期待されるプロライダーが口にすることは無いセリフです。



トライアルでもラリーでもエンデューロでもそうですが
ボクは今まで、あまり成績を気にして走ったことがありません。
ホビーライダーとはいえ、競技なのだから
ある程度、気にするべきでしょうが
性分でしょうか、誰に勝った負けたは
あまり気にならないのが正直なところです。

一応、付き合いで
競技後に歓談しながら
「いやあ、勝った」とか「参りました」
なんて言っていますが
正直、帰宅してからの一杯のほうに気が向いてそれどころではない
という心境です。


子供のころは、人一倍負けず嫌いでしたが
いつのころからか、そういうことに頓着が薄くなりました。


競技としてのモトクロスやパークトライアルにあまり馴染めないのは
「完走して当たり前で、他者と競争する以外の要素は無い」
からかもしれません。


ただし、理由は何であれ「リタイヤ」には
猛烈な悔しさと悲しさを感じます。
貧乏くさい性格なんでしょう。



「完走ねらい」を楽しむことは
ホビーライダーに許された、立派な楽しみかただと思っています。

もし、ボクみたいなライダーが
ラリーやエンデューロで成績を目指そうと思うと
怪我をするだけでしょう。
トライアルで大怪我をすることは少ないでしょうが
きっと精神を病むと思います。

と、いって毎回毎回
「できることをできる範囲でしかやらない」
なんていうスタンスでいるのも良くありません。
そんなことならば
最初からバイクなんて乗らない方がマシです。

何かに挑むことはそれ自体
重要な、心のサプリメントです。




「完走ねらい」で何かに挑むとすると
方法は2つ。

1つは、より困難な車両で挑むこと。
平谷ツートラにDRZ400で出るとか
TBIにCRM50で出るとか
モンゴルに軽トラで出るとか
そういった感じです。

もう1つは、より困難な大会に挑むこと。
と、いっても、手習いで始めたオッサンが
全日本選手権や世界選手権を目指すわけにはいかないので
参加可能なチャレンジは
やはり
ダカールラリーやBaja1000みたいな
門戸は広いイベントになるでしょう。


SSDTは、現在では
世界選手権クラスのライダーから底辺ライダーまで
等しく参加の機会を認められたイベントです。
正直なところ、今のボクが挑んで
完走できるとは思っていません。
しかし
ツーリングトライアルライダーが
何年かかけて挑む目標としては
絶好のイベントだと思っています。

草大会でモヤモヤして
と、いって選手権にも興味無いし
トライアルに疲れた気分だった数年前
SSDTが思い浮かんだ瞬間

「これや!」

と、思ったことを忘れません。
救われた気分でした。


SSDTは
いままでのラリーやレースはじめ
剣道の昇段試験、大学受験、入社試験なども含め
ボクの人生で、最難関の「トライアル=試技」
であることは間違いありません。

本当に、今、ワクワクしています。
結果がどうあれ得るものは大きいでしょう。




「SSDTに出ようと思います」

と、言うと

「オマエなんかが行ってどうなるんだ」

と、冷ややかな反応も多かったですが
不思議と
過去に参加したライダーたちは
ローカルライダーからIASまで
口をそろえて

「とても過酷だけど、素晴らしい。また行きたい。」
「ぜひ行って見てきてほしい」

と言います。
そういう大会なのでしょう。

ボクも、同じセリフを吐けるよう
精一杯頑張ってきます。




-------------------------------------



「目を覚ませ、熱くなれ」
e0173145_647151.jpg

なんてメッセージもいただきました。
ありがとうございます。


一応、大会中は
SSDTのホームページから
経過を見ることができると思います。
ゼッケンは205番。

このブログも、更新できたらしたいですが
きっと、精根尽きてそれどころではないでしょう。


ではみなさま
よいゴールデンウィークを!




---------------------------------------

追伸

初産を直後に控えた、微妙なタイミングで
参加を「こころよく」許してくれたハニマルに感謝します。
万が一、渡航中に生まれてしまって立ち会えなかったらゴメン。
その時は、大会何日めで生まれたかで命名しようか。

初日:太郎
2日め:二郎
3日め:三郎


6日め:六郎

ゴメン、冗談です。


元気な子を産んでください。

by tachigoke400 | 2012-04-28 06:57 | SSDTへの道 | Comments(11)
Commented by 塾長 at 2012-04-28 07:31 x
うおぉぉぉ、かっこええ!
臨月を控えた妻に、「元気な子を産んでくれ」のせりふとともに
戦い(実は遊び)に旅立つ男。
ベタだけど映画のワンシーンみたいじゃんか。
人でなし万歳!
Commented by エンドー at 2012-04-28 07:58 x
つべこべ言わず楽しんで来い!
大きな怪我だけには気を付けなよ!
Commented by オカダ at 2012-04-28 21:09 x
同じ昭和51年生まれの男子として、なんか勇気を分けてもらえた気がします。
人生楽しんだもん勝ちっすね。
土産話楽しみにしています!
Commented by ピースケ at 2012-04-28 21:18 x
Let's go! チームたちごけ!!
Commented by もらまつ@飯田 at 2012-04-28 21:42 x
いや~、初めてコメントするんですけど(*^_^*)
素敵な生き方だと思います!
いってらっしゃいませ。
Commented by げん@こんなん堂 at 2012-04-28 23:13 x
おもいっきり もがいてきてください。
帰ってきてからのブログ 楽しみにしてま~す。
Commented by ratt at 2012-04-29 00:33 x
いってらっしゃい!思いきり楽しんできてねー帰ってきたら思いきり呑もう!酒は用意しときますねー楽しみ楽しみ
Commented by ちゅーそん at 2012-04-29 01:15 x
いってらっしゃーい。
帰ってきたら、闘う君のうたを聞かせておくれ。

羨望と尊敬の想いを込めて
遙けき地より応援しています。
無事に帰ってこいよ。
Commented by まつの at 2012-04-29 01:27 x
素敵です。男としてかっこいいっす。頑張ってくださいねー☆
Commented at 2012-04-29 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はっとり at 2012-04-30 00:07 x
思うことが、いつか運命になります!
まさに、その時ですね。
全力で楽しんできてください。


<< 英国なう      MOTO NAVI >>