<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

1300cc

寝室の窓の向こうに
道路と空き地を挟んで
新しい家が建つことになり
先日、上棟されたようです。
e0173145_04272431.jpg
て。

ワンダーデバイスかよ…


奥にはやはりBESSのログハウスが建っているし
住宅の入り口にも黒いワンダーデバイスが建ったし…

ちょっとしたBESS街区ですな。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以前、社食のハンバーグをきっかけに
分単価がどないやこないや
書きましたが
あそこらへんに端を発して
ハニマルに突っ込まれました。

「イトーくん、昼ごはんにお金かけすぎじゃない?」
「え?そう?700円から900円くらいやで」
「かけすぎだよ」
「食いたいもん適当に選んだらそんな感じ」
「食べ物に興味ないくせに」
「燃費悪いねん」
「弁当にして、浮いたお金でタイヤでも買えば?」
「まあ、せやな」

そういうことになりまして
ハニマルはさっさとAmazonで弁当箱を注文
e0173145_04272511.jpg
ズッシリ

よく土方の人とかが持ってるような
乾燥重量1kg

以前も似たようなの使っていたことがありますが
これを使い出すと、もう普通の弁当箱には戻れません。

THERMOSのラインナップでは
上から2番目にデカい

直列3気筒1300cc。

どうせなら、一番デカいやつでも良かった気もしますが
ハニマルが買ってくれたのでなぜこのサイズなのかは不明です。






1300cc

と、いうことはどれくらいなのか
ピンとこないのですが
身近なところでは
e0173145_04581180.jpg
ウチのキャブクーパーSですとか
以前ウチにいた
e0173145_05065463.jpg
ファンカーゴですとか

まあ、実用的には日常に不足なし
と、いった容量です。




でも
考えようによっては
e0173145_04581565.png
コイツと同じくらい
と、思えば
なんだかスゴイ大容量なような気もしてきます。



とにかく
なかなかヤル気な弁当箱だということは
なんとなくわかってきました。




弁当箱を買って
まずやらなければいけないのは

そう。
e0173145_05102149.jpg
ステッカーチューンです。




ハニマルも黄緑の弁当箱にはkawasaki
黄色い弁当箱にはSUZUKI
のステッカーを貼っています。


手元にあったFOXのステッカーをペタリとやったものの
どうにも、物足りないなあ
でも、ちょうどいいカッコいいステッカーは持ち合わせがないなあ
と、思っていた矢先
定期購読している雑誌riderの最新号が届きました。
e0173145_04272688.jpg
ん?これは!
e0173145_05143311.jpg
e0173145_04272725.jpg
おお!
なんということでしょう。

これは、ステッカーではありませんか。


さっそく、施工。
e0173145_04272881.jpg
e0173145_04272973.jpg
e0173145_04273087.jpg
どうです。

グッと、弁当箱らしさが出てきたと思いませんか。
白一色のステッカーがガンメタのボディ色と良いコントラストです。



いやあ、さすがミカミ編集長
ナイスタイミングです!


さあ。
今日も昼ごはんが楽しみだ。


by tachigoke400 | 2015-09-30 05:18 | その他 | Comments(2)
2015年 09月 23日

良くよく欲の秋

日高3デイズエンデューロが終わりましたね…


て、ことは
怪我してそろそろ1年かあ…
しみじみ。

まさか1年後に普通にバイク通勤してるとは
当初はちょっと想像つかなかったなあ。

過ぎてみればあっというまだったし
後遺症も少し残ってしまったけど
僕の人生には必要な時間だったような気もします。









それにしても





トレールで、並み居るレーサーを向こうに回して…
聞いているコチラの二の腕まで太くなってきそうな話です。

鈴木選手だからだと言ってしまえばそれまでですが
やっぱり、スゴイ。
最終日以外は雨でヌタヌタで
リタイヤ・失格続出のめちゃめちゃハードなコンディションだったと聞きます。

そんな中で、あの重いバイクで
勝ててしまうなんて……

全日本選手権ですよ⁈









可能性としては
全日本で戦って勝てる市販車という
脅威の高性能トレールマシン、しかもデビューしてもう8年。

WR250Rは、乗りやすい良いバイクなんですけど
乗るほどに、悩みも増えるバイクって気がしてます。

e0173145_05572799.jpg
いろいろと欲が出てくるんですよねえ。



by tachigoke400 | 2015-09-23 06:13 | WR250R | Comments(0)
2015年 09月 18日

ガレージと工房

DIY誌のドゥーパ

の、別冊
ガレージ&工房ファイルに
ウチのガレージの写真を掲載していただきました。





なんと表紙に。
e0173145_05462686.jpg
以前、掲載していただいた時に
撮っていただいた写真が
赤いGAS GASとライムグリーンの壁面のコントラストが
絵的に表紙映えするとのことで。





ウチのガレージは、ほぼ出来合いの土間を
アレンジしただけですから、威張れたものではありませんが
他に紹介されているガレージや工房は
さすがDIY系の雑誌ですから
みなさん、気合い入りまくりで
刺激を受けます。

作例以外にも、素材や工法、収納アイテムや
照明、小物など
アイデアの参考になるものがたくさん掲載されてて
見てて飽きない誌面です。


秋にちょっとまとまった休みが取れたら
何かDIYしたい欲求がムズムズ。



ガレージももう少し使いやすくしたいし
ウッドデッキの軒も増築したいし
裏の物置きも作業進めたいし
庭もなんとかしないと荒れ放題だし……

あー。
やりたいこといっぱいありすぎて
けっきょく何もしないまま時間が過ぎていくジレンマ。

いっそ、主夫になりたい!






バイクたちはもともとガレージに収まっているし
イヴォークも、ろ〜じ〜工房作の木製縞縞カーポートがあるし
そうなると
いつも日晒し雨ざらしの
e0173145_06011484.jpg
ローバーミニが
不憫に思えてしかたなくなってきました。

このごろは、乗る機会も減ってるし。

そこで、先日
アクアトトのバーベキューコーナーに常設してある
コールマンのデカいシェードを見て、ピンときました。

ミニなら、これの中に入るんちゃうか。



コールマンのパーティシェード360という商品名を
検索してみると
案外安いので、ポチ。

e0173145_06012547.jpg

ぴったりです。

e0173145_06011943.jpg
ミニのためにあるんじゃないか
というくらい、ぴったりサイズです。

しかも、気が変わったら、いつでも移設自由!
こりゃ、いい。

張りっ放しにして何年くらいの耐久性かわかりませんが
Amazonで2万円くらいで買えるので
仮に2年くらいでダメになって買い換えたとしても
10年で10万円。
年間1万円。

リーズナブルなガレージだと思えてきました。

しかも
e0173145_06110121.jpg
連結できるから、増やしたら増やしたで
楽しみです。

その気になれば
イヴォークのガレージだってこれでこなせるといえば
こなせそうです。




なんて
ドゥーパ別冊に掲載されている他のDIY派の人たちが見たら
呆れるような手抜きガレージ計画でした。
すんません。







by tachigoke400 | 2015-09-18 06:15 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(0)
2015年 09月 15日

おぼえていますか

いつものツルサトのミニコース。
e0173145_05493885.jpg
e0173145_05493844.jpg
e0173145_05493891.jpg
た……足りない…汗
e0173145_05493851.jpg
カシャン…
e0173145_05493810.jpg
グシャ…





うーん。
ここのテーブルジャンプで距離が足りません。
あと1.5メートルほど飛べたら
下り斜面に着地して、こんなにクシャンと潰れることは無いのですが…

KTM250SXFやCRF150Rの時は
あんまし何も考えなくても飛びきれてたのですが
重くてパワーの無いWR250Rだと
乗り手が下手くそすぎて、飛べません。

毎回ドシンと着地するのは
正直、コワイです。

では
飛べるようにするには
どうすればいいか。




⓪マシンを替える
・YZ250Xを買おうと思いました。
・買えません




①サスペンションの反動をうまく使う。
・フワッと、飛ぶ。
・最近自転車で覚えたボディアクションを応用するんだ…




②侵入速度を上げる
・ギアの選択は適切か⁈
・スロットルは全開か⁈
・そもそも、その前のコーナリングが遅いのでは?
   →ライン取り
   →フォーム
   →開け始めるタイミング




サッと考えただけで
まだまだやるべきことはたくさんありそうです。
マシンのせいにするのは簡単ですが
そのマシンなりに
どうやったらうまくいくようになるのかを
考えるのもオフロードライディングの楽しみの一つです。











まずは、上手な人のライディングを参考にするんだ。
e0173145_05554656.jpg
全日本モトクロスを観戦しに行ってみたり
e0173145_05560040.jpg
ロビーマディソンの動画を見たりして
分析を行います。





フムフム。




ははーん。
わかっぱ。
飛べてるバイク達の共通点。





それは
イケそうなグラフィック


そう。
ボクのWR250Rには、それが無かったんだ!





どうです?
この、いかにも飛ばなさそうな
e0173145_06004955.jpg
真っ白いルックス…


フォームだのコーナリングだの言う前に
まずはここからですよね
フツー。



もっと、こう
アレです。
軽快感と飛翔感のあるモチーフを取り入れるべきと気づきました。

飛翔感といえば
やっぱし
e0173145_06045942.jpg
ロビーの動画にあるとおり
飛行機。

飛行機といえば
紅の豚…
e0173145_05462438.jpg



んが
しかし、ボクのマシンは白い…

白い飛行機
白い飛行機…

そうだ!



おぼえていますか…

e0173145_05491853.jpg


おぼえていますよ!



e0173145_06243482.jpg
e0173145_05543866.jpg


ヒコーキったら
世代的には
コレしかないでしょう。

名作アニメ、マクロス
なかでも人気のロイフォッカー機をモチーフにするのは必然。


e0173145_05522200.jpg
このバルキリーの特徴は
いうまでもなく
e0173145_06244506.jpg
飛行機形態のファイター
2本足のバトロイド
中間のガウォーク

これらの変形を伴うことが挙げられます。





われわれ、オフロードライダーも
高速巡行時のファイター形態(シッティング)
e0173145_06245757.jpg
ややこしい場面でのガウォーク形態(スタンディング)
e0173145_06245877.jpg
さらにややこしい場面での、バトロイド形態(押し)
e0173145_06244576.jpg
このように
変形を伴うライディングをしますから
まさに、このモチーフは最適!


さっそく
デザインを敢行。
e0173145_05561639.jpg
いざ始めてみると
黄色と黒のストライプくらいしか
大きなモチーフは無いし
WR250Rのシュラウドは無駄に面積があるから
間が持たないしで
バランスをとったり車両の軸に合わせるのが
めちゃくちゃ難しい…





何度か挫折を繰り返しながら




印刷屋さんから届きました。
e0173145_06323206.jpg
1100×1400のサイズで
6千円しません。
余ったスペースに、子供の衣類ケースのラベルを混ぜ込む
家庭的な配慮も忘れません。





早朝、子供達の寝てる時間をねらい
せっせと切り出して
e0173145_06015008.jpg
貼ってみました。




じゃじゃん。
e0173145_06351641.jpg
e0173145_06350407.jpg
e0173145_06035864.jpg
e0173145_06042155.jpg
↑写真を撮る前にひとっ走りしてしまう
はしゃぎよう…








サスペンションの減衰調整の初期値なんかを記載して
コーション矢印に説得力をもたせてみたり
e0173145_06062369.jpg
e0173145_06063235.jpg
e0173145_06071239.jpg





バーパッド用にもステッカーを作って
雰囲気を整えていきます。
e0173145_06061610.jpg



部品分割線の周囲は
少しブラシを入れたり
ハイライトを入れて
e0173145_06064178.jpg
e0173145_06064759.jpg
ペラくならないよう
配慮しました。





むふふ。

エエやん。雰囲気あるやん!
e0173145_06111587.jpg
黄色いヘッドランプと組み合わせイイ!








機体だけでは物足りないので
ヘルメットとネックブレースのグラフィックも
合わせてやりました。
e0173145_06122861.jpg
首を怪我して一年たたないのに
首にドクロ模様を纏うのは
逆に、おまじないみたいなものです。
e0173145_06121269.jpg
e0173145_06123473.jpg
↑ネックブレースの後ろ姿が
ガウォークに見える不思議。
アトラスブレースは、どうやら元々
マクロスチックなデザインだった様子⁈






いやあ。
エエわあ。マクロス。



盛り上がるわあ、通勤。



次にツルサトに行くのが楽しみだ!


by tachigoke400 | 2015-09-15 06:23 | WR250R | Comments(10)
2015年 09月 05日

金色の眼光



WR250Rて、07年デビュー当時
先進イメージで登場しましたが
そのシュッとした外観とはうらはらに
e0173145_06041639.jpg
ヘッドランプは、オーソドックスな角形レンズの
H4ハロゲン球で
かなり暖かみのある光を放ちます。


近目のデザイン重視で
いたずらに異形レンズにすると
公道車として配光を満足させるには大型化せざるを得ないので
WR250R独特の小顔イメージは実現できなかったでしょう。
角形レンズの採用は、ボクは正解だったと思います。

通勤で使うので、夜も毎日走るボクですが
特に暗いと思うことはありません。
ラリーの夜のSSを走るなら別ですが。



しかし、あの黄色味のあるハロゲンの光は
どうしても車両のイメージにマッチしているとは言えず
昼夜問わず、他車に映った姿や暖気中の姿を見ても
あきらかに、このバイクは青白い光を放っているべきだろう
と、思っていました。

そうなると、手っ取り早いのはHIDランプです。
これは、以前、ブロンコに装着していたものを
手元に残しているため
すぐにでも装着できます。
e0173145_06251954.jpg

いかんせん、このバイク
HIDのバラスト等の置き場に困ります。
ネットで調べてみると
みなさん、工夫して納めているみたいですが
せっかくいろいろ取り払って
スッキリしてきた部分を
またゴチャゴチャさせるのか
と、思うと踏ん切りがつきません。
冬には、グリップヒーターを装着するので
もう、配線だらけになるのは明らかです。
イヤです。



では
このごろ、急速に勢力を増してきている
LEDはどうか。
e0173145_06315441.jpg
各社からいろいろ発売されていて
省スペースで、光の色を白くすることができます。
しかし、これもまだまだ
普及しているようで、そうでもないのが現実で
実用に足る性能を持ったものは高額であり
安価なものはアクセサリーの域を出ません。

メーカー純正でマイナーチェンジでランプくらい
新設してくれるのを待つしかないのか…?



と、なると
つまらないハナシですが
H4バルブのなかで、白めのヤツを選んで付けるのが
結局、安価で確実
ということになります。




ん?
まてよ。



いま、印刷屋さんに頼んでいる
自作グラフィックキット。
これは、とある名作アニメをモチーフにした
ノスタルジー系のグラフィックだから
そいつとイメージを合わせたほうがいいんじゃないのか。

青白い光線ばかりイメージしていたから盲点だったけれど
いっそ逆に
e0173145_06423412.jpg
イエローバルブでレトロ路線と組み合わせたら
イメージがガラっと変わって
いいんじゃなかろうか、とう気もしてきました。


さっそくAmazonでポチ
e0173145_06442090.jpg
極めて黄色い
と、書いてあります。

これは期待。

どれどれ。

e0173145_06460488.jpg
e0173145_06455764.jpg
e0173145_06454857.jpg
e0173145_06454352.jpg
おお。
これはたしかに、かなり黄色い。


雨や霧の晩、見やすくなるかな?





HIDの青白い光のクルマが大半を占める昨今
この黄色さは目立つなあ。

ふふふ。



by tachigoke400 | 2015-09-05 06:27 | WR250R | Comments(2)
2015年 09月 03日

続・分単価 旅編

ママ向けのフリーペーパーを眺めながら
ハニマルが、グアムもいいよねー
なんて言うから、どれどれ
e0173145_06002800.jpg
あー。
まあ、いいよねえ。
と、適当に返事しながら
分単価を計算してみると
4日間5万円だから

グアム旅行の分単価は8.6円。

先日の例にあげたマンガ本10円/分よりもお値打ちです。
ハンバーグの10分の1くらいの体験です。


なんでもかんでも分単価を出して比較するのもアレですが
ひとつの基準として、自分の中でわかりやすいモノサシです。






じゃあ、国内旅行は、どうか。
代表例として、春の四国めぐりツアーを考えます。
e0173145_06381182.jpg
e0173145_06384050.jpg
現地までの旅費も含めると
だいたい、15万円くらいで10日ほど楽しめるツアーですが
移動はほぼすべて原付、宿はテントという質素かつ過酷かつサイコーの旅でした。

計算してみると

TBIの分単価は10.4円

グアム旅行よりもちょっと高くつきますね。
やはり、国内旅行よりも
パッケージ化された近場の海外旅行の方が安いというハナシは本当のようです。




じゃあ、我が人生のハイライト
2012年のSSDT。
あれはどーなのよ。
e0173145_06074919.jpg
e0173145_06303707.jpg
e0173145_06312182.jpg
e0173145_06304038.jpg
あの時は円高だったせいもあり
参戦費用、レンタルマシン、飛行機代、宿泊費、お土産代、壊した部品代
そういうものを全部合わせて70万円くらいでした。
競技自体は6日間ですが、前後あわせて2週間のトキメキ体験でしたから
14日で計算してみると

SSDTの分単価は34.7円

チャラいグアム旅行の4倍の贅沢旅だったことが想像できます。
しかし、社員食堂のハンバーグの半額でしかありません。
とてつもなく濃密で(いろんな意味で)素晴らしい時間だったことを考えると
バーゲンプライスという気もします。



では、もう金額の詳細は忘れましたが
同様に、人生観が変わってしまったような、素敵な旅
2005年に出た、北京ウランバートルラリーはどうだったか
e0173145_06220605.jpg
e0173145_06220229.jpg
e0173145_06215937.jpg
たしか、ものすごいザックリですが
10日で150万円くらい使ったと思います。
と、いうことは

モンゴルラリーの分単価は104円

おお。
3桁!
やっぱし結構贅沢な体験だったんだ。




でも
ヨネちゃんのキャバクラの

分単価137.75円

にはいまだ届かず…







by tachigoke400 | 2015-09-03 06:22 | オフロードバイク | Comments(2)
2015年 09月 02日

分単価。ハンバーグとYZ250X

社員食堂で昼食にハンバーグを食べていると
ふと気になったことがあります。

けっこうおいしいなあ
これ、いくらだったっけ
たしか350円くらいだったハズ。
社員食堂で350円は安くないなあ
でもおいしいからいいか。

でも、この350円のおいしい時間て
ハンバーグひとつ食べてしまう間だけの体験だから
のんびり食べても、せいぜい5分間といったところです。

と、いうことは
このハンバーグの分あたりの単価は
¥70/min 

……1分間で70円⁈

これはよく考えてみると
めちゃくちゃ贅沢な体験なような気がしてきましたぞ。




まてよ
たとえば比較対象として
家の場合を考えてみよう

仮に3000万円で30年住むとすると
年間で1,000,000円
1日で2,740円
1時間で114円

1分間で1.9円です。

え?そんなもんなの!!!?




例えば、イヴォークの場合
乗り出し550万円で10年所有するとすると
年間で550,000円
1日で1,506.8円
1時間で62.78円

1分間で1.04円です。

レンジローバーといっても
1分間でたったの1円の体験でしかないわけです。



そんなバカな比較があるか
24時間食べ続けるわけじゃないハンバーグと
常時所有している家や車を同じ時間軸で切り取るなんて
ナンセンスだ!
比較するなら、日あたりや月あたりの値段で比較するべきです。

いやしかし
たしかにこの刹那
1分という時間のみを切り取ってみると

社員食堂ハンバーグはレンジローバーの70倍の値段

の体験であるということは
近視眼的には事実です。


昼食中に電卓で計算したわけではありませんが
うすうす、このくらいの数字だよなあ
と、想像して
あらためて目の前のハンバーグの威力を思い
ドキドキしながら食しました。

こいつは高級すぎる体験だぜ、夏野菜のハンバーグ!





分単価。

この物差しで比較していくと
世界が新鮮に見えてきます。

例えば2時間で2千円の映画
分単価16.66円

1冊500円の漫画本を50分で読んでしまうとすると
分単価10円

17万円のinspiredの自転車を5年所有した場合
分単価たったの0.06円

ミニクーパー仲間のヨネちゃんが最近入れ込んでいるという
池下のキャバクラの場合
40分1セット3000円サービス料17%指名料2000円
ですから
分単価は137.75円! これに飲み物代が別途発生します。

ハンバーグの倍
レンジローバーの140倍の体験やんけヨネちゃん!

しかし、逆に考えると
社員食堂のハンバーグの倍払えば
綺麗なオネーサンとおしゃべりしながらお酒が楽しめるのですね。
人の価値観はいろいろです。





そんなことを考えた日の夕方
帰宅途中でイオンに寄り
ナマズと亀の餌を買って分単価を計算したりした後
イオンのある通り沿いの
とある街のバイク屋さんの前を通ると
e0173145_05041264.jpg
あれ?これって発売されたばかりのレーサー

YZ250X
が、店頭に置いてあるじゃないですか。


へえ、だれか注文したんだあ。
でも、値札が付いてるから、売約済みじゃないよなあ
でも受注生産のレーサーが在庫で置いてあるなんて
まさか、ね。

て、店の中にさらに2台も!

なんでこんなマシンの店頭在庫があるんすか。笑





へえ、車両重量104kg
てことはガソリン抜いたら96kgかあ。

軽いんだろうなあ…細いし。

ちなみにWR250Rは車両重量132kgですから
セメント袋ひとつ分くらい違うわけです。



こんなイカしたレーサーが70万円(税抜き65万円!)
だなんて、最近のヤマハは値付けが野心的でいいなあ。
4ストロークのFXが77万円もかなりの買い得感だし
市販車ロードバイクのMT-09の188kg 110馬力 85万てのも
数字で他所と比較するとかなりお安い設定だもんなあ。

このごろの円のレートだと
海外のエンデューロレーサーが、ひと声100万円以上だから
この250Xの安さは引き立ちますよ。
差額で各地のレースやイベントへの交通費や交換部品に当てると
かなり遊べますしね。

きっと、この店頭在庫も
あっという間に売れてしまうんだろうなあ……


いいなあ。
こういうバイクも。
e0173145_05291230.jpg
黄色外装もいいですね。



ちなみに、YZ250Xを5年間所有するとして

分単価は0.26円

たったそれだけでこの高性能2ストロークマシンが
買えてしまうんですね。





いやいや。

いかん。この分単価という考え方は
じつに危険な思想だ。
物欲中枢を麻痺させる効能があります。


アキレスと亀のパラドックスじゃありませんが
こういう刹那的な事象の切り取り方をすると
本質を見誤りますね。






愛知に即納在庫あり
0.26円ですぜ、セイジさん。








by tachigoke400 | 2015-09-02 04:23 | オフロードバイク | Comments(2)