<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 29日

今日はキョウセイへ

e0173145_21453517.jpg

来週は、お寺で大会なので
お寺に行くかと思いきや
別の用事もあって
なんとなく、キョウセイに練習に行ってみました。
本日のキョウセイは
e0173145_21565815.jpg

ドリフト系のみなさんの社交場と化していて
賑やかだこと
賑やかだこと。



で。

ハニマルは
フロントアップ練習。
e0173145_21475874.jpg
e0173145_21482625.jpg

アキラくんとこのおとーさんに教えてもらったりしながら
だんだん、離陸できるようになってきました。
前輪を上げられないことにコンプレックスを感じていたので
カタチはどうあれ、コンスタントに離陸できるようになったのは
ちょっとした自信になったようです。


ボクはといえば
e0173145_21515130.jpg

先週、大会のセクションでは出来たトコロが
今日試してみると、なぜか全く出来なかったりして
妙に落ち込みます。
なんで先週はできたんでしょう?



-------------------------------------------------------------

さて。

キョウセイに来た本題。


フロントアップ以上に
ハニマルにとってのコンプレックス
それは
MT車の運転
e0173145_635377.jpg

e0173145_2159073.jpg

かねがね
ミニを運転したいと言いながら
なかなか試してみる機会、というか場所がなくて
まさに、ここ、キョウセイはうってつけのフィールドなわけです。

まだ、かなりアヤシイながら
e0173145_2213756.jpg

坂道発進もできるようになりました。
チョークを調整しながら
暖機運転をする方法もOKです。

次は
実際に路上に解き放ってみたいと思います。
e0173145_228111.jpg


by tachigoke400 | 2009-11-29 22:03 | ローバーミニ | Comments(3)
2009年 11月 27日

ニュージーランドからの誘惑

ニュージーランドでお世話になった
e0173145_2225210.jpg

R&Jインポート小堀さんから
案内をいただきました。

ああ、もう。
ため息が‥‥



ここカンタベリーのトレイルライドシーズンは12月から1月中旬まで
夏休みのオフとなりますが、1月の下旬になりますと、快適な気候の下、
黄葉も美しい秋のトレイルライドシーズンがスタートします。

この秋、ニュージーランド南島では2デイズのイベントがいくつか開催
される予定です。限られた日程と時間の中、できるだけライディングを
楽しみたいという日本のライダー達に、どれも自信を持ってお勧めできる
イベントですので、是非、この機会にトレイルライドの本場、ニュージーランド
の南島で走ってみませんか?
下記に日程と簡単なイベント紹介を記載致しますので、興味のある方は
R&Jの小堀までお気軽にお問い合わせください。
レンタルバイク、エントリー手続き、宿の手配、日本語ガイドなど、お客様のご
希望に 沿った形でプランをご提案させて頂きます。

では、この秋ニュージーランドにて皆様とライディングできることを楽しみにし
ています。
どうぞ宜しくご検討ください。

R&Jインポート
小堀亮三


2010年秋のトレルライド開催日程

1月30日ー31日:レイクテカポ・トレイルライド

南カンタベリーで最も有名な観光地、レイクテカポにて
この秋初めてトレイルライドが開催されます。
10万エーカーの敷地にレベル別の数10キロ単位のトレイルが
レイアウトされる他、コースーマークの無い大自然のトレイルを
キウィのガイドと走るツアーも同時に開催されます。
このガイドツアーは中級者以上が対象となりますが
マーキングされたトレイルはファミリー向けの
コースも用意されますので初級者の方にも楽しんで頂けるイベントです。
開催地のレイクテカポはクライストチャーチから約4時間、
トレイルの1部は29日の金曜日にオープンしますので
3日間ライディングを楽しむことも可能です。
開催日程が夏休みの最後の週末と重なるため、
宿泊施設の混雑が予想されます。宿のご予約はお早めに。
http://www.laketekapountouched.co.nz/



2月13日ー14日:オタゴ・2デイズ・アドベンチャーライド

BAJAを連想させる雄大な荒野が広がるオタゴ地方南部が、
このアドベンチャーライドの舞台。
1日160-180km程のトレイルをエキスパートなガイドと共に
2日間に渡ってライディングを楽しむことができます。
イベントのスケールはとにかく大きく(中級者以上向け)、ルートも
コースマーク無しのポイント・トゥ・ポイントですが、
イベント中のガソリン・食事はオーガナイザーが用意してくれる他
寝袋・着替えなども主催者が運んでおいてくれるので、
エントラントはライディングを楽しむことに専念できます。
エントリーは限定100台
受付は基本的にインビテーション・オンリー(招待制)なので
参加希望の方はお早めにR&Jまで問い合わせを。
スタート地点のワイカイアはクライストチャーチ空港から約7時間かかるので、
イベント前後各1日(12日と15日)は
移動日となる予定となります。
尚、イベントの様子はフリーライドマガジンのバックナンバーでご覧頂けます。



3月20日ー21日:エクストラバガンザ・ウィークエンド

クライストチャーチから3時間ほど南下したオマルーの町を舞台にして開催される
2デイズのトレイルライド。
レイアウトされるトレイルの総距離は200km超。
そのうちファミリー向けのループが3種類(計80km)設定されるので
ライダーのレベルに関わらず初級者から上級者まで楽しめるイベントです。
オマルの町は観光スポットとしても有名。
歴史的な建造物、広大な植物園、ペンギン・コロニーなど見所が満載です。
http://www.visitoamaru.co.nz/?welcome



3月27日ー28日:ワイアウ・2デイズ・トレイルライド

広大な丘陵地に「ファミリー」、「メイン」、「エンデューロ」、「エキストリーム」
と、レベル別のトレイルが設定されるカンタベリー最大のトレイルライド。
1日目と2日目はまったく別のトレイルを使うので
2日まとめて参加することをお勧めします。
開催地のワイアウは温泉保養地として有名なハンマースプリングスにも近い。
参加台数は1日500台限定。エントリーの受付は1月1日からですが
イベント告知は既に新聞・雑誌などで大々的に行われています。
毎年2月の上旬には定員に達して締め切りとなる人気イベントなので
参加申し込みはお早めに。
イベントの様子はフリーライドマガジンのバックナンバーでもご覧頂けます。
http://www.theride.co.nz/


4月10日ー11日:ロザハム・トレイルライド

ホンダキッズクラブ主催のトレイルライド。
ファミリーで参加するには一番お勧めのイベント。
会場では、子供たちが楽しめるアクティビティーやゲームも行われる。
トレイルは子供たちが楽しむこと考慮してレイアウトされるので、
初級者や女性でも参加しやすい。
ワイアウと同じく、ロザハムもハンマースプリングスに近いので
ハンマーの宿泊とセットで参加するのがお勧め。
上級者には専用のトレイルも用意されます。
http://www.hanmersprings.co.nz/



ボクは2月に
オタゴの2デイズに参加しました。
e0173145_22371100.jpg

そりゃあ、もう。最高にハッピーなところです。
言葉や写真で伝えることは
ボクの器量では困難ですが
とにかく、思い出すだけで頬が緩む
そんな数日でした。
クライストチャーチからオタゴまでの道中も
刺激的でした。だいぶ、地球の南の果てまできたなあ、といった感じで。

ツーリングや、カヤックも楽しみましたし‥‥
e0173145_2259639.jpg
e0173145_2311432.jpg
e0173145_2315719.jpg
e0173145_2334171.jpg
e0173145_235285.jpg
e0173145_23104917.jpg
e0173145_23115978.jpg


ああ。
行きたいなあ‥‥
ニュージーランド南島。
でも、今年は、金と休みが両方キツイなあ‥

とはいえ、モンゴルやUAEのような海外ラリーのことを思えば
全然、普通の海外旅行くらいの予算でいけるのですが。
特に、今、円に対して、NZドルが安いですし。

もうね
ミヤギくんとか、ナガサカくんとか、塾長とか
「開けてナンボ」な人たちが行くと
きっと、帰ってこなくなるんじゃなかろうかという
幸せな大地。

だって、日本より、少し狭い国土にですよ
名古屋市とか大阪市くらいの人口しか住んでいなくて
その7割が北島に住んでいるそうです。
で、
残りの3割が、国土の6割がたを占める
南島に住んでいるという
区間的な人口密度で言うと、モンゴル並みの地域なんです。

ああ、そんな能書きはどうだっていいんです。
うーん。
うーん。

ん?
オタゴ2デイズは今年もバレンタインですね。
そーいや、旧同居人サトーくんの結婚式が
その日程であるんですよねえ。
あのサトーくんが結婚できる日が来るなんて‥

by tachigoke400 | 2009-11-27 22:51 | ニュージーランド | Comments(4)
2009年 11月 26日

ストーブ 復活、虹色の灯

e0173145_554188.jpg

だいぶ、くたびれがきているので
そろそろ部品交換を‥‥
e0173145_5521334.jpg

まずは
芯の交換。
軍手みたいな感触の部品です。
e0173145_556282.jpg

右が新しいほうです。

次に、レインボーストーブの核心
ガラス筒を交換
e0173145_5572826.jpg

右が新しいほうです。
‥‥
‥‥見た感じ、ほとんど変わりません。
もしかして、無駄な買い物だったか、と
不安な気持ちになります。

しかし。
e0173145_61841.jpg
e0173145_613272.jpg

見事に、色鮮やかなリングが復活しました。

交換前↓
e0173145_632631.jpg

ね。
全然違いますでしょう。


芯を変えた効果もテキメンで
点火後、燃え広がるスピードが
全然違います。
2ストのバイクのプラグ交換みたいに
ダイレクトに体感できました。


この冬も、いい冬になりそうです。

by tachigoke400 | 2009-11-26 06:05 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(5)
2009年 11月 23日

たしかに、こりゃあ、スゴイ

マツヲくん、おすすめの自転車動画


説明の言葉はありません。
とにかく見てみてください。
ニュートンにケンカ売ってるとしか思えない‥‥

このテの動画にありがちな、賑やかなBGMではなく
しっとりと聴かせるメロディー選曲も秀逸。


DFのイケメン、イッペーちゃんあたりが見たら
真似しそうで危険かも。

by tachigoke400 | 2009-11-23 23:11 | 自転車 | Comments(2)
2009年 11月 23日

ギャラリー黒山選手

昨日の大会
上位3チームによる、スペシャルステージの一幕。
小雨のパラつくコンディションの中

観戦中の全日本チャンプ黒山健一選手の
なんとも挙動不審な動きに注目が集まりました(1分すぎくらいから)

撮影はマツヲくんが、iphone Sで。
キレイに撮れるもんなんですね。

by tachigoke400 | 2009-11-23 22:38 | オフロードバイク | Comments(0)
2009年 11月 22日

伊那デューロ

今日、伊那で開催された
エンデューロ、「伊那デューロ」で

びっしりの霜柱と
それが解けたグチャグチャの中
ヤブさんとノボルちゃんがWRで参加したところ
転倒した際、ノボルちゃんが、胴体と頭部を
後続車両に轢かれた模様。
ノボルちゃんに大きな怪我は無い様子。
お大事に。

轢いたウー兄は、優勝してしまった様子。
おめでとうございます。


ウー兄からノボルちゃんへ
「ゴメンナサイ」
伝言を承ったもので‥

by tachigoke400 | 2009-11-22 21:31 | オフロードバイク | Comments(0)
2009年 11月 22日

中部クラブ対抗戦

今日は
中部クラブ対抗戦という
この地区のNB~NAあたりのライダーを対象とした
トライアル大会に参加してきました。

団体戦ということで
普段とは違った楽しみ方のできる大会で
4名のライダーで1チーム。
それぞれのセクションで、各チーム、上位3名のスコアを採用して
その合計を集計するというものです。

去年出て、僕のレベルでは、あまりに困難なセクションばかりで
ロクに走れなかったにもかかわらず
団体戦ということもあり、妙に楽しかったので
今年も参加してみました。

チーム名は去年同様、「へたれ」。
今年のメンバーは
e0173145_19403290.jpg

NBスター(らしい) ろ~じ~サン
関西のNA オッキーさん
女子高生 メイちゃん
ぼうずイトー
の、4人。

ライダースミーティングの光景。
e0173145_19495466.jpg

ろ~じ~さん、女子高生、全日本チャンピオンが
1つのフレームに収まっています。
そう。
何故だか知りませんが
黒山健一選手(右から2番目の赤い背中)
も、参加者として普通にライダースミーティングに参加しているのです。

他にも、ランキング2位の小川 友幸選手、小川 毅士選手、斉藤 晶夫選手という
超豪華IASライダーが参加。
勿論、往年の空冷マシンや、125で参加です。
ホントなら、彼らの走りを観戦したかったのですが
いかんせん、参加者だったので
ほとんど見ることはできませんでした。



さて。
自分はといえば

NAのオッキー姉さんは勿論
メイちゃんも、NBとは思えぬほど、相当に上手だし
ろ~じ~サンだって、バリバリの選手権ライダーなので
各チーム上位3名の成績を採用するこの大会のルールでは
必然的に、ボクのスコアは不採用になる公算が高いので
気が楽っちゃあ、気が楽だったのですが
それにしても
昨日のDFの面々とのヒルクライム練習が功を奏したのか
はたまた
最近、ハマっている、ジュリアン・デュポンの動画 ↓ イメトレの成果か

イイ精神状態でトライできたので
クリーン、クリーン、1点、クリーン、クリーン、1点
てなカンジで、人生初めての好調な滑り出しを経験。

ま、そのあとは、心が硬くなってしまい
実力どおり、3点と5点を連発して
スコアとしては、おさまるトコロにおさまった感じでしたが‥
でも、まあ
去年よりは成長したなあ、と、思いました。
なにせ、去年は、ホントに3点と5点しかありませんでしたから。

サンデーのセクションよりも
短くて、上下動が大きいので、好みといえば好みだし
実際、楽しいセクションばかりでした。
それに
オッキー姉さんの走りがキレイで、とても勉強になりました。
この姉さん、かねがね、平谷やその他のトライアルイベントで
ちょくちょくお見かけしたことはあったのですが
上手だし、キレイな方なので
怖くて、とっつきにくい人かと思っていたのですが
気さくい人で、ホっとしました。


TLM220で、スペシャルセクションを攻める
斉藤選手
e0173145_20125376.jpg

e0173145_20121852.jpg

IASのウデをもってしても
旧式マシンではキツイらしいです。
e0173145_2014847.jpg

そういうセクションがあっていいのか
地方選手権に‥‥‥


黒山選手(のチームはSSに進めなかったらしい)
小川選手(の、チームもSSに進めなかったらしい)
と、同じフレームに入って
なんとも言えない表情のマツヲくん
e0173145_2017485.jpg

僕ら、シャイボーイなんで、サインとか握手とか
なかなか切り出せないんですよねえ。


で。
リザルトはというと
チーム「ヘタレ」は、20チーム中、8位。
僕の足の引っ張りを差し引いても
上出来なんじゃないでしょうか。
さすが、オッキーさん&メイちゃん!


スコアは、2ラップ合計で
たちごけ 37点。
オッキーさん 20点。
メイちゃん 22点。
ろ~じ~サン 43点。

ろ~じ~サンは、なぜか新型の4ストロークを出し惜しみして
調子のイマイチ&パンク気味SY250での参加だったので
スコアはもひとつでしたが
随所で笑いを取る走りが冴えて
うーん、やはり、人気者たるゆえんはここらへんにあるのかなあ
と、感心しました。


タンデム組順位としては
タケさん、MASAさんに負けて
マツヲくん、ケンタ、ゴンちゃん、ろ~じ~サンには
勝ったということになります。
サンデーだと、まったく歯が立たないのに
こういう日もあるんですねえ。


----------------------------------------------------------------

明日は世間は祝日だそうで
ハニマルはDFのみんなと一緒に
浜松のほうに走りにいくそうです。
と、いうわけで
今からCRF150の整備をしなければ。


いーなー。

by tachigoke400 | 2009-11-22 20:37 | オフロードバイク | Comments(5)
2009年 11月 21日

いつもと違う「朝」

ミニのフェンダーを白くしてみました。
カワイイでしょう。
e0173145_195405.jpg

今朝は
お山に朝練に行ってきました。

と、いっても、いつものタンデムのではなく
ハニマルの職場の方々と一緒に遊んでもらいました。
場所はハニマルの職場から北へ約30分ばかり。
紅葉も落葉もキレイなところです。

e0173145_2015322.jpg
e0173145_202132.jpg

ほぼ、みな、「仕事の前のひとっ走り」だそうで
適当に切り上げて後、出社。
いいなあ、そのライフスタイル‥‥
ボクの生活だと、朝も夕方も、時間ないからなあ‥‥

で。
エンジン始動直後
落葉にタイヤをとられ、なぜか流血のナガサカくん。
e0173145_205218.jpg

ナガサカくんの流血を見るのは
多分、これが2回目で
1回目は、2005年のモンゴルで大転倒を喫し
指がグチャグチャになった彼を
直後を走行していたボクが手当したときでしょうか。
その夕方、アルベイヘールのキャンプ地で
地元の子供たちを使役し、テント張りをやらせるナガサカくん
  ↓
e0173145_2094386.jpg

なぜか、現地ではモテモテです。


てなことを思い出しました。
まさか、あのグチャグチャ指が、治るとは
あの時は到底、思えませんでした。
たぶん、ゴリラ系の生物なので、治癒力が違うのでしょう。


どこの「朝」でも
似たような景色が展開されているようです。
e0173145_2016475.jpg

んー。
楽しかったです。
今度はCRF150とかDRZ400を持っていこうかなー。
でも、ミニが音を上げるかも‥‥


さて、明日は中部クラブ対抗戦。
ウチは男子2名&女子2名(含む女子高生)のチーム。
メンバーを見る限り
ボクは果てしなく戦力外、て感じです。
でも、去年出て楽しかったので、明日も楽しみです。

by tachigoke400 | 2009-11-21 20:23 | オフロードバイク | Comments(5)
2009年 11月 18日

上着掛け

玄関に、上着掛けを装着しました。
e0173145_23334136.jpg

イヌの尻尾のモチーフ。

ヤブさんちで見かけて
イイなあ、と、思っていたので、ウチでも。
e0173145_23352222.jpg



これまでは
カギ類だのカバンだの、上着だの帽子だのが
e0173145_2336259.jpg

無秩序に掛けられていて
まあ
夏の間は、それでも良かったのですが
寒くなってきて、上着が増えてくると
つい、帰宅して、手近にあるフックに掛けてしまうので
これはイカンなあ、と。

e0173145_23382837.jpg

e0173145_23385422.jpg

うん。
なんとなく、スッキリしました。

惜しむらくは
上着を掛けてしまうと
この
e0173145_2340196.jpg

キュートなお尻が見えなくなってしまうことでしょうか。

by tachigoke400 | 2009-11-18 23:40 | 家 ワンダーデバイス 生活日誌 | Comments(4)
2009年 11月 15日

女ばかりのトライアル大会

e0173145_19573748.jpg

今日は、お寺で、クマカップという
女性と子供を対象にした、トライアル大会でした。

参加台数は少ないながら
e0173145_1959549.jpg

「大熊」、「中熊」、「小熊」とクラス分けされ
それぞれ、上級、中級、初級という分類。
だいたい、SFTの松、竹、梅くらいの感じでしょうか。
大熊と松だと、松のほうが難しいですが。

e0173145_2025468.jpg
e0173145_2032299.jpg
e0173145_2034697.jpg

ハニマルは、もちろん、「小熊」クラスにエントリー。
一日を通して、最もスパイスの効いたセクションは、この
スタートポディウム‥‥
ハニマルは、かろうじて登り、降りることができまして
e0173145_2063477.jpg
e0173145_207196.jpg
e0173145_2074751.jpg

苦心惨憺
いろいろ頑張りまして
e0173145_2091917.jpg

クラス1位。
‥‥‥
まあ、子供を除くと、1台しかエントリーしていないので
完走さえすれば、1位なんですけど‥‥
そういうの、多いなあ、ハニマル。
でも、なんか、楽しかったみたいです。


女、子供の大会といっても
上位クラスはなかなか手ごたえのあるもので
はっきりいって、僕はまず、クリーンできないレベルです。
e0173145_20122738.jpg

↑ IAスーパークラスの斉藤選手の、ご母堂さま。さすがです。

もちろん
e0173145_20152725.jpg

まつヨメさんも、貫禄の走り。

セクションの下見。
e0173145_20174464.jpg

まさに、女の真剣勝負。
後のほうで、ハニマルが呆けた感じで立っているのと対照的です。
そりゃあ、だって
e0173145_20193086.jpg

こんなんですし。
サポートの男子の多さに、大会の特徴が垣間見られます。

そして、時折、ラインのアドバイスをしてくれる
IAスーパー、斉藤選手
e0173145_2021352.jpg

大会後、デモンストレーションで
華麗なエアターンを披露してくれます。

IAスーパーがアドバイスしてくれる草大会て、どんなに贅沢なんだ、てハナシです。


---------------------------------------------------------

そんな中、ひっそりと
ニューマシンを持ってきては
e0173145_20242250.jpg

e0173145_20245337.jpg

トラックから降ろすことも無く
自慢するだけ自慢して
旧マシンだけを降ろして走り回っていた、ろ~じ~サン

アンタ、どんだけ禁欲的やねん‥‥


来週は、お世話になります。


---------------------------------------------------------

帰宅後、カメたちに結果報告をするハニマル
e0173145_20273393.jpg

前にも、何かのレースで福島から帰って来るなり
深夜に、カメに結果報告をしていたことがありました。

ちょっと、どうかと思います。

by tachigoke400 | 2009-11-15 20:29 | オフロードバイク | Comments(7)