2009年 04月 12日

初めての美杉

不況。

トヨタ系の工場では、月曜日がお休みだったりします。
そのかわり、お給料も減ります。
良し悪しです。

ボクが働く開発部門は通常通り出勤なのですが
「痛みを分かち合おう」
という、じつに昭和日本っぽい思想のもと
われわれも、13日と20日は、休業と相成りました。
もちろん、給料にひびきます。

と、いうことで、この週末は3連休。

土曜日、モトクロス
日曜日、良き夫(新居まわりの手入れ&アウトレット)
月曜日、トライアル

悪くないなあ、不況。
有意義に使うことにします。



土曜日は、久々に多度かイケパでも行こうかと思っていたのですが
塾長が美杉に行くというので、ボクもご一緒してみました。

e0173145_19541963.jpg


かねがね、いい所だというウワサは聞いていましたが
ホントにいい所でした。

高速道路を下りてからの道中の雰囲気も好ましく
古き良き日本を感じさせます。まるで、四国のような。

コースの周りも閑静で
レイアウトも開放的。
幅も広く、変化に富んでいます。

トイレも綺麗。
川のせせらぎにも癒されます。
泊りで行って、夜は宴会なライダーも多いと聞きますが
まさに、納得。

多度のコンペティブすぎる雰囲気が
若干苦手なボクとしましては
最高にお気に入りなわけです。
多少遠くても、これからもちょくちょく通おうとおもいました。
下市、イケパと同様、お気に入りのコースになりました。

さて。
走行を始めて2周。
アクセルを戻すと、やたらパンパンいうCRF150。
しかも、すぐにエンストします。
先週、河川敷で乗ったときは調子良かったのに
気温が上がっただけで、ここまでおかしくなるか、さすがレーサー
と、思って、ピットに戻り
パイロットスクリューを調整してみようと覗いてみると‥‥
e0173145_2073762.jpg

なんと、パイロットスクリューが居ないではありませんか。
どおりで‥‥
でも、脱落することなんてあるんですねえ‥
今日の走行はお終いか、と思ったところ
スクーデリアオクムラのオクムラさんが予備を持ってらっしゃったので
お借りして難を逃れました。
e0173145_2010420.jpg

旧、キハチ号に付いていたものだそうな。
ありがとうございました。助かりました。
その、オクムラ家の令嬢コトちゃんの
全日本参戦マシン。
e0173145_201249100.jpg

大人の女性の魅力あふれる仕様となっているようです。
いーなー。

こちらは成長著しいコータローのノート。
e0173145_20432271.jpg

MXにモトクロスの読み仮名は必要ですか。
頭が下がります。

出会ったころ(小学生)は、なんとなくいいライバルだと思えた
中学1年生、体重75kg前後の、アニキ。
e0173145_20455446.jpg

しばらく会わないうちに、ヒネりながら飛んでくるようになりました。
もう、すっかり雲の上の存在です。

そのアニキ。
妙に勝負強いというか、ふてぶてしいのですが
どうやら、小学生時代、レスリングのジュニアで全日本3位の実力だそうな。
凄いなあ‥
e0173145_20504973.jpg

コータローと並ぶと、まるで同級生のようですが
高2と中1です。

この写真、あまりに爽やかなので、当分、ウチのPCのデスクトップの壁紙に採用です。


さーて。
明日はヤブさんとヨーコちんと、お寺に行くぞぅ。

給料安くてもいいから、週休3日がスタンダードにならないかなあ、日本。

# by tachigoke400 | 2009-04-12 20:51 | オフロードバイク | Comments(3)
2009年 04月 07日

ノボルちゃんとTTR125

先日、TTR125との、切ない別れを書きましたが
さっそく、再会。

次の持ち主のノボルちゃんは
ロードバイクに乗りまくって怪我しまくって
しばらくバイクをお休みしてたのですが
もともと、運動神経がいいので
オフロードもサラリと乗り始めました。

トランポはファンカーゴ。
4WDなので、バックドアの内側にスペアタイヤの出っ張りがありますが
とりあえず積めるようです。



e0173145_20275056.jpg


いいカンジです。

e0173145_20301139.jpg


いいカンジです。

よーし。今度はお寺に連れて行こう。

# by tachigoke400 | 2009-04-07 20:32 | オフロードバイク | Comments(2)
2009年 04月 04日

焚き火どんどん

使ってみました。
「焚き火どんどん」

万が一、煙や炎が盛大に上がるとマズいので
人里はなれたところでテスト。

e0173145_23225044.jpg

とりあえず、この商品が梱包されていた巨大なダンボールや
雑誌、カタログの類を詰めてみました。

点火後、数分。
真剣な眼差しの塾長。
e0173145_23241915.jpg

最初だけ、少し煙が出ますが
すぐに無色に。

やがて、ガンガン燃えていきます。
e0173145_23274451.jpg

結構、迫力あります。

安定燃焼中
e0173145_23284444.jpg

まったく、煙が出ません。
どういう仕組みでかわかりませんが
とにかくキレイに燃えているらしいです。

終盤
e0173145_23302245.jpg

燃焼はほぼ終わり、ブスブスと燻ります。
この時期、若干、煙がでます。

小雨が降り始めたせいもあり
暖を求めて人が集います。
中はどんなもんかいな、と、覗いてみる面々。
e0173145_23321610.jpg

塾長の表情がたまりません。
それにしても、首、太いですねえ。

綺麗な白い灰になりました。
e0173145_23352679.jpg

この灰は、肥料として、イイそうです。


総評
めちゃめちゃ、イイ。
持ち運びも軽快。本体の焼け色も味わい深く‥

実戦投入が楽しみであります。

# by tachigoke400 | 2009-04-04 23:36 | 火鉢  ストーブ | Comments(4)
2009年 04月 03日

火遊び‥?

先日、4月1日のエイプリルフールで
入籍1周年となります。

いわゆる結婚記念日を、入籍の日に設定するか
結婚式をした日にするか、迷うところではありますが
入籍は、役所に届け出た日であり
式は、天満宮の神さまに届け出た日。

どうやら、式のほうの日を結婚記念日とするのがよさそうです。


ともあれ、ハニマルと暮らしだして1年になるわけですが
思えば、いろいろあった1年でした。
ガスガスを買ったりSYを買ったりトリッカーを買ったり
ニュージーランドに新婚旅行に行ってみたり、もう一回、単独で行ってみたり。
フリーライドマガジンに載せてもらってみたり
家を建ててみたり、トレーラーを買ってみたり、ハニマルが就職してみたり‥

もちろん、その間、ボクは良き夫として
火遊びも水遊びもすることなく、清廉そのものだったわけですが
このたび、「火遊び」に手を出すことにしました。

e0173145_637101.jpg

焼却炉です。

家庭用60Lで、ダイオキシンを出さない高温焼却タイプ
南極でもヒマラヤの高地でも使用可能という、「くすぐる」スペック
ですが、「たき火どんどん」という、ふざけた製品名。

なぜ、焼却炉がいるかというと
e0173145_6494886.jpg

今度の家のまわりの雑木林を整理していると
倒木やら小枝やらが大量にでてくるので、ごみ捨てにいくのも
大変だし、枯葉などのことも考えると、小さな焼却炉がひとつあると便利かなあ、と。


もうひとつ。
e0173145_6531815.jpg

趣味として、火鉢を始めてみることにしました。
約30cm角の古い火鉢です。

もともと、新居に、薪ストーブを導入しようかと思っていたのですが
設置費用がハスクの新車1台ぶんくらいする上に、夏は邪魔なだけなので
見送ることに。
かわりに、なにか別の、リアルな火を、生活にとりいれたくて囲炉裏も考えたのですが
同上の理由と、ハニマルの反対に会い
ささやかな
本当にささやかな要望として、手あぶり火鉢(骨董、灰つきで1000円)を手に入れました。

e0173145_6591973.jpg

まだ、周辺機器が、なにも揃ってないので
これからちょくちょく手に入れていきますが
まずは、この古い灰をふるいにかけて、サラサラにしてやろうと思います。

# by tachigoke400 | 2009-04-03 07:03 | 火鉢  ストーブ | Comments(3)
2009年 04月 01日

エイプリルフール?

FOXレーシングジャパンのHP(ちょっと重いサイト)を眺めていると‥
ガールズのところ
「詳細」をクリックしてみると

e0173145_21114976.gif


ん?
このモデルさんは‥‥
見覚えのあるヒトが‥‥
しかも、全部の製品に?!
き‥キワドイ衣装もありますな。

しかし、「ガールズ」はちとキビシくないですか。

# by tachigoke400 | 2009-04-01 21:17 | その他 | Comments(4)
2009年 03月 30日

はじめての、フローティングターン

昨日は午後から、お寺で練習。


思い立って
ほぼ、ひたすらフローティングターンを繰り返しました。
フロントを上げて、クルっと回る技ですが
今回は、フロントを上げて岩にぶつけて、反動を利用して向きを変える
というのに挑戦。

僕レベルだと、大会で使うことは無いのですが
できたらカッコいいなあ、と思いまして‥‥

ちっともできないのですが
ひたすら繰り返すうちに、なんとなく、ぶつけて向きを変えるところまでは
できるようになったものの‥



当てて向きを変えるのがせいぜいで、L字に回っています。
本当は、V字に回れないとダメです。

あきらめて帰ろうかと思った頃
IAの平田兄弟のお父さんであるところの平田さんが
ありがたいことにアドバイスをくれました。

それどころか、息子さんたちを呼んできて、見本を見せてくださいました。



ああ。
ああ。
なんという、柔らかい動き‥‥
そっと触れるように土管に当てて、スっと向きを変える‥
コレ、コレですよ。

IAの2人が、ボクのマシンを見て

「サスが硬すぎじゃないですか?」
「え、そうですか、いままで考えたことなかったです」
「体重、何kgですか?」
「56~57kgくらいですけど‥」
「じゃあ、ボクと同じですね。たぶん、もっと柔らかいほうがいいと思いますよ」

そう言って、自分のマシンを貸してくれました。
同じスコルパの250ですが、確かにだいぶ印象が違います。
ものすごく、柔らかくサスが動きます。

て、試乗しているうちに、なんと、ボクのマシンの前後サスを調整してくれました。
調整後、様子を見るために乗ってくださって
そこここで跳ねたり回ったりしてくれます。
ほほほう。 ボクのマシンは、あんなことができたんだぁ‥‥

IAの人と同じようなセッティングが、ボクみたいなライダーに合うかどうか
疑問ではありましたが、少なくとも、現代的なトライアルをやる上では
同じ体重の選手の同じマシンとしては、おおいに参考にすべきだと思います。

ありがたいなあ。

彼らは、体重とサスセッティングには、やはりこだわりがあるようで
毎回、練習前に、体重を測ってから来るのだそうです。
な‥なるほどー。

その後は、いろんな人たちが参加して
大フローティングターン大会になり
ボクも、さっきよりはカタチになってきました。


かねがね、大将が、「キミたちはイイ環境にいる」
と、言っていますが、つくづく、そうだと思います。
ありがたいなあ。


あすは、昼すぎで仕事がはける予定なので
帰りにお寺に行って、復習をしようと思います。
んー。楽しい!

# by tachigoke400 | 2009-03-30 21:27 | オフロードバイク | Comments(2)