<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 26日

タイヤ……

DRCのメカニックグローブ
大人買いしてやりました。
e0173145_5475212.jpg

5セット。

すごく気に入っているんです。
これまで、何枚か持っていたのですが
全部破れたりしてしまったので
思い切って、新調。


ワークマンやホームセンターでも
似たようなものはありますが
フィット感が違います。

ハニマル作のグローブが
たまたまボクの手に合った、なんて
なかなか良いハナシです。

ガレージ作業にももちろん使いますが
主な用途は
ライディンググローブ。

毎日の通勤でも使いますし
モトクロスでもトライアルでも、このグローブです。
SSDTも毎日これでした。


なんでこんなにカラダに合うのか知りませんが
このグローブ以外でバイクに乗る気がしません。






さて。

ヒンベエ兄さんが
一時帰宅しています。
e0173145_5574522.jpg

水曜日から
ハニマルが海外旅行に行ってしまうので
兵庫の実家の母に来てもらって
子守りをお願いしたのですが
自動的に、ヒンベエがついてきました。

ボクも来週は会社をお休みして
子守りです……

9連休なのに
子守りなので、バイク乗れないなんて………






昨日は、朝トラの予定でしたが
ちょっと家庭の事情で、変更。


でも昼前に時間ができたので
ツルサトへ。


ありさチャンったら
e0173145_604620.jpg

ニューマシンのデビュー!

いいなあ。
新車のフサベル125。


なんと、彼女よりも先に
コース初乗りをさせていただきました。

めっちゃ、軽い。
そしてコンパクト。
そして、ライダーに優しい。

先週乗った、ベータの2ストエンデューロもそうでしたけど
本当に最近の2ストは、イイです。

キメの細かい燃焼
低速の粘り
華やぎのあるパワー


ボクのKTMのSXFが
なんか
まるで重戦車のように感じます。


次に乗るなら
2ストだな。

エンデューロマシンの新車を買う
なんてことは、さすがに無いだろうから
KONさんの乗り換え時期に期待するか。




新車、とはいいませんが
せめて新しいタイヤが欲しい…
e0173145_674863.jpg
e0173145_673313.jpg

コーナーで
ズルズル滑って
めちゃくちゃ怖いと思っていたら
ブロック、ほとんど飛んでるやん……

CGCで使った
18インチのタイヤは
ほぼ新品で2本、家に転がっていますが
ウチのマシンは19インチなので
履けません。


うう……




通勤ブロンコも、このありさま。
e0173145_695986.jpg

断面が、ほとんど4角形。
コーナーで寝かすの怖いです。


スプロケットも
e0173145_611448.jpg

ずいぶん、減ったなあ。

よくみると
フロントフォークは
e0173145_6114428.jpg

オイルがにじんでいるような気もする。


来月、やるか。


とりあえず、今月は
e0173145_6123851.jpg

タイヤだけ、新調。

ボクの頭よりも毛が生えてるぞ、このタイヤ!

by tachigoke400 | 2013-03-26 05:43 | オフロードバイク | Comments(6)
2013年 03月 25日

金箔

出張、というか
オトナの遠足、というか
e0173145_5275978.jpg

そういう用事で
金曜日は金沢に日帰りでした。

金箔のメーカーさん見学。
だけれど、後で写真をみると
e0173145_5321236.jpg
e0173145_531690.jpg

やっぱし、遠足っぽい。

あわただしいスケジュールだったけれど
e0173145_5333158.jpg

e0173145_534861.jpg

十年以上ぶりの金沢を
ちょっとだけ楽しんできました。
漆の香りを嗅げなかったのが
残念。

今度は、もうちょっとゆっくり来よう。





買い求めたお酒と酒杯。
e0173145_5363100.jpg

金だらけ。

あかん。
e0173145_538781.jpg

金に金では、見えません。


うん。
e0173145_5384690.jpg

こっちがイイ。






先週
テキサスのルイーザちゃんから届いた
e0173145_5403869.jpg

e0173145_5405360.jpg

かの地の桜の写真。


やはり、あっちは温かいから
日本より半月以上早い開花のようです。


うちの周りは
来週末が見ごろかなあ。

by tachigoke400 | 2013-03-25 05:42 | その他 | Comments(0)
2013年 03月 18日

ワンポールテント

e0173145_646675.jpg

昨日はキョウセイドライバーランドで
オフ車で遊ぼう、な企画があったので
顔を出してみました。

セローやトリッカーでこんなことするのか
なんていう
無茶なオトナたちとは
ある程度の距離を保ちつつ
e0173145_6492344.jpg

タイヤつるつるのブロンコで
まったりと会場を流し
何人かの初心者っぽい人たちに
ボクができる程度のアドバイス(空気圧くらいやけど)など
しながら、ちょっとした案内などをして過ごしました。



↓なぜか、ラットガレージのことを知っていた人
e0173145_6522488.jpg

よせばいいのに、無謀にも
CGCみたいなことになってしまいました。



かなり場違いなマシンを持ち込んで
e0173145_6534025.jpg

周囲をドン引きさせる人も…




しかし、少し乗せてもらいましたけど
うわさに違わぬ、良いマシンですね。
ベータの2ストエンデューロ。

乗りやすくて軽くてコンパクト。
そして弾けるパワー。

熟成した2ストって、こういうもんなんだ。
何年か前、フサベル乗ったときも
同じように感じたけど
このベータは、さらに衝撃的でした。


いやあ、さすがイタリアン
チャンバーも、岩にヒットしないよう
e0173145_659324.jpg

最初から、「逃げ」の凹みがついているんですね。







お久しぶりのエンドーさんは
イっちゃった目つきで遊んでましたが
e0173145_70051.jpg

e0173145_701644.jpg

ハンドルも逝っちゃいました。

なんか、激しいことになったみたいですね…

折れたのはハンドルだけで
カラダは無事でよかったです。

このあとも、ハンドル換えて
キャッキャ言って遊んでました。






ここのところ

ツルサト
CGC
SFT
昨日
と、4週連続(もっとか)でバイクイベントで
ガッツリ遊びましたが
おかげでハニマルの機嫌をそこねてしまい

「アンタ土曜日はバイクに乗らず、一日中子守りをしてなさいよ」

と、言われてしまい
反論できるわけもなく
お寺に走りに行く予定を急遽変更して

息子と二人でキャンプをすることにしました。





アマゾンで届いたばかりの
新しいテント
e0173145_78401.jpg

じつは、家族用のテントって
持っていなかったんです。

下に並べたモンベルのステラリッジは
さすがに山岳用1~2人なので、コンパクト。

それに比べると、8kgもある巨大なテントですが
どうせ、クルマで運ぶんだし、家族用だと思うと
コンパクトな方です。


ちょっと前から気になっていた
ワンポールテントというやつで
以前は結構値段のするやつばかりだなあ
と、思っていたのですが
このごろ、安いのもあったんですね。

15000円。

えらく安いけど、大丈夫か。





とりあえず、建ててみます。
e0173145_7131486.jpg

付属のペグとハンマーは
かなり、ちゃちいです。

まあ、オマケみたいなものです。

でも、今回の地面だと
ペグは案外使いよかったです。



8角形の角にペンペンとペグを打って
e0173145_716352.jpg

そのあと
ポールを持って中にもぐりこみ
天井の中央のフックにポールをかけて

えい

と、持ち上げたら
e0173145_7171362.jpg

一気に形になります。

これは手軽すぎる。


フライシートの端をペグにかけて
安定用の紐をかけてやれば
設置完了。

合計16本のペグ打ちは
多少面倒ですが

一人で10分そこらで
家族テントが出来上がるのは
なかなか良いです。

直径3メートル。
案外広いなあ。
e0173145_7215887.jpg

とどいたばかりのFRMを読んで
まったりと過ごす。


せっかくなので
無粋なアルミテーブルを
e0173145_723334.jpg

e0173145_7231966.jpg

e0173145_7233496.jpg

e0173145_724127.jpg

e0173145_7242181.jpg

ちょっと気を利かせた
木製テーブルにチェンジ。

真ん中の穴は、もちろん
e0173145_7253036.jpg

ワンポールスペシャルってことで。



暗くなってきたら
これはこれで、良い姿。
e0173145_726166.jpg

お気に入りのオイルランプは
夜、本を読むには暗いので
FRMは閉じて

日本酒をやりながら
e0173145_7282720.jpg

ローマの休日を鑑賞。

いいなあ、オードリーヘプバーン……





コタツ、初キャンプはスヤスヤ眠って終了。



-------------------------------------------------

夜は風が強かったですが
全然大丈夫でした。

ドーム型とくらべたら、風に弱いハズですが
ロッジ型よりは強いらしいです。

ベンチレーションが開きっぱなしなのと
家族用にオトナ1人と赤ちゃんで寝たので
ちょっと寒かったです。


でも、これは良い買い物したなあ。

by tachigoke400 | 2013-03-18 07:30 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(0)
2013年 03月 16日

トーイングヒッチ写真

ミニクーパーでバイクを牽引して何年か経ちます。



ラットガレージは、ミニのお店で
かつ、オフロードバイク野郎もたくさんいると言うのに
どうしたわけか、他に
ミニ牽引仲間は一向に増える気配もありません。

エリちゃんが率先して牽引してくれたら
他の野郎どももズルズルついてくると思うのですが。


-------------------------------------------------------




先日、新潟のほうのオフロードライダーさんから
ミニで牽引について質問いただきました。
XR650やCRM250にお乗りの方のようです。
男らしいなあ……

氏のリクエストにお応えして
ヒッチの下回りの写真を掲載します。



こんなカンジです。
e0173145_8333055.jpg
e0173145_8331774.jpg
e0173145_833121.jpg



ドア後端くらいまで
L字のステーがあります。
e0173145_835349.jpg

リアのサブフレームとボディをまたぐようにして
かなり長いステーです。
e0173145_8363488.jpg

ヒッチの取り付け直後
明らかに車体の剛性が上がっているのを感じるような
かなりゴツいヒッチメンバーです。

この数年間、あちこちのレースやコースに引っ張って行って
林道などもゴツゴツ走りましたが
まったくビクともしません。

福伸工業さん、いい仕事してくれてます。



当初は、リアの車高を上げて
牽引の負荷に対応していましたが
実際しばらく乗ってみると
ほとんどストロークしないラバーコーンサスのおかげで
車高を標準くらいまで落としても
ぜんぜん問題ないことに気づきました。



ウチのは1300ccのキャブレター車ですが
DRZ400Sとトライアルマシンの2台積みくらいなら
公道を普通に流れに乗って走ることができます。
制動距離は当然伸びるので
安全運転に徹しますが。








ミニクーパーは
トレーラーを牽引するマシンとしては
ある意味、向いていると思います。

小さくて非力ですが
後方視界が抜群に良いし
車両が短いから
バックする際、とても取り回しが容易です。

また、トレーラーも含めた車両全長が7m程度と
ミニバスくらいのサイズに納まるので
牽引したまま、スーパーの駐車場などに押し込んでも
ギリギリ許してもらえそうなハミ出しかたで済みます。




現行車で選ぶとすると
トヨタのIQなんて
e0173145_8585836.jpg

短くてパワーもそこそこなので
牽引車としてはうってつけかもしれません。

でも、ちょっと見た目が好みではないので
どうせなら、アストンマーチン版の
e0173145_8594213.jpg

シグネットで牽引してみるなんて
モテるかもしれません。






牽引可能な重量については
ブレーキ無しのトレーラーの場合
e0173145_961928.jpg

340kgまで可能という記載になっています。
トレーラー自体が100kg程度ですから
はやり、トレール1台とレーサー1台くらいが
許容積載量として妥当なセンのようです。

車検証に牽引の追記をしてもらうのは
どう計算するのが詳しく知りません。
ラットガレージのエリちゃんが小牧の陸運で
いろいろやってくれました。
当然、ラットガレージでも
牽引計算は初めてのケースだったでしょうから
きっと、初めてでもなんとかなるんじゃないですかね……




以上、ミニクーパー牽引情報でした。
参考にしていただけると幸いです。

by tachigoke400 | 2013-03-16 09:00 | ローバーミニ | Comments(6)
2013年 03月 15日

2”→55mm

イヴォークちゃんが来てから
生活が変わったか。


答えは、ほぼ、ノー。



遠出が増えたわけでも
外食がオシャレになったわけでも
ファッションに気をつかうようになったわけでもなく
いままでと変わらず
朝のゴミ出しにクルマを使い
ドロドロのバイクを牽引し
たまには擦ったり……




でも、具体的には何も変わっていないようですが
やはり、ステキなクルマが庭先に転がってると
それだけで、気分が華やぐようで
これは、いい効能です。






しかし。ひとつ。
変えるべきものがありました。

それは、ミニクーパーの、コレ。
e0173145_782439.jpg

牽引のための、ヒッチボールです。


イヴォークに付いているのは
e0173145_79336.jpg

ヨーロッパ規格の50mm玉で
根元から一体型です。

対して、ミニのボールは
2インチ玉で、これはアメリカや日本ではメジャーなサイズです。
e0173145_7113380.jpg



見た目はほとんど区別がつきませんが
実測してみると
e0173145_7121071.jpg

ヨーロッパ 49.6mm
アメリカ、日本 50.4mm

0.8mmばかり、ヨーロッパ玉のほうが小さいのです。


たった1ミリ足らず小さいだけなので
トレーラー側のカプラーを
大きいほう(ミニクーパー)に合わせておけば
一応、イヴォークにもはまります。

しかし、玉形状の1mmというのは
じつは大きな差で
実際につけてみると、ガタガタで
危なくて走れたものではありません。



調整自体はレンチ1本で
30秒から1分もあればできるのですが
とはいえ、毎回やるのは面倒だし
うっかり忘れてしまう可能性もあります。

ここは、はやり
ミニクーパーの玉を
ヨーロッパ規格の50mm玉に
e0173145_7173185.jpg

変えておくことにしました。



しかし、紛らわしいなあ……
こんなもん、世界基準で統一してくれよ……

by tachigoke400 | 2013-03-15 07:19 | ローバーミニ | Comments(0)
2013年 03月 12日

はじめての松クラス

先週とはうってかわって
今週は、クラス最下位争いの末
ドベ2位でした。
e0173145_7122588.jpg

なんせ
「けち」
ですから…


初めての松クラス。
いやらしいターンがいっぱいで、大変でしたが
上下動は、意外にも、怖いところはありません。

コンペなんて、めったに出ないから
なかなか慣れませんね。
マーカーの見落としもやってしまいました。

エンストとかミスコース5点が多かったですが
腕前でどうにもならない5点は無かったし
クリーンも1回しかなかったけれど
1点で抜けたセクションも意外にあったので
なんともならない印象ではありませんでした。

ターンさえ練習したら
も少しなんとかなるでしょう。


とりあえず、竹クラスより、断然楽しいです。
「鶏口」よりも「牛後」のほうが、スパイシーに感じるのは
幸せなことだと思います。


スタート待ちも無いし
昼ごはんも早く食べられるし
終わるのも早いし
セクション長いし
みんな上手いから見てて参考になるし
松クラス、いいわあ。



なにより、「できて当然」の竹クラスと違って
「できなくて当然」の松クラスは、気分が楽……

なんて、思うのは、最初の一回だけか。






キャメルバッグ
なんとなくわかるけど
e0173145_724422.jpg

そんなに気に入った?

by tachigoke400 | 2013-03-12 07:28 | オフロードバイク | Comments(5)
2013年 03月 07日

もう週末かあ

ノロウィルス。
昨日の昼過ぎ
タイマーでもかけてあったのか、ていうくらい
あっさり症状が治まりました。
いきなり牛丼食べてもへっちゃらでした。


しかし、おかげで
月曜火曜の記憶がほとんどありません。
気がついたら、もう木曜日。
体感的には、週末です。



今週末は、サンデーファミリートライアル
初めて松クラスに出ます。


悲惨なことになるんやろな……
とりあえず、タンク外して
タイヤ交換しないと。







先週末のレースの写真
主催者HPを見てると
たくさん撮っていただいていてのですね。
カッコいいのからカッコ悪いのまで……


キレイに撮れていて嬉しいので
自己満足で、何枚か。





e0173145_6561491.jpg

e0173145_6565577.jpg

e0173145_658276.jpg

e0173145_658371.jpg

↑イワサキさんに引っ張り上げてもらってる図
恥ずかしい……

e0173145_6593463.jpg

e0173145_6595275.jpg

↑MASAさん、なんか猟師っぽい…

そんなMASAさん
e0173145_715332.jpg

e0173145_72527.jpg


やっぱし、MASAさんはダンディだなあ……



ハニマル
e0173145_731660.jpg

レース中だけど、カメラ見てる。

by tachigoke400 | 2013-03-07 07:03 | オフロードバイク | Comments(7)
2013年 03月 05日

ひな祭りエンデューロ

日曜の深夜から
ノロウィルスにヤられて、ツライ………




日曜日に地元、瀬戸で開催された
CGCひな祭りエンデューロに参加してきました。
e0173145_15331588.jpg

125台中
5位入賞。

上出来だと思います。




久しぶりのエンデューロ(2010年の池の平12時間以来かも)
トライアルマシンで出るのは
チト不安でしたが、CRF150RやDRZ400Sで出るのと違って
快適に楽しく周回できました。


レースである以上、コースによって
最適な車両というものがあると思いますが
CGCに限っていえば、トライアルマシンは
なかなか最適なマシンチョイスだったかもしれません。

優勝マシンもKTM350フリーライド(半エンデューロ半トライアル)だし
同じくトラ車でエントリーのMASAさん、ヤブさん、KONさんたちも
上位4分の1以上に収まったところをみると
軽量でコンパクト
粘りのある、出力特性の穏やかなマシンが良かったのでしょう。





ところで、MASAさん。
当初、この
e0173145_15411450.jpg

ガスガス250フリーライド
で参戦しようとしていたとは……

ど、どうなんすか、デザイナーとして……


負けず嫌いのMASAさん
ちゃっかり、タイヤまで
e0173145_1544826.jpg

前後モトクロスタイヤに。

泥が付いていますが、新品のMX31ですよ。





トラ車として、ほぼ同じような仕様の
ヤブ号MASA号とは別に
エントリーリストを見たときから
気になるライバルがいました。

そう。
無冠の帝王、ウー兄です。
驚異的な走破力とスピードを持ちながら
必ず、どこかマシンを壊してレースを後にするけれど
完走したら、必ず入賞をモノにしてしまう
えげつないオヤジです。

ちなみに、ウー兄は
お子さんが生まれたその瞬間
オーストラリアンサファリで、クラッシュして骨折
救護を待っていた、という漢で
ライダーとしても父親としても尊敬してやまぬ人物です。
e0173145_15474931.jpg

そんなウー兄のKTM。

一見すると、ただの2スト300ccのKTMですが(それもスゴイけど)
じつは
e0173145_15484266.jpg

2輪駆動なんです。

「大丈夫すか、こんなの?」
「これまでだいぶ乗ったけど、一回も壊れてない」
「じゃ、今日がその一回目だったりして(笑)」



………でも、やっぱし、どこか壊して戦線を離れたみたいです。




さて。





まあ、男子のことは、どーでもいいんです。
今回は、ひな祭りエンデューロですから
女性が主役。

ボクも、微力ながら
参戦する妻のために子守りにメカニックに尽力しました。
e0173145_15535338.jpg

エンデューロ女子というと
某、北のお坊さんなどに
泥だらけのオバサンの集団と揶揄されることもありますが
ちゃんと、若い世代も参入してきてくれて
なかなか華やぎのあるウーマンズXでしたよ。
e0173145_1557237.jpg

しかし、なんで、ボクがカメラ向けると
顔隠すんだね、キミたち……

先々週、ツルサトで見たとき
随分、上手くなったなあ、と思ったアサリ嬢は
e0173145_168283.jpg

女子総合で2位。
可愛くて若くて速いなんて、反則。


他にも
Dクラスで優勝のこのコなんて
e0173145_1614414.jpg

13歳ですよ。

年端もいかないこんな娘を、こんなレースに出すだなんて
なんてオヤジなんだ!









ハニマルは、メグメグさんと似た仕様の
トライアルマシン+後輪はIRCのVE33
e0173145_1655629.jpg


産後初のエンデューロに
このマシンチョイスは当たりで
軽くて扱いやすいガスガスを
淡々と走らせて
e0173145_16114893.jpg
e0173145_1611329.jpg

e0173145_16123088.jpg
e0173145_16122141.jpg

無事完走。

順位もまずまず
e0173145_1613164.jpg

怪我もなくて
よかった。よかった。



会場は洗車設備も充実していて
e0173145_16144287.jpg

気持ちよくレースを終わることができました。

トイレや更衣室がキチンとあることは当然
調理もできる、スラムパーク瀬戸。
当日は、ダートフリークの皆さんが
豚汁、焼きおにぎり、フランクフルトなどを盛大に振舞ってくださいました。
おいしかったです。ありがとうございました。

このコース
普段は、自転車のコースで
オートバイはイベントの時だけだそうですが
こういうふうに
遊び道具だけを売るんじゃなくて
遊び場や遊び方も提供するやりかたは
これから、とても大切なことだと思うし
文化としてのモータースポーツを考えても
伸びていくべきだと思います。


そんなふうにして
そのうち
欧米(ゴメンなさいざっくりした括りで)みたいに
自然なスタンスで、家族や地域でモータースポーツが
馴染まれる文化になると、いいなあ。

by tachigoke400 | 2013-03-05 16:24 | オフロードバイク | Comments(9)