<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 21日

通勤マシン、強制交代

先週の土曜日、ボーッとWR250Rを眺めていて
ふと、気がつきました。


なんか、スッキリしててカッコいいなあ
e0173145_06400400.jpg

て、ナンバー無いやんけ




どうやら、通勤中にボルトが緩んだようで
どこかに落としてしまったようですね。
盗難の可能性もありますし
拾った誰かに悪用されても困るので
警察に届けるのはいいとして
新しいナンバーを取得しに行くのは
平日に休みが必要なので、少し先になりそうです。







と、なると
代わりの通勤車両は
ミニクーパーか…
でもクルマ通勤はタルいから嫌だしなあ。

て、ことは残りは
e0173145_06452339.jpg
6月に車検を通して以来
一度も乗っていないGL400しかない。
e0173145_06462612.jpg
2013年のちょうど今頃盗難されて以来
ほぼそのままなので、幸い、グリップヒーターも装着されたままです。

ヘッドライトさえ取り付ければ
公道にすぐに返り咲きできます。
任意保険もあります。

こんなカタチで強制的に復活させる気はなくて
じっくりと盆栽として愛でながら
ボチボチと復活させようと
部品や塗料などを買い揃えていましたが
結局、何もできていないまま……

ごめんよ、GL400。





んーっと
たしかここらへんに、余ったヘッドライトが転がってたな
e0173145_06514142.jpg
スズキか…

ジェベル200のだな。さては。
e0173145_06515954.jpg
年式なりにボロいけど
まあ、点灯すればいいや。

e0173145_06582460.jpg
WR250Rに使った余りのイエローバルブをぶちこんで
e0173145_06585614.jpg
よーし、オッケー!



エンジン始動!
e0173145_06593371.jpg
キャブの中の古いガソリンを抜いて
チョークを引っ張って
セルを回すと
グズることなくアッサリ始動。

ど、ど、ど、どるどるどるる…

さすがホンダ!






と、いうわけで
先週はGL400で通勤してみました。

イイ。

WR250Rにくらべたら
そりゃ重いし遅いけど
全てにおいて穏やかなキャラクター
もう、母性さえ感じるくらい癒し系。

ウットリ。

アイドリングから低回転にかけては
独特の鼓動と左右の揺れに
味わい深いものを感じますが
回転を上げるとそれらの雑味が
スーッと消失して
1本の糸に集束していくような感覚になります。

回転を上げるほど
存在感を消していくエンジンは
不人気の原因でもあったでしょう
しかし
今あらためて評価すると
新しささえ感じます。


車検こそ通るレベルのものとはいえ
ブレーキの効きはかなりユルく
慣れるまでヒヤヒヤしますが
それも含めての
ゆったりとしたキャラクターに酔いしれます。



いいなあ、GL400通勤。

そうだ。
グリップヒーターの必要な季節はGL400で通勤して
それ以外の季節はWR250R通勤にしよう。

それはいい考えだ。

カスタムはオフシーズンにやればいいんだ。

しかし、そうは言っても
急に復活させたGL400。
いくつか、対策しないとなあ
な、部分もありますが、それについては
またいづれ。


by tachigoke400 | 2015-12-21 12:50 | GL400 | Comments(5)
2015年 12月 10日

黒かあ…締まっててイイなあ

inspiredの2016モデルが発表されてますね。

ボクの持っているエントリーモデルのflow24も
更新されています。
e0173145_05473065.jpg
黒いフレームですね。

↓これがボクの持ってる現行モデル
e0173145_05562646.jpg
ぱっとみたところ、フロントブレーキがリムブレーキになっていることと
チェーンのテンショナーが無いこと
リアにディスクブレーキ用の座が付いていることが見てとれます。
フレームも首元の補強がゴツくなるようですね。


ふーん。けっこうイメージかわるなあ。

e0173145_05473099.jpg
最上級モデルのSKYEとカラーイメージを合わせてきたり
ダニー・マカスキルのサインを入れてきたり
エントリーモデルとしてのイメージづくりが上手いなあ。


ところで

シングルギアなのにテンショナーがついてるのって
なんか理由があるんすかね?


by tachigoke400 | 2015-12-10 05:54 | 自転車 | Comments(4)
2015年 12月 06日

通勤タイヤをいろいろトライ中

WR250Rは通勤車両なので
買って以来、ずーっとトレールタイヤを履いていて
IRCのTR8を愛用していました。
耐久性もそうですし、アスファルトのグリップも大事ですから。

でも

このごろは、MX31とかVE33とか
そういういかにもイボイボのタイヤが気に入っています。
以前のレースで使った余りを再利用、ですが。

見た目がかっこいいのと
やっぱしオフロードでのグリップが別世界で気持ちいいですしね。






で。
10月のアサマの前に入れた
ゴールデンタイヤの前輪。
e0173145_07012116.jpg
これは去年の日高に使って2日間走ったのち
半年後にハニマルが北海道をツーリングしたものを
そのまま外して保管してあったもので

いかにもオフロード向けのパターンですが
アスファルトでも意外と粘っこくグリッップしてくれて
通勤でも不安を感じることはありませんでした。

ただ、減るのはやはり早くで
7分山くらいで履き始めて
約二ヶ月乗って
なかなか不思議な減り方をしています。
e0173145_06555476.jpg
一列飛ばしに
ほとんどゼロにまで減ってしまいました。

他の山はなかなか減らないのに
なんでピンポイントでこいつらだけこんなに減るんすか。

先日の奥山デイズのときに
澤木選手にも
「こういうパターンのタイヤがあるのかと思った」
と言われるくらい
自然な仕上がりです。苦笑。



種類の違う材質を組み合わせてるんですかねえ?
あの独特のグリップ感はこうして生み出されているのでしょうか。






このように
なかなか不安な
e0173145_06555590.jpg
ピンポイント接地になるので
見た目めっちゃ不安ですが
荷重がかかると3点接地になると見えて
案外、ちゃんと止まれるし曲がれます。
(あくまで、「案外」です)




でも、さすがに
サラリーマンの通勤車両として
こういうタイヤでは社会的信用にかかわるので
そろそろ前輪を新調しようと思いました。



ツーリストは好きだけど
WR250Rには見た目的に無いし
MT21もT63も悪くないけど
どーせ前輪なんてそんなに早いペースで減らないから
コンペタイヤでもいいかなあ…
(↑ゴールデンタイヤで味をしめた)


前輪も後輪も
減りの問題はともかく
土の上でガッツリとグリップしてくれるほうが気持ちいいし
そういうパターンのタイヤだと
アスファルトはむしろ慎重になるしな。



んで、なにかとWR250Rで参考にさせていただいている
IRCのix-09wというのがイイと書いてあるので
e0173145_06555117.jpg
それにしてみました。
e0173145_06555266.jpg
e0173145_06555344.jpg
うん。
どこから見ても

いかにも素朴な通勤タイヤ然とした見た目です。


どんな感じかな。

さあ、来週のエンジョイダート(スタッフ)までには履き替えよう!






by tachigoke400 | 2015-12-06 07:23 | WR250R | Comments(3)
2015年 12月 02日

ドライブレコーダー

かねがね
いざというときのために付けておいたほうがいいなあ
と、思いつつ
なかなかコレというきっかけがなくて
ついつい伸ばし伸ばしにしていたカー用品。

ドライブレコーダー





数千円から数万円まで
各社さまざまな製品があり
価格と性能で比較すると
もう、なにがなんだかわからなくなって
こういうときは、見た目が気に入ったのを選ぶことにしています。

が。

これまた、炊飯器やファンヒーターと同じような問題を抱えていて
どれもこれも妙に主張のあるデザインばかりで
周囲にさりげなく馴染むとか
場に溶け込むとか
そういうのと無縁な協調性の無い奴ばかりです。


「優れたデザイン」にも
いろいろあると思いますが
個を消して、存在を感じさせない
というデザイン手法は、じつはとても高度で
そして多くのデザイナーが苦手とするところです。
もちろん、ボクも苦手です。

不要なものが視界に意識されると
それはストレスになりますから
そういう要素を削いで削いで純度を高めていく。
高度で時間もかかり、根気のいる作業になります。
たぶん、アップルはそういう手法がとても上手だと思いますが
それができて、かつ製品に落とし込めるところは
他にはそうそう無いでしょう。

だから、ドラレコには
過度に期待はしていませんでした。









しかし

さすが老舗ユピテル。


そう。
e0173145_05035465.gif
漫画よつばと
人気キャラクター⁈のダンボーが
e0173145_04412982.jpg
ドライブレコーダーになったのです!



これはまさに逆転の発想。
積極的に愉快な姿をしながらも
これ以上なく箱形状だから内臓物の配置設計も簡単だったことでしょう。


これなら、ミニクーパーはもちろん
イヴォークのしっとりと落ち着いたインテリアにも
ばっちりフィット間違いなし。

11月25日発売のを2個予約してやりましたよ、ええ。



どれ。
e0173145_04413311.jpg
ふふ。

まちがいない。ダンボーです。



まあまあ、デカイです。
e0173145_04413721.jpg






2個あるとカワイイなあ。
e0173145_04414309.jpg
背面
e0173145_04415138.jpg
いたって普通です。

ダンボーのデジカメなんかあってもいい気がしてきました。
途絶えてしまったP300系の後継にニコンがやらんかな。



もちろん、目の部分がカメラです。
e0173145_04415843.jpg




リボルテックダンボーと記念撮影。
e0173145_04415909.jpg
よつばちゃんも入れよ。
e0173145_04420098.jpg











と、いうわけで
今朝も出撃の時をじっと待つダンボー。

e0173145_06045973.jpg
頼もしい面構えだぜ!


by tachigoke400 | 2015-12-02 06:06 | クルマ | Comments(0)