<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 27日

とりあえず、道具を買う

先月、初めて山スキーに連れて行ってもらって
その楽しさにバッサリやられました。

そうなると、次にくるのは
用具を揃える楽しみと苦悩です。


山を歩くスキーといえば
思い浮かぶのは
テレマークスキー。
スキージャンプの着地とかで見る
カカトがフリーで前後に開くヤツです。

ボクが2月に借りたのは
アルペンスタイルで
歩く時だけカカトが可動する
見た目上は「フツーの」スキー。




当然、よりヘンタイ度の高そうなテレマークも
俄然気になります。

気になったので、試乗会イベントに行ってきました。
e0173145_1954059.jpg

踵だけではなく、つま先にも可動部があります。

一日レンタルして
七転八倒。

これは面白い。
なんというか、エンデューロマシンから
シートの無いトライアルマシンに乗り換えた、みたいな。


カカトがフリーだと
気分もフリー。



よし、やるならテレマークだ。


と、決意。
ちょうど飲み会で街に出ないといけなかったので
名古屋の山スキー屋さんに勇んで行きました。



たちごけ「テレマークブーツ欲しいんですけど」
店員さん「もうシーズン終わりだからサイズあるかな」
たちごけ「覚悟の上です」
店員さん「お、あるね」
たちごけ「そりゃあ、何より」

店員さん「テレマークやりたいんだよね?」
たちごけ「山に行きたいんです」
店員さん「まずはゲレンデ練習して2〜3年てとこかな」
たちごけ「覚悟の上です」


そのときは、そのまま飲み会があったので
時間が無くそのままお店を後にしました。

なーに。
テレマークが手強いといったって
なんとかなるって。

SSDTフィニッシャーだもの(←最下位)






翌日。


風邪ひき(←どうやらインフルエンザ)and二日酔いをこらえて
ヤニーナちゃんを送り出した後、昼まで寝て
午後から、ベータを積んでお寺に。

お寺では、MASAさんとタクミがいます。

MASA 「たちごけ、ちょっとこのセクションやってみ」
たちごけ 「うす」

まったく歯が立ちません。
地味ターン主体のセクション。

タクミは、サラサラっとクリーンです。

なんてこった。
まったく、ターンができない。

そう。

かれこれ十年近くトライアルやってますが
呆れるくらい、曲がるのが下手なんです。



なんだかんだで、毎週のように乗っている
バイクでこの有様です。
………
こんなことでは
テレマークターンなど夢のまた夢!


スキーなんて、ひと冬に何回練習できるねん!
いったい、いつになったら山に行けるねん!

やっぱし、ここは
AT(アルペンツアー)スタイルにしとこう。
↑意志薄弱。
こっちなら、とりあえず、今あるスキルを原資に
なんとか山で遊べることでしょう。

メグメグねーさん、来期は一緒にテレマークをはじめよう
なんて言っときながら、裏切ってすんません。

その程度の男なんです、オレ。




さあ。


とりあえず、靴です。
他の道具は、なんとか借りることができそうですが
こればかりは、自分の足に合ったものでないと
話になりません。

ライムグリーンがまぶしい
ネコのマークが可愛いDYNAFITのブーツを選択しました。
e0173145_13563262.jpg

e0173145_1931763.jpg

山スキーでは、このところ
軽量なTLTという方式が台頭してきているそうで
ボクもこの波にのることにしました。

見分け方は簡単。
つま先に
e0173145_1353637.jpg

ビンディングの爪が刺さる穴があいているのです。

それにしても、このブーツ
いたるところに、ネコちゃんがいるなあ。
e0173145_13541365.jpg

e0173145_13543199.jpg

e0173145_1355896.jpg

でも、このネコは、ネコではなくて
雪豹だそうです。

まあ、ネコですね。


テレマーク道具ほどではありませんが
TLTシステムのブーツもビンディングも
なかなか品薄で、この時期になると
合うサイズはほとんど品切れなので
店頭在庫に、良いサイズのものがあったのは
ラッキーでした。

もともとセール中でしたが
展示品で、ヤレていたので
e0173145_13593869.jpg

頼みもしないのに、かなり値引きしてくれました。

ちなみにボクは関西人ですが
関西人はなんでもかんでも、すぐに値切りにかかるという風評被害を
少しでもおさえるために、関西圏意外では、ものを値切らないことにしています。

言い値に対して、いっさい「まけろ」と言わない事は
武士の嗜みのひとつです。



さて、ブーツさえあれば
他の道具は借りるアテはあるのですが
どうせ、いつか買うものだし
来期は為替の関係で大幅値上げになってしまうので(消費税もか)
ビンディングも買ってしまうことにしました。

でも、さすがに板まで買うお金は無いし
以前、イケメンNヤスくんから売りつけられた
チャラい板の模様が気に入っているので
その板にビンディングを付け替えてもらうことにしました。
e0173145_1481130.jpg

んん。
チャラい。

TLTはDYNAFITの開発したシステムなので
このビンディングにも当然
ネコがいます。
e0173145_1410526.jpg

ステップインのビンディングと違って

こんな感じで
爪をあてがって
e0173145_14123026.jpg

軽く踏み込むと
パチン、と
e0173145_14131264.jpg

ホールド。

カカトは、普通のと同じように
踏み込めば、OK。
e0173145_14142320.jpg

e0173145_14143917.jpg



歩く時は
カカトが浮くモードに切り替えるのですが
そのために、ヒールピースを
クルンと回転させます。
e0173145_14154364.jpg

時計まわしにしか回すな
という注釈がついてますね。

ヒールフリーのモードだと
さっきのつま先の爪を支点に
e0173145_1418531.jpg

カカトが可動して、歩けるわけです。
昇りでラクできるように、カカトに高さ調整できる
クライミングサポートという部品が付いています。

と、書いたものの
このTLTというシステムは、なかなかユニークな機構で
動画で見ないと、よくわからん動きなんです。

でも、よく考えられた、男心くすぐる機構ですよ。




スキーの幅はセンターで87mm~89mmてとこですが
それに合わせて、スキーアイゼンも必要です。
同じく、ネコのマークの
e0173145_14255763.jpg

TLT用スキーアイゼン。

スリットに刺して、回転させるだけ。
e0173145_14265415.jpg

e0173145_1427554.jpg

シンプルなものですが
ちと、固い?!
ちょっと使うと馴染むかなあ。



もう、ここまできたら
ついでにスキー裏に貼る
クライミングスキンも買ってしまおう。
e0173145_1429157.jpg

ツインチップのチャラい板に取り付けるためには
こんな金具が必要だそうですが
いたしかたありません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、このように
散財してしまいましたので
メグメグさん、ヤニーナちゃん、ゴメンなさい。

せっかく誘ってもらったけど
SSERのTDRにはエントリーできません!
↑仮に行けるとしても、その日ボクは
子守りなので、イヴォークで子連れで参加になっちゃう…

by tachigoke400 | 2014-03-27 14:41 | スキー | Comments(2)
2014年 03月 24日

他人のヨメさん

先週に引き続き
今週末もヤニーナちゃんが襲来してきました。

今回はSSERがらみのラリー仲間が主催する
「コマ図練』
に、参加するためだそうです。

ふーん。
さすがといいますか
e0173145_525129.jpg

コマ地図の記載も尾張弁なんですな…


たちごけ作のゼッケンデータを使ってくれました。
e0173145_5282716.jpg




朝、のんびりと準備している彼女のために
コーヒーなどコポコポ淹れながら
猫と戯れていると
やおら

「たちごけサン、三つ編みして♡」

と、甘い声で頼まれました。

う。
と、戸惑いながらも
今回は、三つ編み担当のダンナのセイジさんは
都合で来られなかったし
ハニマルはまだ寝てるので
ボクか猫のミゾレくらいしかいません。
まあ。
引き受けざるをえません。


三つ編みなんか、やったことない。


やりかたを教わって
良い香りのする
彼女の長い髪を不器用に三つ編みしながら
人んちのヨメさんの髪を三つ編みするの、て
なんか不思議な気分だなー
と、チラと思いましたが
いっさいの邪念なく
無心で作業を完了しました。





んでもって。
e0173145_5275912.jpg

早々にヤニーナちゃんを送り出して
二日酔い&風邪ひきのボクは二度寝。


よし、今度はハニマルを三つ編みしてみよう。








人んちのヨメさん
と、いう気分というほどでもありませんが
この週末は、ミニのヒーターの修理に出しているので
代車生活です。

代車も、ミニ。

同じクルマなのに、なんかちょっと違う。

やっぱり、人んちのヨメさん気分です。
e0173145_5382813.jpg

e0173145_5375536.jpg

アーモンドグリーンの、なかなかに趣のあるミニです。
e0173145_5503259.jpg

内装も、落ち着きと深みのある
e0173145_5494636.jpg

e0173145_550458.jpg

フワフワ快適仕様。

ボクのと同じキャブ車だそうですが
乗ってみると
かなり感覚が違います。

ぶっちゃけ、パワーもレスポンスもシフトフィールも
断然、たちごけ号のほうが良好で
このミニは、かなり眠い印象です。
ミニはみんな、あのゴーカートみたいなフィーリングなのかと思ってましたけど
けっこう、アレンジによって個体差があるもんなんですね。

でも、乗り心地は、こっちのほうが快適で
室内のガタピシ音も、少なめで
好ましいです。

メーター類の視認性も良好。

もちろん
ヒーターも普通に効くし。


なんだか、乗ってるうちに
この重いアクセルペダルにも慣れてきたし
妙に軽いステアリングも気分も軽くなって悪くない気もするし

ほんの二日間の間だったけれど
人んちのヨメさんとデート気分を味わわせてくれた
アーモンド号。

なかなか愛しい気分になってきた。


でも、やっぱり
自分のミニが一番いい。

バイク運べるし!









代車といえば
先日、1週間ほど
イヴォークを作業に出していたので
e0173145_611060.jpg

代車としてジャガーのXタイプのワゴンを借りていました。
e0173145_613957.jpg

e0173145_6265.jpg

ちょうど、他所の奥さんと子供を乗せて
お出かけする予定のあった時なので
e0173145_64211.jpg

荷物もたくさん乗って
むしろイヴォークよりも好都合だったかも。

このジャガーもイヴォークと同じく
フォードエンジンで
V6 2.1リットルという
なかなか変わったユニットを積んでいます。

Xタイプといえば4WDかと思っていましたが
このクルマはFFでした。

なかなかのグッドルッキングなクルマですが
乗ってみると、じつに凡庸で
V6といっても、シルキーでもなく
ごくごく実用的な印象。
内装もオッサンくさい木目と革ばかりだし
ハンドリングもダルい。
サスも猫足というほどしなやかではなく
なんというか
フツーのクルマ。

これなら、トヨタのクルマでええやん
ていうくらい、フツー。

でも
これも不思議なもので
1週間も乗っていると
このフツーっぷりがむしろ好ましく思えてきて

これはこれでいいかも。
知的な大人のクルマって感じやん。

控えめなエンジン。
ほどよくユルいが、芯の通ったボディ。
懐古的なルックスと暖炉のようなインテリア。
穏やかな気分になれるハンドリング。

いいクルマですわ。
ジャガーXタイプワゴン。






……



なんて思ってましたが
ふたたびイヴォークに乗り換えた瞬間


クタクタのおばはんより
やっぱし
若い子がええわ!
張りが違ゃうで!




うんうん。



胸のすくエンジンフィールと
リニアなハンドリング。
ビシっとしたボディとしなやかな脚。
硬質で端正なエクステリア。
美しくモダンなインテリア。
澄んだオーディオ。
車両感覚の掴みやすさ。
センサー、カメラの充実。
見晴らしの高さ。

なにより、ウチのスロープで
腹を擦らない地上高(笑)








ま、そんなふうに
自分とこのヨメはんたちの良さを再認識した
そんな週末でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

え?
バイクですか。

そういや、そんな乗り物ありましたね。

ええ。

ちょっと乗りましたよ。
お寺でMASAさんとタクミにコテンパンにいじめられました。

by tachigoke400 | 2014-03-24 06:46 | クルマ | Comments(4)
2014年 03月 17日

チーム最下位!

サンデーファミリートライアルに参加してきました。
コンペ嫌いなボクですが
嫌いな事を避けてばかりもよくないので
今回も参加しました。


去年の9月、12月と連続出場のヤニーナちゃんは
今回も参加するとのことで
先々週のエンデューロ仕様のガスガスを
あわてて、トライアルマシンに戻しときます。
e0173145_530838.jpg

と、いっても、タイヤ変えて
タンク外すだけですけどね。


待てども待てども来ないので
酔いに負けて寝てしまいました。
以前なら、到着するまで飲まずに待ってたなんて時期もありましたが
あまりに頻繁に遊びにくるので
かなりぞんざいです。


朝、起きて
イヤマ家のでっかい犬の散歩でもしようかと思って
ガレージを見たら
なぜか、犬のかわりに
シマウマみたいな
不思議な仕様のKTM690が。
e0173145_5284758.jpg

これでタンデムでやってきたのか
変態夫婦め。



先日のCGCで、ウエアがボロボロになってしまったため
今回は、ハニマルのウェアを使用。
e0173145_5353558.jpg

黒もいいね。




さて。
ボクはボクで松クラスにエントリーしているので
ここからはP300を渡して、セイジさんカメラマンが撮影。
e0173145_63338.jpg

e0173145_5373499.jpg

ターンのたびに足をついて安全を確認するボク(苦笑)

そして
ちょっとした段差で
e0173145_5384426.jpg

初々しく硬直するボク……

初心者感があって、微笑ましいですね。





んでもって
本題の妻を撮影にかかったセイジさん。
e0173145_5415823.jpg




おい。
ダンナ!

うなだれてる写真ばっかしですやん!
e0173145_5423841.jpg

e0173145_5425688.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ガックリ…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e0173145_5443454.jpg

e0173145_5481778.jpg

そしてMASAさんに引き上げてもらってるっぽい…
e0173145_5492711.jpg


さすが、身内が撮ると
なかなか厳しい目線ですな…


彼女が2ラップ目に入る前に
ボクの競技が終了したので
カメラマン交代。


人妻を撮るので
甘めの目線にかわります。

スコアはともかく
なんだかんだで、慣れてきたのか
徐々に立って乗っている時間が
増えてきました。
e0173145_5525251.jpg

段差にも、立ったまま果敢に挑戦
e0173145_5551628.jpg

あう!
e0173145_55693.jpg

もちろん、この後は
彼女の「長い足」をもってしても
届く訳はなく
パタっと転倒です。


でも、なかなか楽しそうです。
e0173145_5584624.jpg

余談ですが、奥の青いウェアの青年は
ロードでは有名な
めちゃ速い子らしいですね。
スーパーバイク!?(すんません、詳しくなくて)






これまでだったら
すぐに座って、バタバタしてたシーンでも
e0173145_5594033.jpg

e0173145_601654.jpg

e0173145_6122094.jpg

足をつきながらも
なんとかステップに乗ろうという意識が
感じられるようになってきました。

いいねいいね。



1ラップ目は、こんなんだったみたいですが
e0173145_615777.jpg

2ラップ目には
e0173145_63612.jpg

同じ坂をスタンディングで登っていくようになりました。

よその子は成長早いなあ…
e0173145_645076.jpg






さて。

リザルトはというと
ヤニーナ、梅クラス、最下位。
ボク、松クラス、ぶっちぎられの最下位。

まあ、実力通り!
でも、いちおう
e0173145_6162016.jpg

人並みにションボリしてみる
チーム最下位。




ボクは
エンスト、転倒はともかく
マーカー間違いの5点が
あいかわらず多かったです。

練習しなきゃ

と、言いたいところですが
子供も手がかかりだしたし
夏には(ちょうど平谷の日程が予定日)第二子も生まれるらしいし
どうもこれからしばらく(数年)は
あまり乗り込めない感じです。

ま、共働きでそれぞれ実家も遠いので
しょうがない。

40代になったら、また頑張ろう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

んでもって、大会が終わったら
ちょっと借りて乗ってみる。
e0173145_6263088.jpg

e0173145_62640100.jpg

ええやん。
ええやん。
690。
軽いしパワフル!

国産でもこういうの作ればいいのに。

XR650が途絶えずに正常進化してたらなあ…
と、妄想してみる。




観戦にきていたメグメグさんも
思わず、感染。
e0173145_6285161.jpg

ヤニマル号に乗るというので
汗まみれのボクのヘルメットとグローブを
むりやり着せてやりました。

ぐへへ。

by tachigoke400 | 2014-03-17 06:31 | オフロードバイク | Comments(2)
2014年 03月 06日

ブロンコ イメチェン

先日、ガレージとキッチンをグリーンに塗ったところ
なかなか好評なので(ハニマルに)
余ったペンキで、トイレも塗ってやりました。
e0173145_23223917.jpg

ついでに、ここ10年ほどの年賀状をディスプレイ。
全部は残っていないので、あるやつだけ。
e0173145_23234127.jpg

e0173145_23235995.jpg




で。
つい、色塗りに興が乗ってきたついでに
ブロンコちゃんを、ジーっとみつめる。
e0173145_233138.jpg

んー。

まあ、このままでも
なかなかステキだけれど

んー。
ボク的には、キミは、黒タイツが似合うような気がするアルよ。
e0173145_23403348.jpg


それに、そのキミのタンクは
ちょっと、太めに見えて、損をしていますよね。
e0173145_23412162.jpg




と、いうわけで、レッツ塗装。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はそれますけど、このセロー225系のマシンて
前輪をリフトアップするのって
なんか不安定なことないですか?
e0173145_23422870.jpg

こういうスタンドで安定させてますけど
なんかもっと楽ないい方法ないかなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



脱がした脚を
ガーっと磨いて、錆を落としていきます。
e0173145_23461945.jpg

アルマイトが剥げて
金属光沢が出てきました。
e0173145_23465948.jpg

おや。
これはこれで美しいぞう。

この金属光沢を活かしながら
黒くするには

そうだ。

ブルーイングというやつだ。
e0173145_23484610.jpg

以前、GL400に使おうと思って買った薬液。
ポイズンて、書いてあるなあ。

アルミを黒く錆びさせることによって
青黒く表面処理をするもので
銃やゴルフクラブなんかに施される技法のようです。

塗装ではなく、酸化で
金属本来の光沢や味わいを残したまま
黒く染めて、かつ、錆の進行を止めるそうです。

どれどれ。

ためしに、ちょっと刷毛で塗ってみると
e0173145_2352318.jpg

瞬時に黒く変色。

これは、いいんじゃないか。

と、アルマイトをガーっと削って
本格的に施工。


て。

あれ。

ずいぶんムラムラに…泣
e0173145_23185814.jpg

面積広い所には向いてないのか?
それとも、アルマイト剥がしが足りないのか?

ちょっと、ブルーイングについては、要研究ですな。



ま、しゃーないので
今回は、艶消し黒をさーっとスプレー
e0173145_23215486.jpg

でも、片側やったところで、スプレーが切れてしまいました。
しかし、このとき、飲酒していたので
買いに行くわけにもゆかず
やむなく
もう反対側は、黒ペンキを刷毛塗り。

グダグダです。



タンクキャップは、GL同様
赤く塗装。
e0173145_2323465.jpg

んでもって、タンクも
GLと同じ
e0173145_23245992.jpg

サフグレーにセンターを白。

ところが
塗ってるところでにわか雨
e0173145_23283439.jpg

うおう。

ブツブツになってしまいました。
でも、酔ってるので
細かい事は気にしません。


うん。
日の丸カラーだ。
e0173145_23292938.jpg




脚も、このとおり
e0173145_2330428.jpg

シックな黒ストに。


タンクサイドは、ちょっと締まりがないので
e0173145_23304994.jpg

e0173145_23344315.jpg

黒でシメとくか。


うん。
仕上がりは酔っぱらい品質だけど
まあ、イメージ変わったな、オマエ。
e0173145_2336222.jpg






次は、Gulfカラーなんかも
かわいいかな。

by tachigoke400 | 2014-03-06 23:38 | ヤマハ ブロンコ | Comments(2)
2014年 03月 02日

ヤニーナちゃん、はじめてのCGC

ヤニーナちゃんが、CGCひなまつりエンデューロの
おひなさまクラス(ウーマンズクロス)に出るというので
e0173145_171763.jpg

ゼッケンを作ってあげて
e0173145_1755092.jpg

タイヤもモトクロスタイヤに交換してあげました。

ホイールはMASAさん提供。
ゼッケンプレート型の超便利増設タンクも
MASAさんが貸してくれました。

XY染色体は、姿の良いXX染色体には
実に甘いと言わざるをえません。

やれやれ。





レース会場は
ウチから15分ほどで到着するので
6時頃、ウチを出て
コースを軽く下見。
e0173145_1712162.jpg

だいぶ憂鬱そうです。
エントリーしたことを心底後悔しています。




まもなく、スタート。
e0173145_17135030.jpg

なんとも言えない表情です。


e0173145_1718506.jpg



レースは90分。
先夜の雨や木曜日の雨のおかげで
コースはぐちゃぐちゃ。
粘土質なので、みんな楽しそうです。
e0173145_17191641.jpg

e0173145_17193742.jpg

苦手な下りも
しょうがないので
果敢にチャレンジ
e0173145_17195964.jpg

e0173145_1720272.jpg





ハードなスポーツですから
給水は大切です。

しかし、ヤニーナちゃんは
キャメルバッグを忘れてきてしまったので
ボクのキャメルを使ってもらいました。
e0173145_172309.jpg

吸ってるなあ。

コメントは控えておきます。





七転八倒
e0173145_17243836.jpg

フロントフェンダー泥詰まりがひどかったので、除去。
リアフェンダーも家出したものの
なんとか、走りきりました。

がんばった!








午後はおだいりさまクラス。

ボクは去年
トライアルマシンにモトクロスタイヤを履いて
入賞したんですけど
トラ車で出ると、正直微妙な難易度で
そのわりにマシンが痛むのが悲しいので
今年はエントリーせず、観戦にまわりました。

こちらは、いつものCGCな感じで
じつに油っぽい
ドロドロのレースでした。

あんまし写真は撮りませんでしたが
たまたま撮った黄色YZさんの勇姿。
e0173145_17304864.jpg

なんでそんなにニコニコなの?!

もちろん、ガツっと登頂
e0173145_17322579.jpg

ステップに足を載せたほうが安全だと思うのですが
釈迦に説法ですよね。







正直なところ
こういうレースには少々疑問を感じます。

難所だらけで、ほとんどの時間が渋滞待ち。
渋滞を縫いながら、先を急ぎ、順位を上げる。

こういうレースのために
軽量ハイパワーのエンデューロマシンを投入してくるわけですが
実際のところ、ほとんどその性能が活かされていません。
投げたりぶつけたりして
こんな所でマシンを消耗させなくても
ほかに楽しい遊びはいくらでもあるんじゃないのかなあ。




KTMのフリーライド350の方が
楽しげに走っていましたが
こういうコース設定なら
あの手のトライアルマシンとエンデューロマシンの間の子的な
そういうマシンのほうが絶対向いてると思うんです。

あるいは、去年のボクやMASAさんヤブさんのように
トライアルマシンにモトクロスタイヤという組み合わせは
相当有利です。
去年は3時間のレースで
ボクは1回しか給油しませんでしたし
それで125台中5位の周回を重ねました。

体格の小さい日本人が
見栄はってフルサイズのエンデューロマシンで
投げたりマクれたりするのを「漢気」だなんて
ちょっと、ボクは共感できかねますね。

レースですから
それに最適なマシンをチョイスすることは
決してズルいことでは無いはずです。

だいたい、「漢気」を表現したいなら
250ccの軽量エンデューロレーサーではなく
XR650くらいで挑んで欲しいものです。



と、いうわけで
350フリーライド、いいなあ。
(ヤブさん、買ったんだろうか…)





んでもって、レース結果

ヤニーナちゃんは
レディースのDクラス(入門クラス)で
なんと優勝。
e0173145_1753118.jpg

甘やかした甲斐があったってもんです!

おめでとう。




んでもって、我らがナツメちゃんは
レディース総合2位!
e0173145_17531853.jpg

全日本モトクロスレディースに続いての2位ですから
たいしたもんです!







再来週は
トライアルの大会に出るため
ヤニーナちゃんはマシンをウチに置いて東京へ帰りました。
今度は、セイジさんとではなく
一人で自走で来るそうで。

何で来るんだろ?
セロー? MVX? NS250? KTM690?

ま、なんにせよ
マシンをトライアルタイヤに戻しておきますね。

by tachigoke400 | 2014-03-02 17:57 | オフロードバイク | Comments(6)