2017年 03月 23日

寧波にて②

寧波の虹星村という
メルヘンな名前の村の工場で


e0173145_04354796.jpg


お昼ご飯。
コップの液体はコーラではなく
赤ワインですが、これは
僕が飲み助だと知っての厚意だそうです。


簡素な食堂で
工員さんや家族と一緒に
テーブルを囲みます。

中国式のテーブルマナーは
日本で見ると
オイオイ、と思いますが
その国のその空気の中で見ると
むしろ自然で
あんまし気になりませんでした。


食事の味付けは
日本人にはちょっと濃いかな
程度で、甘くも辛くもなく
美味しいです。

海が近い寧波は
海産物が豊かですが
個人的には野菜がめちゃくちゃ美味しいと思いました。

街のレストランに行くと

e0173145_05380150.jpg


e0173145_05374259.jpg


e0173145_05374565.jpg


e0173145_05375096.jpg


魚貝類がいっぱいで
ここから好きなものを選べ
と言われても
あまりに形が生々しい上に
どういった調理になって出てくるのか
皆目見当がつかなくて
どう選んでいいものやら悩みました。

味覚がお子様なボクとしては
カレーとかハンバーグが恋しくなったことはナイショです。


んで。



試作品のテストがてら
近郊の湖のそばに行った際
連れて行ってもらった
喫茶店⁈が
すさまじく古風かつ正統派で


e0173145_05372881.jpg
e0173145_05372881.jpg

e0173145_05372038.jpg


e0173145_05364353.jpg


e0173145_05370911.jpg


e0173145_05364545.jpg


e0173145_05371721.jpg


e0173145_05364711.jpg


なにここ。

めっちゃ感じええやん。
ジャッキー出てきそうやん。

昔の役人か有力者の住まいを
そのまま利用しているのでしょうか
隣には
似たようなレストランもあります。

両店とも
それと示す看板は無いので
人も少なく
とても落ち着いた場所です。

従業員のお姉さんも
美しいし
落ち着いた印象のチャイナ服を着て
穏やかな接客で
舞台装置としては完璧です。

トイレや照明、オーディオ設備は現代風ですが
建物としては、かなりオリジナルを活かした
かなりいいコンディションで
ちょっとここまで本格的な規模のものを
日本で紹介しろ
と、言われても
ウチの近郊では心当たりがありません。

メニューはほとんどお茶しかなくて
何種類もいろんな飲み方があって
まったく不調法なので
おまかせしました。

天気が良いので
席を外に設けてもらって
池を眺めながら
塗装とか溶接とかバッテリーとか
風情のない打ち合わせを楽しみました。笑




ところで
日本だとほとんどの建物には
必ず雨どいがあって
ボクはときにアレが無粋に感じて
気になってしょうがないときもあるのですが
コチラでは雨どいは
ほとんど目にすることはなく

e0173145_05371273.jpg

e0173145_05371485.jpg


流れ落ちる様を
等間隔に制御して
その模様を愉しむのが
粋というもののようです。

なるほど。カッコいい。
今度は雨の日に来てみたいなあ。







# by tachigoke400 | 2017-03-23 04:33 | Comments(2)
2017年 03月 20日

寧波にて①

一週間ほど
中国の寧波に滞在していました。

e0173145_05352820.jpg

e0173145_05353019.jpg


寧波という街について、僕はほとんどなにも知りませんでしたが
上海の南側に位置する街で
港を有するために
昔から日本との交流の盛んだった場所で
遣唐使や遣隋使が出入りしたり
雪舟が水墨画を学びにきたり
そういう場所だそうです。

気候はほとんど名古屋あたりと変わらず
違和感がないかわりに
外国に来たという感覚にも
ちょっと乏しい気もします。

人の見た目も似たようなものだし
街並みも近代的で
巨大な道路と建物がたくさん建っていて

e0173145_06064741.jpg

e0173145_06064249.jpg

e0173145_06064493.jpg

ショッピングモールの中のお店も
日本とそう大差ありません。

やたらと高級セダンと高級SUVが走っていることを除けば
路上の風景もさほど変わらない気もします。
日本車もたくさん走っていますし。

あ。

すんごい数の電動スクーターが
音もなく無灯火でシュンシュン走っている風景は
かなり異質な光景です。









この数ヶ月、仕事で
数名同行
1〜3日の滞在を月イチ程度で繰り返していたのですが
今回は単身
月曜日から土曜日まで
まるっと一週間、寧波の端っこのほうの
小さな村の工場に一室を借りて
滞在させてもらいました。

なにぶん、郊外のことなので
近くにホテルもなく
いっそ、工場に住んだ方が
なにかと都合がいいということで。


e0173145_06064935.jpg

e0173145_05361251.jpg


e0173145_05361009.jpg


e0173145_05360832.jpg


e0173145_05360584.jpg



こんな感じの
なかなか味わいのある住処で
三食酒付き昼寝付き?!家賃ゼロの高待遇で
お仕事をさせていただくことになりました。



e0173145_05354918.jpg
 
e0173145_05355240.jpg

なかなかのんびりしたエリアで
ニコニコした穏やかな人ばかりでした。


もちろん、僕は中国語はできませんし
今回は通訳もいないし
身振り手振り図解筆談効果音を総動員な滞在でしたが
工場の社長さんが僕のカタコト英語に付き合ってくれたおかげで
なんとか、当初の予定の仕事を終えることができました。



中国人に悪い印象をもつ人も多いですが
人に恵まれたというか
この一週間
一度たりとも不快な思いをすることはありませんでした。



ありがたいことです。












# by tachigoke400 | 2017-03-20 06:29 | その他 | Comments(2)
2017年 03月 16日

ハニマルの初デジタル一眼レフ

四月から、保育園を転園することになり
通園バッグだのなんだの
いろいろと新調せねばならなくなり
中には手縫いのよだれかけが必要だとか
なんか前時代的だなあ
と、思わないでもないですが
まあ、待機児童がなんだとかいう話に比べたら
気楽なもんです。

んで、そんなアレコレのための
買い出しに行くと言って出かけた
ハニマルさんですが

e0173145_03410228.jpg
唐突に、一眼レフを買ってきました。

んー。
たしかに、この機種なら
そこらへんのコンパクトデジカメより安いもんね。
すごい買い得感!


なんせ、小さい。
そしてめちゃ軽い!

CRF125Fにも通ずる何かを
感じますよ。はい。

んで、なにやら
ゴソゴソ撮ってるなあ、と
思ってましたが

e0173145_03425319.jpg

e0173145_03425621.jpg

e0173145_03425025.jpg

e0173145_03430842.jpg

e0173145_03431129.jpg

e0173145_03431908.jpg
ええ感じやん!
猫ー。


かれこれ
2011年にニコンのP300を買って以来
一眼レフはとんと使わなくなり
ついにはそのP300すら使わなくなり
iphoneのカメラオンリーな生活で
それはそれで、そこそこ撮れるので
満足していましたが
エントリーグレードとはいえ
さすが一眼レフ。

撮って楽しいことこの上ないです。

EOS-kissのX7という古い機種ですが
軽くて静かでよく撮れて、安くて
こりゃ、いいわ。


これで動画もバリバリ撮るぞう!たぶん。



うむ。

髪の毛はやはり
真ん中へんが
そろそろヤバイな。

e0173145_03432799.jpg

よく撮れる、て、残酷!


# by tachigoke400 | 2017-03-16 20:47 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 14日

新年初ツルサト


今年に入って
初めてツルサトに行きました。

e0173145_03434141.jpg
運営がカーベックさんから
またまた元の安藤さんに戻ったため
しばらくの間、機材整備等で
お休みしていたそうですが
先週あたりからボチボチ再開のようです。




前夜に
イズミちゃんの家で
お雛様エンデューロの打ち上げ⁈的な
飲み会をやって
e0173145_04335424.jpg
恒例の⁈
股下の長さ計測会などを楽しみつつ
楽しく夜を過ごしました。

んで、翌朝は
イズミちゃん家から10分の
我らがパラダイス
ツルサト。
e0173145_03440883.jpg
先週のレースでハニマルと
ゼッケンが続きになってた
ミシェルのTTR125

彼女はバイクは超初心者ですが
なんとなくノリでレースに出ちゃたりして
お雛様を2周もしちゃったツワモノです。



んで、そんなミシェルのパートナーの
ミズタニさんが持ってきた
DJIのドローン!
e0173145_03442015.jpg
うひょー。
カッコいい。

自動で姿勢制御して
その場に静止したり
目標を自動で追尾したり
障害物を感知して避けたり
電池残量が少なくなってきたら
自動で元の位置に戻ってきたりとか
めっちゃ賢くて可愛いヤツです。
e0173145_03443133.jpg
ハニマルもトライ

ういーん。
e0173145_03443966.jpg
飛んだ
e0173145_03445039.jpg
おお
e0173145_03445473.jpg
とんだー
e0173145_03450426.jpg
ぽかーん
e0173145_03450957.jpg
口、あきっぱなしやで。
ハニマルさん。
e0173145_03452100.jpg
撮れる画像も面白いものになるし
とてもキレイだし。
もちろんブレ補正もあるし

こんなもんが原付きよりも安いだなんて
すごい世の中になったもんです。



ほ、ほ、ほ、

欲しい!






久しぶりに走るツルサトは
レイアウトもだいぶ変わって
最初戸惑いました。
e0173145_03453271.jpg


e0173145_03434951.jpg
今まで、ミニコースと言われていた
部分と、本コースの前半部分が
合体して、一つのコースになりました。

本コースの後半部へは
途中の分岐で行けるようになっていますので
気分によってショートとロングを
走りわけるようにレイアウトされています。


相変わらず手強いコースで
全くもって歯が立たないのですが
ほんまに楽しい良いコースです。



そうそう。
ギャラリージャンプというか
いわゆる6連ジャンプは
だいぶ間を埋めて
三連テーブルトップみたいに
なっていたので
ボクらみたいなヘッポコライダーでも
挑戦しやすくなっていて
ありがたいなあ
と、思いました。




下のキッズコースは
レーキでならして
走りやすくしました。
ボクが。笑

ツルサトのこういう雰囲気
好きだなあ。



# by tachigoke400 | 2017-03-14 08:49 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 03月 09日

無駄にハイスペックなヘルメット

ヘルメットを新調しました。
あ。
自転車ヘルメットです。


ええ。
発表されたばかりの例のヤツ。
e0173145_06122621.jpg

FOXのプロフレーム!
e0173145_06251771.jpg
ああ、なんでしょう。
このむやみに穴だらけでエッジの効いた
野心的な佇まい。

さわやか、かつ
アグレシブな色づかい。

たまりません。




ダウンヒルだけじゃなくて
クロカンとかエンデューロのライダーのために
とにかく軽く涼しく
フルフェイスの安心感を!

ていうコンセプトのヘルメットで
今年のFOXのヘルメットの目玉製品です。




2014年に怪我をして以来
オートバイはもちろん
できれば自転車で遊ぶときもフルフェイス
と、心がけてはいたのですが
暑さと重さにヤられて
いつのまにやら
半ヘルばかり使うようになってしまい
内心
これはマズイなあ…

と、感じていたので
このヘルメットはまさにドンピシャ。
e0173145_06254068.jpg
e0173145_06253517.jpg
e0173145_06253321.jpg
実際の重量は半ヘルに対して
倍近い重さなんですけど
e0173145_06254756.jpg
実際に手にとってみると
本当におどろくほどの軽さ。

かぶってみると、さらに軽く感じます。

内装もチークパッドが3種類ついてきて
顔にあわせてフィットしやすいようにできています。

きっちりフィットすると
半ヘルよりもむしろ
軽く感じるくらいです。




んでもって
前も後ろも通気口だらけだから
e0173145_06252172.jpg
かぶって歩いただけでわかる
空気の流れと涼しさ!







でも
オマエ、MTBで
山行かないじゃん…



ていうツッコミが各所から入れられましたが
いいんです!


通勤と
会社の昼休みに駐車場で
遊ぶだけでも
頭は守りたいんです!

ていうか
このヘルメットがあまりにカッコよかったから
欲しくなったんです!

なんなら、このヘルメットに合わせて
自転車ライフも変えてしまいたい勢いです。






それにしても、この
部品が欠品してるんじゃないか
ていうくらいの大開口
e0173145_06255474.jpg
小さめの
アレなら挿入るんじゃないのか……








ほら、アレ。









そう。



e0173145_06260143.jpg

バナナとか。
e0173145_06260804.jpg

すげー。

余裕。







なんか、ごめん
FOXのデザイナーさん…




# by tachigoke400 | 2017-03-09 06:51 | 自転車 | Comments(0)