<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

伐採、伐採

GWです。
例年より短めのGWですが、特に予定らしい予定はありません。
ハニマルの家族が遊びにくるので、一緒に岐阜の温泉でも行こうか、くらいでしょうか。

DRZのトレック化計画でも進めるか、と、思ったのですが
ハニマルが友人のイケメン、イッペーちゃんに
「GW期間中、貸してあげることにした(決定事項)」
と、言い始めたので、もうしばらく、街乗り仕様のまま放っておくことに。
なんでも、姫路城までのツーリングに使うそうです。
ライトが暗いのと、メーターが無いのは、我慢してもらおう。

こんなに予定の無いGWなんて、何年ぶりでしょう。
思い返してみると‥

去年:結婚式&新婚旅行ニュージーランド
07年:グアテマラ旅行
06年:TBI
05年:ハニマルと和歌山ツーリング
04年:ハニマルと四国ツーリング
03年:ハニマルと福島ツーリング
02年:九州ツーリング
01年:大学のワンゲル部で屋久島登山
00年:TBI
99年:四国ツーリング
98年:四国ツーリング
97年:四国ツーリング
96年:大学1回生、何して過ごしてたっけ‥‥?

ん~。
およそ10年ぶりに、のんびりしたGWを過ごしています。

と、いうわけで、昨日はハニマルと一緒に新居に。
以前伐採した枝を燃やそうと、焚き火どんどんを持って行ったものの
祝日だというのに大工さんたちが作業していたので
火を焚くのははばかられ、仕方なく、さらに大規模な剪定作業を行うことに。
結局、日没まで働いてしまいました。
昼から、お寺に行こうと思って、マシンを2台積んでいったのに‥‥

e0173145_10164356.jpg

昨日の戦果。
枯れた竹を取り除くと、かなりの量になりました。
e0173145_1019119.jpg

おかげで、林の中からも、ウチが見えるようになりました。

ハニマルが担当したエリアは、かなり根こそぎな勢いで
植物が刈り取られていきました。
e0173145_10205174.jpg

ボクの愛でるシダもコケも倒木もタンポポも
非情にも除去されてしまいました。
更地にするつもりか、ハニマル!


e0173145_10223431.jpg

お風呂がつきました。
いたって趣味性のかけらも無い風呂です。
こだわっても良かったのですが、夫婦ともに
入浴時間が短いので(特にボク)、まあ、風呂は適当でいいか、と。

e0173145_10245187.jpg

玄関まわりの木のパネルも貼られていました。

e0173145_10261100.jpg

大工さん愛用のマキタのラジオ。
ニンテンドーWiiよりもデカいです。
無骨でカッコイイ‥‥
次にラジオを買うときは、コレがいいです。



ところで。
もうじき家が建つって時期にアレですが
この土地をボーっと眺めていると
この広さなら、平屋がよかったんじゃなかろうか
などと、考えてしまいました。
平屋のレイアウトの自由さは、結構、魅力です。
天井を高くとって、LDKとガレージで半々の。
ま、平屋にすると、基礎と屋根にお金がかかるそうですが。

新車を買ってすぐに
「次のクルマはアレが欲しいじゃんね」
と言う友人がいまして
何を言ってんだ、と、思っていましたが
ボクの場合、家がそういう気分の対象のようです。

しょっちゅう、いろんな間取りや構成を考えてしまいます。
よく、家は3回くらい建てないと、理想どおりにいかない、と聞きますが
まあ、そんなところでしょう。

しかし、住む前にそんな気になるのは、気が早すぎでしょうか。

by tachigoke400 | 2009-04-30 10:34 | 家 ワンダーデバイス 建築日誌 | Comments(6)
2009年 04月 27日

DRZ400の使い道

日曜日、タンデムの朝トレック、セローの日にSYで行って
つくづく思ったんですが、やはり、皆がオフ車の日には
オフ車のほうが楽しめるなあ‥と。

来年の走り初めトレックには、DR350とDRZ400を揃える
という、サコミさんとの堅いオトコの約束もありますし。

まあ。
前述のように、現在、100%自転車通勤なため
DRZに全く乗らなくなってしまったので
ボクのマシンたちの役割分担を再配置しよう、と。

SY250‥‥トライアル用
CRF150R‥‥モトクロス用
キャリイ‥‥トランポ
GIANT‥‥通勤
DRZ400S‥‥山遊び&エンデューロ

と、いうことで
e0173145_2334152.jpg

通勤仕様だったDRZから、当面、いらないモノを取り去ることに。
e0173145_2333616.jpg

メーター、インジケーター、ステダン、タンデムステップ
ホーン、ハンドガード、などなど。

デカくて重いのは、仕方が無いとはいえ
できる範囲で軽量化していきたい、と。

e0173145_2392434.jpg

このウィンカーは、コケるとすぐ割れそうなので
フレックスタイプに変更したいです。
テールランプも、もっと軽量なものにしましょう。
e0173145_23114091.jpg

サブフレームの後ろ部分、切り取ってもいいのでは‥
e0173145_23124821.jpg

ステップも、ワイドステップにしたいですね。
e0173145_23135020.jpg

ラジエターガードも必要ですが、どこのがいいでしょう?
e0173145_2315466.jpg

エキパイも、変えたいなあ。
e0173145_23154726.jpg

ランプは、CRM時代から愛用の、UFOの偽者で。
e0173145_2317760.jpg

レバーは、ZETAのピボットにすれば、まず、折れません。
e0173145_23192494.jpg

ハンドル切れ角も、増したいものの
e0173145_23201173.jpg

右は、すぐにオイル口と当たってしまい、ノーマル+αの切れ角。
e0173145_23212717.jpg

これが、右。
対して、左は
e0173145_23222497.jpg

けっこう、攻めました。

バッテリーを小型のものにしたいなあ、とも思いますが
セルを頻繁に使うでしょうから、ノーマルのままにしておきます。
シートも、ほとんど削り代がないのですが、ギリギリまでアンコ抜きしてやろうと思います。

タイヤは、リアはトライアルタイヤ。
フロントはどうしましょうかねえ‥‥
どなたか、ツーリストの前輪、余ってないですか?


とりあえず、なんとか仕上げて、6月のJNCC第3戦の信州に使ってみたいと思います。

by tachigoke400 | 2009-04-27 23:24 | オフロードバイク | Comments(2)
2009年 04月 26日

新車ブーム

ここ、ひと月そこそこ
ボクの身の回りは、ちょっとした新車ブームです。

e0173145_21461490.jpg

近いところでは、ハニマルの、走行距離も価格も、ほぼ新車のトリッカー。

e0173145_21481341.jpg

GONちゃんの、09ガスガス。これは正真正銘、新車。

e0173145_2149273.jpg

早くも擦り傷がついて、新車に見えないけれど、塾長のWR250F。
新車で買って、初めてクラッチを繋いだのが、パンゲア淡路だったそうな。

e0173145_21514231.jpg

そして、かつての同居人、サトーくんは
エブリイを最新鋭の新車に買い替え。
圧倒的な質感の高さとプレミアム感に、言葉もありません。
乗り心地、静粛性ともに、ボクのキャリイトラックとは
異次元のレベルといえます。

さらに
e0173145_2154423.jpg

家を買ったばかりのヤブ夫妻は、VWのティグアンを‥‥

‥‥本当に、世界は不景気なのでしょうか。
メディアが大げさに言っているだけなのでは‥

ボクも、ジープのラングラーだとか、旧ミニだとか
ハスクの310だとか、BMWの450だとか
欲しい乗り物はいっぱいあるのですが‥

e0173145_21561573.jpg

ティグアンには、当然、ヒッチメンバーが付いて
トレーラーが引けるようにしてあります。
うーん、ゴージャス。

「このクルマなら、どこまででも走って行きたくなる」
夫婦は目をとろかして、そう言いました。
そんなもんでしょうか。



‥‥どこまででも行きたくなる



トライアルやモトクロスなんてやっていると
つい、忘れがちになりますが
これは、乗り物につきまとう、魅力の原点のようなものだと思います。

BMWのGSだとか、KTMのアドベンチャーだとか
そういうマシンに備わる要素でしょうか。

そういう魅力は
快適だとか、静かだとか、パワーがあるとか
ある程度関係あるのかもしれませんが
ボクにとっては、関係が薄いようです。
少なくとも、4輪車では、あまり感じたことはありません。
遠くへ行くのは、いつも、バイクと一緒でした。
前に乗っていたCRM250ARは8万km乗りましたし。

クルマや電車で動いて、旅行したなあ、と感じることは稀です。
バイクと飛行機とフェリーは、旅した気分が味わえます。

以前乗っていたアルファ147は、いいクルマで、大好きでしたが
実際に動いた範囲は、西は岡山県、東は長野県程度でした。
当時も今も、ボクのファーストカーたるキャリイトラックは
ひどい乗り心地と、びっくりするくらいの非力さですが
西は四国、東というか北は宮城まで、けっこうアチコチ動いてます。
1日の最高移動距離は、朝神戸を出て、京都~横浜(友人の結婚式に出て)~愛知
と、約800kmを走りました。

でも、やっぱり
ずーっと。
遠くへ。
そういった気分にさせてくれたのは、初めて買ったバイクの
ジェベル200でした。
通学の途中、気が変わって、日本海まで行ってみたり
帰宅の途中、気が変わって、徳島まで行ってみたり。

ちょうど、この季節に、バイクに乗り始めたからでしょうか
そういったことを、思い出します。

by tachigoke400 | 2009-04-26 22:20 | クルマ | Comments(4)
2009年 04月 25日

家の様子は

今日は土曜日で雨だというのに
大工さんたちは営業でした。
e0173145_205895.jpg

ガルバリウムが2階部分まで施されていました。
この反対向きの面、つまり東向きで、雑木林に面した側は
e0173145_2074395.jpg

対照的に、木の仕上げになっています。

BESSという会社のワンダーデバイスという商品なのですが
こういった、表と裏の対比をコンセプトにしているそうです。
当初、無印良品の窓の家というのを建てたいと思っていたのですが
あまりにキレイすぎて‥
やっぱり、住み始めてすぐ、クギ一本打つのをためらうような家には住めません。
ワンダーデバイスなら、遠慮なく、ガンガンやれそうな雰囲気が好ましく。

e0173145_20131395.jpg

断熱材が張られて
e0173145_2014173.jpg

扉が付きました。
e0173145_2014452.jpg

2F。
作業が盛り上がっていて、何がなにやら‥
e0173145_20154630.jpg

吹き抜けを見上げるハニマル。
当初、もっと狭い吹き抜けのプランだったのですが
無理を言って広げてもらいました。
このくらいは欲しいでしょう、普通。
e0173145_201805.jpg

吹き抜けを見上げる
家中がほとんど、ひと続きなので
冷暖房の効率が悪そうですが
まあ、気にしません。
家自体の断熱、保温性能に期待します。
少なくとも、今の賃貸よりはマシでしょう。





帰路。

ふと思い立って、コアなMINIのお店に
2年以上ごぶさたしていましたが
ここは、2005年、2006年と
北京~ウランバートルラリーに旧ミニで参戦した
オトコ気あふれるミニ屋さんです。
2005年にボクが参戦したときにも、親切にしていただきました。
傍で見ていて、その奮戦ぶりに勇気付けられたものです。

「イトーくん、いま、幾つ?」
「32歳ですけど」
「良い歳だね」
「?」
「ミニの歳だよ。オレも32歳のときにこの店開いたんだ」
「ほ‥ほほう」
「この店の住所、こだわりがあるんだ」
「? 何です?」
「番地の末尾が98、クーパーなんだ」
「おお!」
「電話番号も3298、ミニクーパーとったしね」

ホントにミニが好きなんだなあ、と、嬉しくなっちゃいました。
ボクは子供の時からミニが好きで(BMWミニはさほどでも)
いつか欲しいと思っているのですが
こういうお店がある限り、将来に渡って
コンディションのしっかりした個体が手に入りそうです。
なにしろ、あの、ゴビの砂漠を駆けたミニを作ったお店なんですから。

その、モンゴルを完走したミニ。ドライバーはラットガレージの美人メカニック。
e0173145_20352082.jpg

このGWには解体されるそうで
何の因果か、最後の姿を見られて良かったです。

家を建てたりすると、借金もしますし
ワクワクとした高揚感とともに
ああ、これで、もう、砂漠のラリーなんて、無理だなあ。
オレの人生も小さくまとまり始めたなあ。
なんて、しぼんだ気分も同時に味わっていたのですが
今日、このお店に行って、なんだか元気になりました。

また、いつか、砂漠に出かけよう。
そのときのマシンは、またDRZ?
キャリイもいいな。
CRF150Rも、冒険か。

いや、いっそ、SYで。

by tachigoke400 | 2009-04-25 20:40 | 家 ワンダーデバイス 建築日誌 | Comments(0)
2009年 04月 25日

春火鉢

えー、と。

黄色YZさんのご指摘のとおり
恥ずかしながら
ダートスポーツ最新号に写真が載ってしまいました。
パンゲア淡路の記事の見開き左下あたり
「強烈なスタック」
というコメントつきで、150の後輪が丸々埋まっているシーン‥

あのレースでは、唯一のスタックだったのですが、15分くらいエンジンがかからなくて
往生していたところ、まさか撮られていたなんて‥‥
不覚‥


明日は、朝6時から、タンデムの朝トレック。
上海に赴任中のマツシタさんが一時帰国するそうなので
皆でもてなそうという趣旨。
セローの日なので、トリッカーで行きたいところでしたが
ハニマルの許可が下りず(というか、今、マシンがウチに無い)
SY250で参加することに。

なにしろ、マツシタさんをおもてなしするのだから
粗相があってはならないと
SYの保安部品を久々に装着。
エアフィルターも汚れていることなので、洗浄。
しかし、洗ったものの、すぐに乾くというものでもなし、外は雨。
暖かくなってきたゆえ、ファンヒーターも仕舞ってしまいましたし‥

そこで
e0173145_19561569.jpg

なんて便利、春火鉢。
あっという間に乾きました。

換気の為もありますが
窓を開け、外の雨音と冷気を感じながら
パチパチという炭の音と温もりを感じる
この贅沢。
さながら、冬、暖房の効いた部屋でアイスクリームを食す、あの感覚でしょうか。

春火鉢、最高。

by tachigoke400 | 2009-04-25 20:00 | 火鉢  ストーブ | Comments(2)
2009年 04月 24日

通勤強化月間

旧たちごけ人生によると自転車を購入して
通勤に利用しはじめたのが07年の3月下旬。

て、旧たちごけ人生を見返してみると
この次期、CRF150が納車されたり、レーシックをしたりしていたのですね‥
たまに読み返すと楽しいなあ‥


ともあれ、自転車。
週に数回の利用や、出向中まったく乗らない次期などいろいろでしたが
ともあれ、2年が経過しました。
その間、確実に体脂肪は減り、当時21%もあった体脂肪は
15%~16%あたりで安定しています。

ウチの会社はいい加減なようで、妙に厳格なところがありまして
通勤手段を登録しておいて、別の乗り物で通勤することは禁じられています。
それでも、以前は、なんとなく黙認されていたのですが
最近はうるさくなってきて
軽トラを通勤手段として登録していながら
自転車やオートバイで来ると
「支給されるガソリン代を偽った」「事故があったとき、労災認定が‥」
などなど、ともかく、怒られます。

そんなわけで、現在は100%自転車通勤です。
片道23km。
雨だろうが、台風だろうが、雪だろうが、体調が悪かろうが、自転車で来なきゃいけません。
しかも、通勤代は1円たりとも支給されません。
音楽を聴きながら、メシ食いながら、のうのうとクルマで通勤してる輩や
寝ながら電車で通勤してる人たちには、きっちり手当てが出るのに、です。
きっと、このルールを作った人たちは
残業して深夜の帰宅時に、目も開けられないような豪雨の中、幹線道路でペダルを漕ぎ続ける
恐怖や、不安や、みじめな気分を、想像することができなかったんですね。
雨の夜に、誰かが自転車で大きな事故でも起こさない限り
このルールが変わることはないような気がします。
それでも変わらないかもしれませんね
事故を避けることよりも、事故が起きてからの労災認定のほうが大事なようなので。

ちゅーか、厳密なことを言えば
申請してある方法でしか通勤したらダメなんだったら
飲み会がある日に電車で出勤、帰宅したり
同僚に乗せてもらったり、タクシーを使ったり
そういうことも禁止しろよ、と言いたい気分になります。

電車だのトヨタ車だの軽自動車だのガソリン車だのディーゼル車だので
細かく手当てが区分されているわりに、原付も750ccも同額だったり
おかしなことが気になる、ウチの会社の通勤手当。
古臭いこと言わずに、距離一律で手当を決めてくれりゃぁ、いいのに。

よその会社は、どうなんでしょう。


さて。その、自転車。
通勤で利用するくらいのことで、大げさな、と思わないでもなかったですが
やはり、1日50km近く走り、しかも毎日となると
無駄にしてきた、ペダルを引き上げるときの力を
有効に利用してやるべきだと思いまして
e0173145_21122014.jpg

こういうシューズと
e0173145_211381.jpg

こういうペダルを導入してやりました。
結構するのかと思っていましたが
エントリーモデルだと、クツとペダルを合わせても
高めのスニーカーくらいの値段なんですね。
こんなんなら、もっと早くに導入しとけばよかった‥

今日が初乗りで、その効果は歴然。
登りが断然ラクになりましたし
今まで使わなかった筋肉も活用できて、気持ちいいです。

めざせ、細マッチョ。

by tachigoke400 | 2009-04-24 21:15 | 自転車 | Comments(4)
2009年 04月 22日

新緑、新緑

今日は、中部電力の方と
電柱をどこに立てるかの打ち合わせがあったので
有休をもらって、家を見に行ってきました。
この前の土日は見に行ってないので
およそ2週間ぶりです。

e0173145_2220526.jpg

思えば、緑が濃くなってきたものです。
少し前なんて
e0173145_2221214.jpg

こんなんだったのに‥‥

表の材料にかけてある、防水シート
e0173145_22293982.jpg

そこらじゅうに、濃い色の桜の花びらが落ちています。
近所から飛んできたのでしょうか。
山桜っぽいですね。

e0173145_22322058.jpg

これは何の花でしょうか。

e0173145_22332948.jpg

タンポポは、ボクの好きな植物です。
他にも、まあ、いろいろな草花が顔を見せてくれています。
「雑草」という名前の草は無い、と、昭和天皇がおっしゃったそうですが
できるだけ、この土地の生育している植物たちと、仲良く折り合いをつけて
生きていけたらなあ、と、思います。

e0173145_224216.jpg

コケも、いいカンジで生育しています。
集めてやると、いい庭になりそうです。

e0173145_22453319.jpg

木漏れ日。
夏は少しは涼しく過ごせるでしょうか。
e0173145_22415450.jpg

e0173145_22425793.jpg

シダもバンバン生えてきました。
なんとなく、ニュージーランドを連想します。
あちらは、こんなカンジ。
e0173145_2249823.jpg


ああ。

by tachigoke400 | 2009-04-22 22:50 | 家 ワンダーデバイス 建築日誌 | Comments(2)
2009年 04月 20日

モトクロス~BBQ~モトクロス

e0173145_2024249.jpg

最高に、本当に最高にモトクロス日和だった土日、予定どおり
たちごけ夫妻、ヤブ夫妻、ノボル夫妻(予定?)で
美杉のコースに泊まりで遊びに行ってきました。

e0173145_2074647.jpg

キャンプ場といっても通用するほどキャンプに適した環境で
快適かつ快楽的な夜を過ごしました。
e0173145_20254551.jpg


今回、メンバーに初心者が多い上、トレールマシンばかりなので
若干の気後れはありましたが、コースの方のはからいで
昼休みに貸切で練習させてもらいました。
おかげで、ハニマルもヨーコちんも少し慣れることができたみたいでよかったです。
e0173145_201391.jpg

貸切状態なので、女の真剣勝負。
初心者に親切なコースだなあ、と、つくづくありがたいです。
ちなみに、料金は男子3000円、女子2500円なのですが
夫婦だと500円割引という、不思議な料金設定。
恋人同士だと、ダメなんですかね。

土曜日は、台数も少なかったのですが
日曜日は、ずいぶん増えたため、クラス分けを。
65cc以下&初心者クラスと、その他のクラス。
ここの場合、初心者の定義が明確です。
e0173145_20181516.jpg

キャメルジャンプを飛べてしまうと
強制的に初心者を卒業させられてしまうわけです。
e0173145_2020192.jpg

この時点で、初心者とは認めてもらえなくなるわけです。
他のコースにも、こんなふうに明確な初心者の定義があるといいですね。

旧ハニマル号、現ノボルちゃん号
e0173145_20245361.jpg

キレイにお化粧されています。
e0173145_20285121.jpg

楽しそうに乗ってるなー、と、思ったら
気がついたら、飛んでました。
e0173145_20285669.jpg

スノーボードでは、バンバン飛んでるので、慣れるのも早いようです。
早晩、抜かれることでしょう。

回転数は低めなのに、妙に早いKTMがいるなあ、と思ったら
e0173145_20312017.jpg

オッジーさんの525でした。
こんなところで会うなんて‥‥
今年はTBIにはエントリーしてないそうです。

カップルのレクチャータイム
e0173145_2035128.jpg
e0173145_20352391.jpg

ウチはこういう行為は、ありません。

さて。
トリッカー。
e0173145_20384995.jpg

こういうところを走って楽しいか、不安でしたが
結論から言えば、ハニマルのレベルやボクのレベルだと
じゅうぶんに楽しいと言えるものでした。
もちろん、たいして速くもないのですが
マシンなりのスピードで遊んでいるぶんには、結構安定してくれます。

ちなみに、ボクの150でのラップタイムが1分32秒
ハニマルのトリッカーが2分3秒
ヤブさんWRが1分47秒(あとで、もっと速くなってましたが)
ボクとトリッカーが1分43秒

ハニマルでも、飛べるようになったジャンプもありました。
e0173145_20461514.jpg
e0173145_20464063.jpg

モトクロスコースでも、結構遊べます。フルサイズトリッカー。
そのうち、DELTAあたりから、軽量なサイレンサーが出たら
もっと楽しくなりそうです。

ハニマル、唯一かつ、痛恨の転倒で
e0173145_20474373.jpg

シートに破れが‥‥
定額給付金を使って、野口シートにカッコいいの、頼むか‥‥

by tachigoke400 | 2009-04-20 20:51 | オフロードバイク | Comments(2)
2009年 04月 17日

トリッカーは楽しいか

今週末も、3連休。

世間ではGWの16連休が話題だそうですが、季節といい、期間といい
ニュージーランドのトレイルライドにもってこいなカンジだと、妄想してみたり。
TBI用のマシンを仕上げていくイワサキさんや塾長が羨ましかったり‥

さて。
この土日は、先週も行った美杉のモトクロスコースに泊りで行きます。
たちごけ夫妻、ヤブ夫妻、ノボル夫妻予備軍と一緒に、夜のBBQ宴会が主目的となりそうです。
GWの予習、といったところでしょうか。
天気もボチボチなようだし、楽しみです。

ハニマルは今回、初めてトリッカーを土の上に連れ出すわけですが
いかにフルサイズのホイールにトライアルタイヤを履いているとはいえ
ハニマルの職場の面々によると
「そんなんで走ったって楽しくないよ」
だそうですが、はたしてどうでしょう。
「楽しい」の定義づけをやると長くなりそうなので
またの機会にしたいと思いますが
ライダーの腕に見合ったスピードで走って、飛んで、安心できるようだったら
まあ、「楽しい」乗り物だと言えるのではないでしょうか。

確かに、あの、あまりにもプアなサスは
山では都合がいいものの、モトクロスコースでは、ちょっと不安です。
ただ、フルサイズトリッカーて、トレール車の中では一番、トライアルマシンに近いですよね。
で、トライアルマシンでモトクロスコースを走るのって結構楽しめますよね。
と、いうことは、トリッカーでも結構イケるんじゃないか、と‥‥

まるで、ハンバーグと豆腐と豆腐ハンバーグを比べるようなハナシで
詐欺の導入のようになってきましたが
とにかく、トリッカーやセローで美杉に行くんです。
トリッカーやセローでは、怖くて走れない、なんてことになったら
そのときはCRF150RやWR250Rに乗ればいいんです。

ハニマルは、マウンテンバイク(会社から借りてきたらしい)も持っていくと言っていますが‥

by tachigoke400 | 2009-04-17 06:59 | オフロードバイク | Comments(2)
2009年 04月 15日

焼く②

月曜日、ヤブ&ヨーコとしめし合わせて、お寺へ。

きっと、誰も居ないと思ってたら
ウエノ入道さまがやってきて
しっかりヤキを入れられました。

「ヌリカベくん」に対して
近くからターンして登攀を試みる修行。
e0173145_6125764.jpg

できると、次はさらに近くから、となり、しまいには完全に斜めに進入して
ひねり上げながら登ることになります。

コツは、後輪が岩に当たる瞬間に、クラッチを使ってパワーをガチンと当てることと
「登れる」という気になることの2点です。

やがて、無理な近さになり、絶望しますが
NAミヤザワさんも無理っぽかったので、無理も無いです。

とってもいい勉強になりましたが、翌日、カラダがロボロボです。

e0173145_6253836.jpg

ヤブ&ヨーコも、それなりに楽しんで帰ったようですが
そろそろトラ車が必要な様子。
ミズノ号‥‥でしょうか‥



ま、バイクのハナシは置いといて。
今日の本題。
すっかり暖かくなってきて、何を今頃ですが
火鉢、です。
火鉢屋さんという、とても雰囲気のいいサイトで
備長炭と、くぬぎ炭を買い、準備OK。
e0173145_6284018.jpg

菊のような断面の、くぬぎ炭。キレイです。
e0173145_6312780.jpg

中国製の鋳物の五徳。ズッシリです。
e0173145_6324092.jpg

鋳心工房の灰ならし。オシャレです。
e0173145_646917.jpg

火鉢になど、これっぽっちも興味の無いハニマルは
灰ならしで灰をかき混ぜるだけ混ぜて去ってゆきました。

さて。
ホームセンターで買った、高性能だという火おこしを使い、さっそく点火。
5分かそこらで、くぬぎ炭たちが赤くなってきました。

炉に、置いてみます。
e0173145_633307.jpg

うーん。なかなかの盆景‥
備長炭だけだと、最初、なかなか火が続かないようなので
くぬぎ炭とのハイブリッドで備長をサポートします。
ほのかな香りと、燃焼する微かな音に耳をすませ
至福のひとときを楽しみます。 ‥‥ハニマル、頼むからお笑い番組、消してくれ。

ただ焚くだけだともったいないので
もちろん、実用に供します。
e0173145_6401657.jpg

ああ、はやく冬にならないかな‥

by tachigoke400 | 2009-04-15 06:42 | 火鉢  ストーブ | Comments(0)