<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 27日

フリースタイル バーチャル体験

今年も、レッドブルXファイターズを観に
大阪城へ行きました。
e0173145_644994.jpg

去年は、土曜の夜の開催でしたが
今年は予選含めて土日の昼の開催で
去年のライトアップビシバシの雰囲気とは
ずいぶん印象が違いました。


ボクは、去年のほうが
雰囲気は断然好きです。


まあ、大会の内容は
あちこちで報告されているでしょうし
美しい写真も公式であるから
ここではレポート的なものは無しです。
(と、いうか、観戦に夢中で写真なんて撮ってない)





昼間のイベントということで
こちらから大阪城の天守閣がよく見えます。
e0173145_6105896.jpg

と、いうことは
アチラからもよく見えたでしょう。

もし来年も昼開催だったら
チケット買えなかった場合は
最悪の場合、天守閣から観戦できる、かも?!







去年はレッドブル浴衣を仕立てて
なんかしれんけど目立ってた
RSタイチのイケメンデザイナーは
今年は、なんか地味目で、探すのに苦労しました。
e0173145_6154774.jpg

ハニマルとのデザイナー的対談のシーンを撮ったのですが
帰宅して確認したら、去年の浴衣を譲り受けた後輩たちが
フレームインしとる……
やっぱし目立つな、この浴衣…








やたら行列ができていた
3D映像によるフリースタイルバーチャル体験とやら。

ゴーグル状のモニターとヘッドフォンで状況を作り
熟練のスタッフがタイミングよく
リアサスを沈めて、それらしく感じさせるもののようです。
e0173145_6205362.jpg

スカートのおねーちゃんも
パンツ見えそうでしたがおかまいなしで
興奮してました。

ふん、子供騙しが……

と、馬鹿にしていたのですが
あんまりにも皆のリアクションがいいので
これは一度やってみなければならんのではないか
と、思い
予選の合間を縫って、短くなった列に並んでみました。

ボクらの直前のおばちゃんなんか
もう、ノリノリで
e0173145_6275795.jpg

自然とスタンディングで肘まで張っちゃって
最後は興奮のあまりヘッドフォンが外れてしまう始末。


これは期待が高まります。

妊婦ハニマルもワクワクしてトライ。
e0173145_630247.jpg

でも、妊婦さんなので
スタッフも遠慮して、サスペンションは動かしてくれませんでした。
でも終止ウホウホ言って
かなり楽しかった様子。


やっぱし、リアルなのか

いよいよ、ボクの番です。
e0173145_634523.jpg

モニターを装着。

おお! 3Dだ!
しかも、頭をグルっとまわすと
全方位の映像が見れる!
360度にカメラ付けて撮影したんですね。

映像はちょっとモヤモヤしてるけど
まあ、リアルです。

そして、開始。

おお。
そのスピードで…?!
e0173145_6371862.jpg

むりむりむり…顔が硬直してますね。

カラダが勝手に動いてしまいます。
e0173145_6384338.jpg

e0173145_63971.jpg

e0173145_6393261.jpg

e0173145_6395472.jpg


ハタから見たら、ヘンタイですな……

動画だと、もっと不気味…↓


いやいや。
こうなるんですって!

これ、結構楽しいです!


ダートフリークに常設しないかな。

by tachigoke400 | 2014-05-27 06:44 | オフロードバイク | Comments(0)
2014年 05月 24日

ブロンコ受難

どうもこのごろ、いけません。

昨年末にGL400を盗難されたあたりから
どうも、バイク関係、いけてません。


先月、通勤中にブロンコの電気関係のトラブルで
レッカーサービスのお世話になり
部内会議をすっぽかすハメになったばかりだというのに

今度は、出張に出向く道中
ブロンコねえさんのエンジンが

カタカタ、カキン

と、停止。



焼き付いた!?


このごろ、オイルの減りも早いし
そろそろピストンリングくらいは交換しないとな
と、思っていた矢先だったので
まさか、というより
やっぱりか、という気分。


ハイスロットルにして以来
全開率がグッと増えてるもんなあ……



幸いな事に、すぐに上司が通りがかって
拾ってもらったので
仕事的な穴は開けずにすみましたが
かねてより
ボロいバイクで通勤していることへの
苦言があっただけに
ほれみたことか、的なニガい空気が……

上司:「通勤車両、軽自動車とかビッグスクーターでも買えば?」
たち:「………(やっぱ、ポーターキャブか……)」



仕事を終え、帰宅後
子供を風呂に入れ、寝かしつけてから
深夜にブロンコを回収に。
e0173145_4561835.jpg

コンビニのおねーさん
おかさせといてもらってありがとさんです。





さて。
なかなか時間がとれず
数日開いてしまいましたが
e0173145_503859.jpg

e0173145_50515.jpg

どんなもんじゃい?




おや?
e0173145_512435.jpg

e0173145_514251.jpg

e0173145_52835.jpg

シリンダーもピストンも
それなりにヤレてるしカーボンの堆積もあるけど
焼き付いた、とかそんな物騒な感じではありませんね。


かわりに
コンロッドの下部が
e0173145_535444.jpg

カッチカチ。

力任せに、ふん!
と動かすと、カコン
と、動くようになり、以後
スコスコ動くようになりました。

ガタもあるようだし
ここらへんが怪しいなあ…

ベアリング?!


とにかく、
エンジン腰下を開けるような修理になると
自分ちでやる自信はありませんから
こんどタンデムに持って行って
教えてもらいながら(←罵倒されながらと同義)
作業しよ。






と、なると
当面の通勤車両が問題です。
e0173145_510648.jpg

ウチの会社はトヨタ幕府の親藩ですから
外様のカゴで登城すると
通勤ガソリン代が自腹です。

ボクの通勤は往復70kmあるので
リッター10kmのミニで通うと
半月で1万円ちょいの出費になります。

これは、痛い。



そして、普段
気楽なバイク通勤の身としては
もうクルマ通勤の息苦しさには戻れない。



と、なると

ウチのガレージには
バイクが数台ありますが
ブロンコ以外は
ナンバー無しのKTMと
トライアルマシンが3台(ナンバーあり)

でも、混合給油のトライアルレーサーを通勤に使うのは
面倒だし、だいいち
もったいない。



と、なると、実家(兵庫)から
e0173145_5151013.jpg

ズーマーを借りてくるか…?

でも、4スト50ccじゃ
さすがに不安か……?



そして案外
交遊関係には
ナンバー付きのバイクを持っていて
しかも普段乗っていない
という知人が少ないことに気づきます…




あ、でもご近所さんに
いた!

妊婦だから、確実に乗ってないよな。
ぐへへへ。

借りに行こう……

by tachigoke400 | 2014-05-24 05:19 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 05月 13日

山スキーは米づくり

買ったきりのディナフィットのブーツを
このまま来シーズンまで眠らせておくなんて
非人道的なマネはできるはずも無く

シンバ隊長に

「今期、スケジュールが会えば、どこか連れて行ってください」

と、お願いしていたら

「7時15分に菅の台バスセンターに集合である」

との連絡をいただき
行ってまいりました。
e0173145_595523.jpg

木曽駒ヶ岳、千畳敷。

ロープウェイでかなりの標高まで登れてしまう山なんて
登る気がしなくて、夏山でも行ったことなかったのですが
山スキーとなると、話は別です。

文明の利器で
一気に標高2600mくらいまで上がってしまいます。








物欲が物欲を刺激する
典型的なパターンで(というか必要にせまられて)
e0173145_534695.jpg

モンベルカジタックスの12本爪アイゼンと

ゼロポイントのスキーを括り付けるのに便利な
e0173145_5141218.jpg

e0173145_5143033.jpg

33Lのリュックを買ってしまいました。
このリュック、いいですね。
めっちゃ使いやすい。

スキー意外にも、ツーリングなんかでも
活躍しそうです。



先日、ヤニーナちゃんが
セローに付けたタンデムキャブレターを自慢しまくるので
ボクもブロンコに付けてやる!
と、思っていたところだったのですが
諭吉さんたちは
あえなく、鉄爪とリュックに消えてしまいました……





さて。
登山。
e0173145_5173296.jpg


け、結構
急登ですな……はあ、はあ。

ペース、早いす…

ふう。
e0173145_519229.jpg

遠く正面に富士山はキレイだし
はあ、はあ、はあ、はあ、はあ……
e0173145_5201092.jpg

御嶽山もクッキリ。

いいですねえ…

はあ、はあ…








同行メンバーは
シンバさんと軍曹さん。

そう。
ラリーやエンデューロ、アドベンチャーレースなどでブイブイ言わせた

エネルギーの権化のような男、シンバさん



雪山と中東の砂漠で鍛えた

文字通り自衛隊出身の軍曹さん
の、木こりコンビ。

え!?
ほかには!?

ほかに、もうちょっと
市販車的なメンバーはいないんですか!?






まるで
春の行楽林道ドライブだと聞いて
e0173145_5371246.jpg

ジムニーでノコノコ出かけて行ったら
集合場所には
e0173145_5382458.jpg

レーストゥアレグと
e0173145_5373685.jpg

戦車の二台しかいなかった、的な


マズイ…大丈夫やろか、オレ…
e0173145_540352.jpg


という気分。

わかりますか…







さて。



前回、2月に連れて行ってもらったお山とは
ずいぶん雰囲気が違う様子でして
クライミングスキンは使わずに
アイゼンでガシガシ登って
e0173145_60511.jpg

2800m〜2900mくらいの
稜線に出たら
スキーに履き替えて
ピューっと滑り降りて来る
というサイクルです。
e0173145_5581652.jpg

e0173145_614531.jpg

シンバ隊長、カッコいいっす!



終止晴天
無風
ザラふわな、美味しいザラメ雪





しかし、まあアレですね
この遊び、そうとう贅沢です。
e0173145_625243.jpg

20分、せっせと登って
滑りは30秒とかですからね。

さらに、元来た稜線に戻るのに
1時間近く登り返したり。


割に合うと思えるかどうかは
その人の体力と価値観しだいですが

ここまで爽快なバーンを体験してしまうと
普通は病み付きになるんじゃないですかね。

ゲレンデでは得難いシチュエーションですよ。







例えるならば、そうですね。

スーパーに行けば
野菜もお米も売っていて
それを買ってくるのが早いしラクなのですが
それはわかった上で
自分で田んぼから仕立てて
苗を植えて稲を育てて
収穫したお米の味はまた格別。

そんな感じではないでしょうか。
…お米、育てたことないですけど。


うん。

山スキーは、なんだか
農業に似ている、と思いました。


地図で地形を見て
太陽や雨と相談しながら雪質を想像して
額に汗しながら、一歩一歩自分の足で標高を稼いで
最後に収穫して美味しくいただく。




まあ、ボクのように
経験不足で練習不足のスキーヤーの場合
せっかくコツコツ育てた標高を
ダサダサのブレーキだらけの横滑りで
ダラダラ下るハメになってしまい
残念な気持ちでいっぱい。

丹精込めて収穫したお米を
最後に黒焦げにしてしまったアル!(泣)

みたいな…





リフトでビャーっと上がってしまうのと違って
自分でコツコツ獲得した標高なんで
丁寧に集中して滑ろう
という気になりますね。
e0173145_6325036.jpg


いやあ。
素敵な一日でした。


お山を美味しくいただくためには
ゲレンデで地味練もしないといけないなあ
と、つくづく感じました。

こういうの、て、バイクと一緒ですね。




日焼け止めを忘れて
顔も耳も首も腕も
真っ赤っかに日焼けしてしまいました。

これはもう、火傷ですな。
痛いよう…

by tachigoke400 | 2014-05-13 06:36 | スキー | Comments(4)
2014年 05月 08日

ボクの春休み

ゴールデンウィークは10連休でした。

友人たちのFacebookなどを見ていると
やれラリーだのレースだの海だの山だのハワイだの
みんな楽しそうに過ごしていましたが

ボクはまあ、ネコのように
ゴロゴロして過ごしてました。
e0173145_5584683.jpg


休みは、休むためにあるんだニャ。

e0173145_543066.jpg








んで

たまには目覚めて
e0173145_5593781.jpg



お隣のイトーさんちの長女(6)が
ウチの壁に襲来してくるのを
e0173145_5463574.jpg

見守ったりしつつ


長い間掃除していなかった
カメ水槽を掃除。
e0173145_665618.jpg


「何事ですねん…」
e0173145_6101387.jpg




水を抜くポンプの蛇腹部分を
ネコにカジられて
e0173145_684444.jpg

どんどん漏水。

床を水浸しにしながらも
e0173145_610146.jpg

奇麗な水槽が復活!

小さなカメが2匹住んでるだけだから
60cm水槽でも十分だけど
90cm水槽が欲しくなったりもしますねえ……








水槽というか
睡蓮鉢。
e0173145_5473941.jpg

ある日、忽然と
金魚の姿が消えました。

???????

周囲に飛び出した形跡はありませんし
ウチのネコたちは事件当時
家の中にいました。
そもそも、これまで、ネコたちが金魚にちょっかいを出した事は
ありませんし…

体長10cmほどの
まあまあ大きな金魚です。

はて、、、、、、

野良猫でしょうか、大きな鳥でしょうか。
まさか、近所の子供に拉致された…?!


姿のいい、素敵な金魚だっただけに
残念でしかたありません。

しかし、とにかく
代わりに何か魚を入れないと
ボウフラが湧くので
メダカでも買って来るとしましょう。








たった4ヶ月の通勤生活のあいだに
ずいぶんとヤレてしまった
ブロンコのナンバープレートを
e0173145_624697.jpg

補修。

尾張小牧の「張」の字の部分だけで
持っていたようなもんです。
あぶねーあぶねー。


そろそろ、オイル交換もするか
と、思って抜いてみたら
e0173145_616466.jpg

あれ。

なんでだろ。
ほとんどオイル入ってない……

燃えた?!

抜けた?!

うーん……
あぶねーあぶねー。

オイル残量に気をつけながら
通勤しよう。









天気もいい日は
子守りかたがた
e0173145_6183410.jpg

パンプトラックに自転車乗りに。
3回目にして
ようやく何かつかめてきましたよ。
e0173145_6192123.jpg



そんな、自転車を運搬するイヴォークですが
e0173145_6202697.jpg

ヒッチキャリアの固定部が
高速走行の風圧と振動で動いてしまったようで
バックドアとハンドルエンドが干渉。
e0173145_62234100.jpg

ゴリゴリっと傷になってしまいました。

ちょっと離れたら見えないような傷だし
イヴォークのバックドアは金属ではなく
プラスチックなので、錆びたりする心配もないのですが

ハニマルさまの、まだ比較的新しいクルマに
しょうもない不注意で
傷をつけたという罪は重いらしく

「夏のボーナスで修理な」

と、あいなりました。
とほほ。






久しぶりに
お山にもでかけてみました。

ええ。
大将のいないゆったりとした山ライドですから
e0173145_6291155.jpg

コケ採集もはかどりました。



SHINさんが案内してくれた
ちょっとユルい快適ライドルートは
普段ボクはあまり走らないルートだったので
新鮮で、たしかに壮快でした。
e0173145_6321484.jpg

e0173145_6325732.jpg


おお。
イイ沢すじですやん!
e0173145_6334630.jpg

ガレガレ。岩が動く動く!

おお。
イイ岩盤ですやん!
e0173145_6354391.jpg

e0173145_636781.jpg



コントミさんと
一緒に走ったのは
いつ以来でしたっけ。
いつの間に
こんなに登れるオッチャンになってしまったんですか?
e0173145_6404473.jpg

カッコいい!

※↑カッコよさげに撮れてしまいましたが、実は……







そうそう。
SSERの東京〜霧島4000kmラリーの
DAY2のスペシャルステージのお手伝いもしてきました。
e0173145_643698.jpg

当日は朝からの雨で
当初予定していたルートは、上り下りが激しいため
ぬかるみがひどく
残念ながら大幅にショートカットせざるをえませんでした。

それでも、16時〜19時開設のSSのうち
18時台あたりには
雨脚も強く、それまでは
どうってことは無かった上り坂が
チュルチュルの激マディになってしまって
さながらCGCエンデューロの様相でした。


勢い余って、だれかハマるかもなあ
と、思っていた水たまり、というか
池に
よりによって
唯一の四輪参加のジムニーが!
e0173145_6481826.jpg


このあと、イマッポさんの決死の救出劇が
脳裏に焼き付いて離れませんでした。


翌日、コースの片付けに行ってみると
やっぱりマディ。
e0173145_6504132.jpg

写真では下ってきていますが
SSでは上りで使いました。
e0173145_6505042.jpg

こりゃ、上がれないかもですよね。

ごめん、ヤニーナちゃん!
(↑あ、完走おめでとう!)








ゴールデンウィークの後半は
長野の友人の古民家で
学生時代の友人たちとのんびりと過ごしました。
e0173145_5433537.jpg

e0173145_5453247.jpg

e0173145_6262450.jpg



築140年以上の古民家を改装して暮らす
友人夫妻によると
ご近所には、他にもかなり素敵な古民家ライフを送る
友人がやっているカフェというかレストランがあるというので
連れて行ってもらいました。
e0173145_5523086.jpg

パッと見
お店に見えませんが、そういうもんらしいです。
数年前にお店のご夫婦たちが
自分たちで改装してお店に仕立てたそうです。

穀菜料理が主で
こういうのを
「マクロビ屋さん」
というそうですが、何べん聞いても
すぐ忘れます。

さっき、ウィキペディアで調べて
また思い出しました。

こういう考え方のものだそうです。

下手すると、ちょっとした宗教みたいですが
万事不健全な生活を送るボクとしては
たまにはこういうのも刺激になるなあ、と。


マクロビはともかく
とても素敵なお店兼住居でした。
e0173145_671148.jpg

e0173145_673258.jpg

e0173145_683264.jpg

e0173145_685046.jpg

e0173145_691793.jpg

e0173145_693437.jpg

e0173145_610148.jpg

e0173145_611659.jpg

e0173145_6112090.jpg

e0173145_6122939.jpg

e0173145_6115314.jpg


いやもう、空間の使い方が
とにかく秀逸。

すいません、ボクの腕とコンパクトデジカメでは
ちょっと、あの雰囲気は伝えられませんでした。

ご自分たちで改装されたとのことですが
店舗デザインかディスプレイ、あるいは空間デザインの
専門の経験もあったんですかね。


こういうふうに徹底していると
家だけではなく
生活まるごとコスプレのようでもありますが
もう、生き方そのものが仙人みたいで、正直うらやましいです。

”KAJIYA”さんというお店です。
とても落ち着く、心地いい場所なので
お近くにお寄りの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。







まあ、そんな感じで
1年半ぶりの京芸古民家飲み会
(↓こっちはKAJIYAじゃなくて、友人宅ね)
e0173145_6151698.jpg

酔いもまわって
写真もブレブレ。

何してた、ってわけでもありませんが
心の充電ありがとうございました。


ええなあ、古民家生活。

ウチの家も、さっさと古くならんかな。






気温の低い長野松本から
愛知に帰って来ると
心持ちあたたかく、さっそく
今年初の蚊に刺されました。

ちくしょうめ!

e0173145_6185941.jpg







と、長々と小学生の絵日記風に綴った

「ぼくのはるやすみ」

でした。

by tachigoke400 | 2014-05-08 06:20 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(2)