<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 29日

てらおクンへ私信

DFてらおクンへ私信です。

4月1日(日)と14日(土)は初心者トレックらしいです。
おやすみをとって、前日は夜更かしをせず、早起きしてみてください。

ナンバーと保安部品は要ります。タイヤは、とりあえず、何でもいいです。
一人だと行きづらかったら、ハニマルの目を盗んで
ボクもブロンコで行こうかと思うので、声かけてください。

以上。

by tachigoke400 | 2012-03-29 22:00 | オフロードバイク | Comments(2)
2012年 03月 28日

トレイルランニング

塾長さまやスケテツさんのアドバイスにしたがって
ランニングを取り入れてみました。
正確には、再開しました。

真冬と真夏は、ツライので避けていたのです…ヘタレですスンマセン。




真冬の間は、近所をクルっと走るコースだったのですが
3月に入ってから、日の出が早くなったので
ランニングのコースを変更しました。
基本的に、火曜、木曜が、走る日です。

クツもあるし、相棒もいます。
e0173145_5332579.jpg






トレイルランニングの季節がやってきました。
e0173145_5375023.jpg

e0173145_5394544.jpg

登りははまだ、薄暗くて、視界もよくありませんが
このごろ、だいぶ明るいです。
しかし、まだまだ寒いですね。
カラダはポカポカなのに、手は冷たい。

これは良いトレーニング。
e0173145_5453251.jpg

平地を走ると、涼しい顔でランニングできるつもりでも
山を走ると途端にアゴがでます。
落ち葉、砂、ぬかるみ、ワダチ、倒木、根っこ
使う脳とカラダを総動員な感じが心地いい。

アスファルトのランニングやサイクリングは
カラダとしては、苦手はほうではありませんが
精神的には苦痛を感じる体質のようで
好きではないのですが
山走るのは、快感のほうが勝るなあ。

カラダもイイ感じで締まってきました。



下りは、日が差しはじめる時間帯で
e0173145_545898.jpg

景色も色彩を帯びてきます。

もう少ししたら、木々が萌えてきて
最高の季節を予感させます。
楽しみ。



マウンテンバイクのワダチを観察するのも楽しい。
e0173145_559354.jpg

ラインどりやブレーキングポイントなどが鮮明に記録されています。
ましてや、これが、知人が週末につけたものだと思うと
なお楽しいです。



出勤前のひと時が、一日のうちで一番幸せ。

by tachigoke400 | 2012-03-28 06:03 | SSDTへの道 | Comments(0)
2012年 03月 26日

出発まで、あと一カ月ちょい!

週末の沢錬。
先週よりは、カタチになってきたなあ
ちょっと乗れてる?

先週、選手権で3位入賞で勢いに乗るMASAさんも
もちろん絶好調、と、言っておきます(笑)

足を付かないことよりも
決めた区間を
マシンを止めないことに重点を置いた練習をしているのですが
ちょっと雰囲気わかりかけてきたぞ
と、思った矢先
岩を登ったら失速

後ろにズリ下がる……

お。

リアブレーキをかけて止まろうとしたら

あれ、効かない!


そのまま後ろに落ちました。
水、冷たい!


何かと思ったら、リアブレーキのロッドが丸ごと行方不明に…
そりゃあ、効かないですわ。
ペダル踏んでもシリンダーに伝達できていないんですもの。



このごろ、毎週何か壊すような……

まあ、しゃあないか。





ああ、そうそう。
先週付けた、S3のアルミステップ。
抜群にイイです。
幅が広いことによる接地感と
多少、外上がりに角度がついているので
ものすごく安心して足に体重がかけられます。
こんなにイイとは思わなかった…

水も泥もへっちゃらです。

これ、SSDTに持って行って使おうかなあ…
で、ノーマルを予備で携行するか。



バイクが使えなくなったので
最後は、徒歩で沢を登る練習。下見は全部歩きますから。
僕は普段、火曜木曜は朝トレイルランをしているので慣れていますが
大将とMASAさんは、ちょっと運動不足気味かもなあ…

これから、バイク練習の前は
足で走ることを心がけていこうと思います。

ちなみに、SSDT沢は12分49秒かかりました。
バイクだと、これよりかかると思われます。
ひとまず、これを目標タイムに置いてバイクも乗れるようにしましょう。


-----------------------------------------------------

SSDTまで、実質1カ月ほどになりました。
国際競技ライセンスや、競技中でも対象になる保険など
やることはまだまだあります。



同時に、出産準備も実質1カ月ほどになったということです。
赤ちゃん用品のお店に行ってみました。
ダートフリークとは、雰囲気違うなあ…(当たり前か)
唯一、落ち着けるのは、クルマのシート売り場。
チャイルドシートって、ムダにカッコいいですね。
コブラのバケットより安いのに
軽いのやら重いのやら回るのやらいっぱいあるなあ。

でも、悩んだ末、シートはまだ買ってません。



さて。

僕は予定日(5月16日)の半月前に日本を出て
予定日の2日前の夜に帰国します。
ヘタすると、期間中に生まれてしまうかもしれないので
事前に、ハニマルの実家のお母さんに来てもらいます。

けっこうな期間、来ていただくことになりそうなので
快適な毎日を過ごしていただくため
キチンと寝室を用意せねばなりませんが
ウチは、なにせ、個室といえば
物置部屋、トイレ、フロ、ガレージの4つしかないので
今回は、物置部屋を寝室に変更すべく
作業を開始しはじめました。

とりあえず、物置部屋を空にして
壁の部屋に荷物を移して、要るもの要らないものをやります。

だいぶ片付いたつもりでしたが
日曜の夕方で、コレ。
e0173145_6351499.jpg

……
……
あきまへん。

これは、今週末だけでは終わりません。



ガレージも途中のままですし(かれこれ4週目)……
なんとか来週には寝室、ガレージ両方とも
まとまったカタチにしたいところです。



あー。いろいろ楽しいけど、眠い!

by tachigoke400 | 2012-03-26 06:54 | SSDTへの道 | Comments(12)
2012年 03月 20日

窮屈レイアウト、居心地いいかも。

ここに住み始めて、2年半くらい経ちます。

気分屋なところがあるせいでしょうか
リビングダイニングのレイアウトを、しょっちゅう変更している気がします。




引っ越した直後は、こんなカンジで、物が無いわりには
広々感のないレイアウトでした。
e0173145_22125017.jpg


ダイニングテーブルをやめにして
ソファとちゃぶ台を置いてみたり
e0173145_2213135.jpg

火鉢テーブルを作ってみたり。
e0173145_22131438.jpg

その火鉢テーブルが猫のトイレ代わりになったのを機に
e0173145_22132947.jpg

小型化……
気分とその時々の事情で、ころころ変わります。



このところ、バイクに乗るか
ガレージの物入れを
作り直すことに執心で
e0173145_23163978.jpg

e0173145_2317883.jpg

e0173145_23181567.jpg

ちっとも子供が生まれる直前の感じが
演出できていないではないか
という指摘を受けまして、これはイカン
父親らしいこともしてみよう
と、いったん、ガレージの棚づくりを中断。




ベビーベッドを配置してみることになりました。
e0173145_22175028.jpg

これが意外と大きい。
ウチの狭いリビングの、どこに置くんじゃい。


かといって、広い2階に置いてしまうと
ハニマルがキッチンであれこれ家事をやっているときに
目を配ることができません。



しかたない…

長久手以来の付き合いだけれど
お別れです。
e0173145_22182051.jpg

ヒンベエといろりの度重なる攻撃を受け
満身創痍のソファ。

いままで、ありがとうな。



で、面積はしかたないとして
高さ方向にも威圧感のある、コイツは
足をカットして、低く。
e0173145_22183639.jpg

ごーりごーり。



しかし、ここで
捨てられない女、ハニマルの

「待った」

の声。

夜のウッドデッキで小雨にぬれた
ソファに情が移ったようです。

そこまで言うんなら
もっかい中へ入って暖まりなさい。
e0173145_23123746.jpg

うん、窮屈っぽい。

ぜったい、ボツだと思った配置だったのですが
いざ、置いてみて座ってみると
なぜかシックリきます。

写真だと、以前のもののほうが、広々していて快適そうですが
実際には、このくらいの密度感が
空間の単位として適正なのでしょうか
妙に居心地がいいです。



移設したPCスペースも
漫画喫茶みたいですが
e0173145_22201995.jpg

カウンター席も悪くないです。


SSDTが終わったら
ここに一升瓶を並べる日を夢想しよう。

by tachigoke400 | 2012-03-20 22:28 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(6)
2012年 03月 19日

新SSDT沢

土曜日、SSDT沢に行きました。
数週間ぶりに行きましたが
あいかわらず、手ごわいですね。

他のところで、ちょっと走れるようになったつもりでも
ここへ来ると、自分がやっぱり乗れていないことが実感できます。

しばらく、ここと河川敷以外は走らないつもりです。





と、決意した翌日
さっそく、浮気。

大将とSHINさんが、気になるルートがあるというので
倒木をどけて、蔦を払って、通れるようにしてみました。

ちょっとカメラアングルが下向きすぎなのと
暗いのでアレですが
こんなカンジです>チーム員


前半はさわやかですが
後半は、なかなか剣呑なカンジです。

滑って大変ですが
みなで走れば、石も落ち着くでしょう。

新SSDT沢と命名します。
程よいエンターテイメント性があって、良いルートでした。





新型GoProは、暗いところの撮れぐあいは
向上したろうか…

by tachigoke400 | 2012-03-19 06:06 | SSDTへの道 | Comments(2)
2012年 03月 17日

北の国から


前略、スケテツさま



本日、はにまる運輸を通じて
ブツを受け取りました。

まさかボクの人生にロレックスが登場することになろうとは…
e0173145_21391521.jpg

おっしゃるとおり、視認性も良好で
着け心地もしっくりしていて、すぐにカラダに馴染みました。

やはり、目の肥えたスケテツさんのチョイスはさすがですね。
本当にいただいてよろしかったのでしょうか…

こういうものは使ってナンボだと思うので
ぜひ、SSDTでは腕に巻いてガンガン走るつもりです。


ありがとうございます。大事にします。




さらに、同梱の
いかにも効きそうな
e0173145_21444885.jpg

このスティック。

こちらも、付属の防水ケースに入れて
ジャケットの内ポケットに常に携行したいと思います。
e0173145_21465145.jpg




話はロレックスに戻りますが
BAMFORD社のサービスは素晴らしいですね。
ロレックスにあるまじきカラフルな仕様にもできるなんて。
円高の今なら、このプライスもアリですね。



ご期待に沿えるライダーではありませんが
やれるだけのことはやって来たいと思います。

ありがとうございます。

by tachigoke400 | 2012-03-17 21:55 | SSDTへの道 | Comments(2)
2012年 03月 16日

カラダとカラダが触れるところから

バイクやクルマを自分好みにアレンジするという
男子一般の生理現象。

若いうちは、つい
マフラーだのキャブレタだの
インチアップだのエアロパーツだの
わかりやすい部分に手を入れたくなるものです。

しかし、これは例えば
異性の顔ばかりにとらわれて
他の、もっと大切な部分を見落としている
そういう心の働きに似ている
と、思うわけです。


じゃあ、オトナはどこをイジるのさ
と、いうと、そりゃあ

まず





牽引装置の追加
e0173145_5505811.jpg

これは鉄板でしょう。





それから
e0173145_5523660.jpg

e0173145_5593873.jpg

手の触れるところを、好みのものに。




同じく、カラダが触れ合う大切な部分も
e0173145_61383.jpg


とりあえず

いつか

e0173145_5372351.gif

こだわりたい部分です。







そして、脚。
深く、果てのない世界…

e0173145_673262.jpg


とりあえず

いつか

e0173145_645956.jpg




若いうちは、つい
キャブだのカムだのボアアップだの
パワー出してナンボの衝動に駆られがちですが

実際のところ

出力なんて、たいていノーマルでじゅうぶんで
それよりも、その出力を
「意志どおりに正確に効率よく」
路面に伝えるかに関心するのが
いかにもジェントルです。



-----------------------------------------
以上のくだりは
スケテツ先生が魅惑の画像フォルダから
厳選してわかりやすく
解説してくださると期待しています。
-----------------------------------------







さて。

操作系にこだわる、ジェントルなボクのガレージに届いた
e0173145_6183187.jpg

S3のフットペグ。

ぐふふふ
う、美しい…
黒くてセクシー。
e0173145_6201675.jpg

優美なシルエットと
触れたら怪我しそうなディティールのコントラストが
たまりません。


アルミは岩にヒットしたら
変形しないかわりに割れることもあるそうですが
e0173145_6224195.jpg

ハードロックと書いてあります。


これまで1年お世話になった
純正フットペグ
e0173145_6233577.jpg

欠けたり摩耗したりで
沢や泥で足が滑って怖い思いをしたので、交換。


比べてみると
e0173145_625849.jpg

包容力の差は明らか。

ちょっとした浮気や浪費も
多めに見てくれる印象です。



それでいて
e0173145_6265198.jpg

黒木メイサを連想させる
シャープなプロフィール。
岩にヒットする事も減るでしょう。

ウットリです、S3。
円高万歳ですな。



週末が楽しみです。
e0173145_630258.jpg


by tachigoke400 | 2012-03-16 06:30 | オフロードバイク | Comments(6)
2012年 03月 14日

急募

急募


SSDT2012に行きませんか?!


このたび
チームたちごけwithタンデムの
メンバーに欠員が出ました。
ボクらはスポンサーシップという制度を使って参加枠を確保したので
ライダー変更OKらしいです。

本来、抽選になる参加者枠なので貴重な空きと言えます。
このチャンスを逃す手はありません。


沢と岩が大好きで5月1日~14日まで休みが取れて
60万円くらい用意できる、そこのアナタ
ご連絡をお待ちしています!

by tachigoke400 | 2012-03-14 21:00 | SSDTへの道 | Comments(4)
2012年 03月 14日

腕時計

大人の男たるもの
クルマと腕時計は、こだわりの一品を手元に置いておくのが
たしなみというものらしいですが
乗り物はともかく
時計には、まったく興味がありません。

しかし

厄介なことに
時間さえわかればいい、と割り切って
中途半端な時計をしてると
男子として侮られる風潮がいまだあるような気がして
人一倍、世間体を気にするボクとしては
それなら
付けないという選択肢のほうが、ごまかしが効く
というポリシーで
ボクはずっと腕時計をつけていません。


日常では腕時計なんて無くても生活できるし
だから、時計なんて、せいぜい980円の時計を買って
バイクのハンドルに巻きつけて
ちぎれたり壊れたりするたびに
使い捨てにしてきました。



しかし。
SSDTでは、時間の管理はとても大切。
のんびり携帯電話の時計をあてにできる場面ではありません。
予備の時計を大量にポケットに入れていくわけにもいきませんし。

DRCから出ているクロスモニターを装着することも考えましたが
取り付ける場所がトライアルマシンの場合、難しいのと
泥、埃、水、振動、衝撃、ガソリンの飛散
そういう状況で、壊れないかどうかイマイチわからないので
もう、日本が誇る
e0173145_6365293.jpg

Gショックしかないかなあ
と、思って、初めて自分で
100均やホームセンター以外で時計を買いました。

Gショックのなかでも
とくにタフなマッドマンというシリーズで
e0173145_6415059.jpg

モグラの絵が目印なんだそうです。

24時間までセットできる減算タイマーだとか
1000時間までカウントできるストップウォッチ×2とか
ダカールラリーでも使える機能を詰めたというコンセプトらしくて
そこらへんにグっときました。
また、自分の家と同じ色だというところも、好ましい。

うんうん、ザクみたいな質感で愛しいぞ。



しかし、このGショック
黒く見える反転液晶が見づらいのは
すぐに慣れるとして
表示自体が小さいの、なんとかならないかなあ……

走行中、チラ見して時間を読み取るのは至難のワザです。
やっぱし、クロスモニターかなあ…



ところで、腕時計て
腕につけると、やはり邪魔ですよね。
しばらく、通勤や会社生活で付けてみましたが
違和感あるし、袖をまくらないと見れないし
そんなに便利なモンじゃないぞ
という気がして
ましてや、バイクに乗る時なんて
ジャケットやグローブと干渉したり
片手を離すか、目線を大きく動かすかしないと読めないし
これはダメだ。

結局、いつものように
e0173145_6543812.jpg

マシンに巻きつけるのが使いやすい。
でも、この位置は、岩にぶつけてベルトが切れる可能性があるから
もっと中央寄りに付けないと。



みんな、腕時計て
どうしてるんでしょう。
そんなことが気になって
最近は人の時計や、袖との関係を観察してしまいます。

ISDEの人たちってどうしてるんでしょう?

by tachigoke400 | 2012-03-14 06:58 | SSDTへの道 | Comments(6)
2012年 03月 12日

タンクバッグ

SSDTは、当然
工具やらスペアパーツ、水やら、カッパやら
いろんなものを背負って走ることになります。

しかも、6日間もあります。

セクションのスコアを気にするライダーはともかく
ボクらみたいに、完走が危ぶまれるライダーは
とにかく、カラダに負担をかけないことが大切。


と、いうわけで
荷物はバイクに肩代わりさせることになります。
e0173145_6493225.jpg

世にも珍しい
トライアルマシンに装着可能なタンクバッグ。
トレックフィールド製のすぐれものです。
先日、タンデムで買ってきて
さっそくお山へ投入。




小さく見えますが
1Lの缶と工具がスッポリ収まります。

サイズが絶妙で
e0173145_6504319.jpg

工具と予備ガソリン1Lを入れて
装着したまま5時間ほどお山や沢で練習しましたが
ほとんど気になりません。

ベルトでギュっと絞るので
まったくブレたりズレたりすることもありません。
取り付けも取り外しもスピーディ。


トレックフィールドさんのまわし者ではありませんが
コイツはいい!



で、練習を終えてクルマに帰ると
ちょうど、別口で遊びに来ていた
ヤブさんやSHINさんたちがいました。
e0173145_6582596.jpg

おや、見慣れないモンテッサが……

新城探検隊の鉄砲玉が、ついに
あのクタクタのベータから買い替えたようです。

マツハシくん
あのベータ、もらい手がなかったら

尾張旭のミニ屋さんが、きっと買うと思います。






ね。

by tachigoke400 | 2012-03-12 07:01 | SSDTへの道 | Comments(2)