<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 30日

よいお年を

e0173145_10435741.jpg
e0173145_10434799.jpg
e0173145_10433071.jpg
e0173145_10431910.jpg
e0173145_10424558.jpg
e0173145_10423290.jpg
e0173145_10422110.jpg


それでは、みなさま
よいお年を。


by tachigoke400 | 2012-12-30 10:44 | シェルティと猫 | Comments(0)
2012年 12月 30日

消耗品

結局、悩んだ末に
Betaのフットペグを買い直しました。
e0173145_10163855.jpg

スチールのフットペグは
一回しか使いませんでしたが
ラットガレージのエリちゃんにあげるから
まあ、いいや。

今回は、ついでに消耗品も
e0173145_10175570.jpg

マメにチェックして
ピンが消耗したら、早めに換えよう。

今、ハニマル号に付いているヤツは
もう、ピンが完全に潰れて発掘できなくなってしまっているので。







消耗品といえば
先週、ラットガレージの忘年会の翌朝
e0173145_10203240.jpg
e0173145_1020218.jpg

寝袋星人たちを押しのけて
ミニの消耗品アレコレを作業してもらいました。
e0173145_10212968.jpg

さすが
というか、なんというか
普通のクルマだったら
まさか、と思うような部品が消耗部品です。
e0173145_1023116.jpg

フロントにある、フレームとボディのマウントブッシュ。

3~4年で交換するような部品らしいです。
ボクのもしっかり消耗して
天寿を全うしていました。

交換したあと、露骨に車体の振動が無くなって
ハンドリングもビシっとしました。
そりゃあ、そうか。


ついでに、寒い中
e0173145_10251583.jpg

冷却水を交換。
ウォーターラインを洗浄してもらいました。


オルタネーター、ファンベルトも
e0173145_10262959.jpg

早め早めに交換します。

ディストリビュータの端子を磨いてもらって
燃料調整もしてもらって
点火も良好。


これで気持ちよく年が越せるってもんです。





ミニは故障が多いという人もいますが
故障が多いんじゃなくて
消耗品の交換サイクルやメンテナンスのサイクルが
他のクルマに比べて、圧倒的に早いというだけです。

カローラのノリで維持しようと思うと
ストレスばかり溜まると思いますが
モトクロッサーやトライアルマシンくらいのスタンスで
接していると
こんなもんか、という感じです。




大事に長く乗ってやりたいと思います。

e0173145_10374017.jpg


コイツが免許を取るころまで
動いててくれよ。

と、いうことで
エリちゃん、タナカさん
末永くよろしくお願いします。

by tachigoke400 | 2012-12-30 10:39 | ローバーミニ | Comments(0)
2012年 12月 18日

恋というのに近い

1年弱(SSDTの6日間含む)使った
S3のアルミフットペグ
e0173145_637556.jpg

けっこう、減ったなあ…


まだまだ、シッカリとした接地感もあるし
良いのだけれど
ときどき、滑るようなときもあります。

大事な部品なので
ここはひとつ、新調することにしました。




同じ、S3のスチールのフットペグです。
e0173145_6444497.jpg
e0173145_6443278.jpg

アルミと比べて、当然、すこし重たいですが
純正に比べると、断然軽量です。

薄い形状は似ていますが、全体に
ひとまわり小さいようです。




せっかくなので、今まで使っていたアルミは
ハニマルのガスガスに付けてあげることにしました。

左がガスガス純正、鉄、アルミ
e0173145_6463665.jpg

ちょっとずつ、デカくなっているのがわかります。



裏面。
e0173145_6483095.jpg

S3のものは、裏面形状が
おわん型というかスプーン型というか
障害物にヒットさせたときに
ガツン、と引っかかりにくくなっていて
これはけっこう、有効です。

アルミフットペグの余生も
ハニマルの使用頻度なら、当分
磨り減ることはないでしょう。




で。
日曜日に、さっそく乗ってみました。
そして、5秒で、思いました。

「やっぱし、アルミがエエ……」

べつに、このスチールが悪いとは思いません。
かなり、しっかりした一体感を得られます。

でも、比べてしまうと
あの、アルミフットペグのエロいまでの一体感が
恋しい。

アルミの、あの感触を知らずに
今回のスチールだけ付けていたら
なんの不満も持たずに
機嫌よくライディングできたろうに。

特に、岩場での安心感といったら…
そりゃあ、「ハードロック」って書いてあるくらいだもんなあ。




ああ。

減るのが早いのは、もうガマンするしかない。

1万円以上する部品を、毎年買い換えるのも
なかなか悩ましいですが
シートの無いトライアルマシンは
ほぼすべての操作荷重を
フットペグが担っています。

とても大切な、ライダーとマシンの接点ですから
自分が心地良いと思えるパーツを付けるべきでしょう。


もう、ボクは、このアルミフットペグじゃないと
ダメなカラダになってしまったようです。






ふう……

この冬こそは
ミニの過酷なラバーコーンサスとおさらばして
コイルスプリングを入れようと思っていたのに
もうしばらく、ラバーコーンのお世話になるか。

すこし遅くなりましたが
ラバーコーンの生みの親
モールトン博士のご冥福をお祈りします。



しかし、このスチールペグは
どうしようか。

予備として持っていてもいいけれど
きっと、使わないだろうなあ。






そうだ。

ラットガレージのエリちゃんが
トライアルマシンを買うらしいから
彼女にあげよう。
そうしよう。

エリちゃん。
06のガスガスには付かないみたいなので
それ以外を選んでください。

by tachigoke400 | 2012-12-18 07:09 | オフロードバイク | Comments(9)
2012年 12月 10日

冬支度 パート2

ようやく、初雪です。
e0173145_6501273.jpg

e0173145_6503259.jpg

もっと積もるかなあ………

雪の少ない地方なので
たまに降るとワクワクします。





先週、再稼動を始めた
パーフェクション#520。

どうせなら、稼動させる前に交換するつもりだったのですが
e0173145_6465495.jpg

そろそろ、芯を換えてやることに。

バイクの点火プラグとストーブの芯交換は
e0173145_6482887.jpg

早め早めにしないと……(苦笑)

しかし、いかんせん
年代モノの輸入ストーブゆえに
換え芯は、なかなか手に入らないうえに
結構、高価。
しかも、品質もアヤシイ……

ところが、世にマニアはいるもので
いつ誰が発見したのか知りませんが
e0173145_6531594.jpg

ニッセンのフリージアストーブの純正換え芯が
ぴったり互換性があることが
そのスジでは定説になっています。

ニッセンの芯はガラス芯なので
灯油が切れて空焚きしても
芯を傷める心配もありません(むしろ、キレイになる)
e0173145_6554489.jpg

よし、OK!





さて。

冬支度として、先週スタッドレスタイヤに履き替えた
ミニクーパーですが
ミニ乗りとして、もうひとつ
やっておくべき冬支度。

それは
e0173145_659178.jpg

ラジエターグリルを塞ぐことです。

冬季
道(とくに高速道路)を走ると、それだけで、冷えすぎて
グングン水温が下がっていくので
冬は、塞ぐのです。

仕事柄、ラジエター開口面積とグリルのバーの太さとの
ミリ単位の攻防をしているボクですから
どうしても、作業は慎重にならざるを得ません。

まず、プラスチック段ボールをあてがい
e0173145_723284.jpg

精密に、カットラインを記していきます。
ミリ単位の精度が要求されます。

そして
e0173145_741630.jpg

精密にカットして
グリルに再度あてがい
ピタっとはまる事を確認。


取り付け用の穴あけ作業にかかります。
e0173145_754077.jpg

ハンダゴテで、ジュっとやるのが
精密かつ迅速です。


あとは、タイラップで固定。
e0173145_762229.jpg

メーカー純正かと思うほどの
自然な仕上がりです。

通常、面積の半分とか4分の3くらいを埋めるそうですが
今年は、全部埋めてみました。


装着。
e0173145_783125.jpg


え?!
白いプラダンが見えて、カッコ悪い?!


黒いプラダンは、予算の都合で買えなかったんです……



こう見えて、おとーちゃんなんで
できるだけ、出費は抑えないと。
e0173145_7102029.jpg

な。コタツ。




あとで、ラットガレージに寄った際
やはり、全部埋めはさすがにマズイだろ
という話になり
その場で、ラットの美人メカニックのエリちゃんの指導のもと
10センチ角くらいの穴を開けました。


で、高速乗るとじわじわ水温下がりますが
まあ、どんなもんでしょう。



いいなあ、ミニクーパー。
やっぱし、クルマは、こうでなくちゃ。

by tachigoke400 | 2012-12-10 07:14 | ローバーミニ | Comments(2)
2012年 12月 08日

海の上のイヴォーク

リバプールか………

e0173145_730488.jpg




ずいぶん前に注文した、バルチックブルーの新ハニマル号が
リバプールを出たらしい、と、先日連絡をもらいました。


いまごろ、海の上をドンブラコドンブラコしているのでしょうか。
どこを通ってくるんだろ。
バルチック艦隊と似たような航路なのかな……
e0173145_733496.jpg

ウチに届くのは、まだまだ先ですな。




そういえば。


新ハニマル号には
e0173145_735941.jpg

カーナビが付いていません。

いまどき、新車を買うなら
カーナビは付けるのが当然、という風潮だそうですが
そうなんでしょうか。

イヴォークのナビ無しを選ぶ人は珍しいと言われました。



しかしですよ。
ホイホイ街中に出かける人はともかく
道の単純な郊外ばかり走るウチの場合
カーナビが無いと困る所へ行く事が
年間何度あるでしょう。

頻度を考えると
道案内機能にん十万円もかけるのは
ちょっと、オーバークオリティです。


だいいち、スマートフォンがある現代
ナビなんて必要でしょうか。

電波の届かないエリアでも
GPSは受信できるので
地図を内蔵したナビアプリがあれば
困ることはありません。

ナビにお金を出すくらいなら
トーイングヒッチを付けるほうが
SUVライフとしては、断然健康だと思います。








スマートフォンといえば
これまた、装着義務でもあるのかというくらい
本体カバーと保護フィルムを付けることが
当然のようですが

ボクは、キッパリと
e0173145_7513528.jpg
e0173145_7512690.jpg

ナマ派です。



100万円近くする「高級バイク」を
毎週末のように岩に転がして
ドロドロにするくせに
たかだか電話機ごときを
わざわざカバーして保護するなんて
どうにも女々しくていけません。

だいいち、せっかく美しくて薄くて軽い iPhone に
無粋なカバーをかけてしまうなんて
ジョブズさんに悪いです。

タッチスクリーンだって
おそろしく堅いから
傷なんて、そうそう付きません。
(カメラを壊すために紙やすりで擦っても、なかなか傷付けることができなかった)

逝くときは、いきなりバキっと割れるから
あきらめもつくってモンです。

日常使用に伴う小傷は
むしろ、愛でるべき対象なのでは。





ん?!

このフォークのカバーですか?

e0173145_832540.jpg


いや………


コレは、傷ついたら、イヤじゃないですか……
インナーチューブ………






ああ、そうさ。

女々しいオトコと、思うがいいさ。

by tachigoke400 | 2012-12-08 08:05 | イヴォーク | Comments(4)
2012年 12月 05日

「ヒンベエ」で検索

とあるきっかけがあり

「ヒンベエ」

という単語をグーグル画像検索してみたら…






e0173145_214221.png

なんと、NHK教育テレビの「ひんべえ」に混じって
ウチのヒンベエの画像がでてくるではありませんか。


おどろきました。


2ページ目
e0173145_21433081.png

おお、さらに「たちごけヒンベエ」率が増える……


3ページ目
4ページ目にいたっては
e0173145_21443326.png

e0173145_214445100.png

ほぼずべて、ウチの写真………




ちょっと、ビックリ。

by tachigoke400 | 2012-12-05 21:46 | シェルティと猫 | Comments(0)
2012年 12月 04日

冬支度

そーかそーか。
ホットカーペットがキモチいいか。
e0173145_6221217.jpg

そうだろう
そうだろう。

ええよね、ホットカーペット。
コストパフォーマンスに優れた暖房器具だと思います。
なにより、場所をとらないのが好ましい。
e0173145_6241254.jpg


「オレもそー思う」



いいなあ。
ボクもネコになりたい…











各地で雪の声を聞きますが
さすがに、瀬戸はまだまだ降りません。
でも、降ってからでは遅いので
e0173145_627276.jpg

今のうちにサッサと履きかえてしまいます。

ミニは、4輪とも新品を。
e0173145_628719.jpg

サイズが小さいので、さすがに安い。
ケチケチせずにブリジストンを奢ります。

ついでに、足回りのグリスアップも行いますが
e0173145_631525.jpg

フロントは、何箇所か、うまくグリスが入らずに
はじき返されてしまいます。

今度ラットガレージに持っていこう。




ファンカーゴのタイヤは
フロントは3シーズン目
リアは5シーズン目か6シーズン目ですが
まあ、大丈夫でしょう。



外でタイヤ交換の作業を終えると
中で暖をとる。

いよいよ、コイツもシーズンイン。
e0173145_6335845.jpg

パーフェクション#525
英国的血統の米国ストーブ。
あいかわらず、キュートやわ。

近所のソラマメ食器店で買った、炊飯用土鍋は
e0173145_638931.jpg

熱燗つけにもグッド。





やっぱし、冬はいいなあ。





冬といえば
そろそろバイク通勤には、いろいろ辛い季節。
ウェアを着込めば、カラダはある程度温かく保てますが
手だけは、冬グローブなんかではどうにもなりません。

と、いうわけで
新調しました。
e0173145_6421276.jpg

ハンドルカバー(買ったのは10月末だけれど)

だいぶ、コンパクトになりました。

去年まで↓(10年以上愛用)
e0173145_6432760.jpg


同じラフアンドロードの製品ですが
隔世の感です。
e0173145_647292.jpg

コンパクトなだけではなく、密閉性も高く
グリップヒーターの熱を逃がしません。

このごろの通勤気温2℃~5℃くらいなら
夏グローブのままいけます。

ふふふ。









いや。
言いたいことはわかります。


バイク乗りにとって、スタイルは大事です。
ハンドルカバーを付けるなんてことは
ボクのような
スタイリッシュ系バイク乗りにとって
越えてはいけない一線かもしれません。


しかしですよ。

行く先々に
その柔らかいフトモモで指先を温めてくれる
オネーサンが待っている
北海道の坊さんと違って



会社に到着後
すみやかに画業(最近無いけど…)を開始しなければいけない
サラリーマンとしては
指先の暖機運転に時間をかけているわけにはいかないのです。



いやあ、いいわあ
ハンドルカバー。

グリップヒーター&ハンドルカバーの
コタツ作戦、費用は合わせて8千円から9千円。

ウィンターグローブでは、どれだけ払っても
この温かさと操作性は得られませんし。



こんなふうにして
着々とオッサンの道に磨きがかかっていくのか……
最近わかってきた。

by tachigoke400 | 2012-12-04 07:01 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(4)