カテゴリ:水槽( 5 )


2014年 12月 26日

ついに、大型へ

こだわりがあって
中型までにとどめていたわけではなく
なんとなくお金や手間が面倒だな、くらいの感じで
大型には手を出さずに過ごしていました。


でも、このごろは怪我のせいもあって
お金はともかく
時間は潤沢にあるので
ここはいっちょ、大型もいっとくか
という気分になりまして。
e0173145_737125.jpg

もちろん、450や600の軽快さや取り回しの良さ
維持の気軽さは魅力でしたが
やはり1000オーバーの余裕ってのに
憧れもでてきたわけです。



え?

いや。バイクじゃなくて、水槽のハナシです。





夏の初めごろ
金魚を失った悲しみから
つい、飼い始めてしまったナマズ。

最初は、ドジョウみたいなサイズでしたが
このごろは、もう45センチ水槽だと
e0173145_7402425.jpg


「ワシ、窮屈でんねん…」

そうやよなあ…

水を換えても、3日もたたずに水が黄ばむもんなあ。
フィルターでろ過するにしても限界があるし
だいいち、コイツはまだまだ大きくなるし…


そう。半年もたたず、ドジョウくらいのサイズだったのが
もう30センチほどに育ちましたが
この、レッドテールキャットというナマズは無遠慮にデカくなる魚の代表格です。

ペットショップで2000円くらいいとお手軽な値段で売ってますが
気軽に買ってはならない魚の最右翼。




最終的にどこまで大きくなるかわかりませんが
たぶん、70〜90センチくらいでしょうか。
水族館なんかに行くと、メートルオーバーのやつなんかもいますが
まさか普通の飼育環境下ではそこまで大きく育てるのは逆に大変でしょう。


当分は規格水槽として大きめの90センチでも飼育できそうですが
いずれはもっと大きな水槽が必要なのは明白です。
でも、大きな水槽を用意しても
途中で死んでしまったら無駄に終わるしなあ…



と、悶々としていたところに
「傷だらけだけど、大きなアクリル水槽があるけど?!」
というお話しがあり……

うーん。
傷は気にならないけど
大きさが大きすぎるか…?!

でもなあ…


えーい。
もらっちゃえ!


はい。

e0173145_7553532.jpg

1200×600×450

これ、もう大型って言っていいですよね?

熱帯魚屋さんでは大してデカくないサイズですけど
あらためて、自分ちに来ると、威圧されます。


でも、アクリル水槽ってのは好都合。
巨大水槽の水温を保つのに
電気代がかかりますが
ガラスに比べれば、はるかに断熱性が高いです。

何より
レッドテールキャットは暴れん坊で
突進してガラスを割ってしまうことも多いそうですから
割れにくいアクリルは、好都合というより
必須です。





「なあ、なあ、ハニマル、これ2階に置こうや」
「い、イヤだ」
「えー。2階はまだまだスペース余ってるやん」
「イヤ!」
「なんで? 水槽のあるリビング、素敵やん」
「ナマズが一匹泳いでるだけの殺伐とした水槽じゃん」
「(ダイニングにオマエのカメ水槽を置いてるやんけ…)」
「ガレージ内で完結してよね」
「う、うす…」


バイクが減ったとはいえ
さすがにガレージに置くと圧迫感が…
e0173145_842216.jpg

バイク1台分はあるな…
邪魔だ………

しかも水の量が風呂なみにあるから
重量も半端ない…
単純計算では
WR250RとBetaとGAS GASを全部足したのと
同じくらいの重量です。
固定してしまう勇気はないので
ゴッツいキャスターを取り付けて
レイアウト変更に耐えられるように、と。





ちょっとこのままでは
いくらなんでも邪魔すぎるので
ブーツ棚と統合して、補強も入れて、と。

型化した水槽の容量に見合った
濾過器とヒーターを設置して、と。

e0173145_884831.jpg

よし。
共存の可能性が見えてきた。



ああ。いいんじゃないすか。

ガレージで一人
晩酌をたのしみながら
ストーブの火に照らされる巨大魚(予定)をながめる…


どう?
住み心地は?
e0173145_21103149.jpg


「広すぎて落ち着きませんわ」


ははは。
貧乏性だなあ、飼い主に似て。


と、いうわけで遠慮なく
デカくなってくれたまえ。

by tachigoke400 | 2014-12-26 21:20 | 水槽 | Comments(0)
2010年 10月 13日

かわいいんです。フグ

今日、午後
鎖骨のピンを抜く予定のハニマルでしたが
回復が思わしくなく
手術は延期になってしまいました。

この前の、バイク遊びのせいか?!
まさか、ですよね。


------------------------------------------------


ところで。

これまで
ウチの生き物たちを
カワイイ順に並べると

ヒンベエ(イヌ)
シロゴマ(カメ)
クロゴマ(カメ)
ハニマル(ヒト)
キスケ(カメ)
YZ(カメ)
プレコ(サカナ)
たちごけ(ヒト)

と、いったランキングでしたが
2週間ほど前から
e0173145_17582793.jpg

プレコ5匹という殺伐とした水槽に
ニューフェイスを投入しました。
e0173145_17593971.jpg

e0173145_1801752.jpg
e0173145_1802542.jpg

どうです。
この、はかなくも存在感を示す
小さな小さな淡水フグ。
ランキングトップに急浮上です。

最初、5匹いたのですが
数日で、3匹に減ってしまいましたが
その後は、3匹とも順調です。

水槽に寄っただけで
ピヨピヨと近づいてくるフグたちの
カワイイったら…

でも、フグ眺めてニヤニヤしてたら
後ろでヒンベエがワンワン怒ります。

しかたないのです。
この、フグたちの邪念無い瞳…

by tachigoke400 | 2010-10-13 18:09 | 水槽 | Comments(13)
2009年 11月 10日

ミヤギくんからの新築祝い

引っ越してから、約4ヶ月と少し。

エアーコンプレッサーや、エアゲージ
スナップオンのラチェット
日本酒、ワイン、焼酎
などなど
さまざまな新築祝いをいただきました。
みなさま、ありがとうございます。


で、ですね。
さきごろの、エンデューロ仲間飲み会の際
子ゴリラみやぎ夫妻から贈られたお祝いが
e0173145_1817033.jpg

↑この2匹‥‥

「たちごけサン、カメ、好きだと思って!」
「お‥おう、ありがとうございます」
「イエローベリータートルていうそうです」
「へえ、ただのミドリガメとちゃうんやねぇ‥」
「フライパンくらいデカくなるらしいです!」
「‥‥‥」

ちょうど、同じ距離から撮影した
イエローベリーと、シロゴマ&クロゴマの比較

e0173145_18211056.jpg

e0173145_18214143.jpg

‥‥
今は、まさに、「黄色いイチゴ」なサイズですが
そうですか
フライパンですか。

ちなみに、シロゴマとクロゴマは10cmくらいで
もうこれで立派に大人サイズです。

それにしても
e0173145_18234886.jpg

なんという、不敵な表情‥‥
ちょっと、ミヤギくんに似てるかも。




普通。
「たちごけサン、カメ、好きですよね」
と、来たら
カメの柄の茶碗だとか、手ぬぐいだとか、お皿だとか
そういう物品を選ぶでしょうに
直球、ど真ん中ストライク
カメ、そのものを持ってくるあたり
やはり、ミヤギくんは大物です。
さすが、元、高校球児でイイところまで行って
モトクロスは出場3戦(だっけ)にしてNA昇格を果たし
ISDEを目指しているだけのことはあります。

参考:↓子ゴリラミヤギくんの登攀風景
e0173145_18303271.jpg

残念ながら、コースで見せるほどの格好良さは発揮されないようです。



いやー。
それにしても、このカメたち。
カワイイなあ
人見知りしないし。

イエローベリータートル
と、言っても、ピンと来ないかもしれませんが
キバラガメと言うと、みなさん、馴染み深いですよね。

お腹が黄色いのでそういう名前が付いた
ミドリガメの亜種です。
個体によっては、お腹どころが全身がほとんど黄色いモノもあるようです。

さて、名前を付けないといけませんねえ‥‥
2匹の見分けが、ほどんどつかないので
そこらへん、難しいのですが‥

イエロー‥ベリー‥
黄色‥‥

命名
「キスケ」&「YZさん」
わりと、ストレートめに、考えてみました。

ミヤギくん、ありがとう。
大切に育てます。
ミヤギくんが新居を建てた時には
大好きなゴリラを贈りますね。

by tachigoke400 | 2009-11-10 18:43 | 水槽 | Comments(2)
2009年 10月 21日

似ている、らしい‥

ハニマルが言うには
e0173145_549257.jpg

↑ ボクに似ているらしいです。



e0173145_5505022.jpg

↑ ウエノ入道に、似ているそうな。


ん~。

アタマのカタチだけでは‥‥
いや、目つきも、なんとなく‥

by tachigoke400 | 2009-10-21 05:53 | 水槽 | Comments(2)
2009年 07月 27日

オメデタ‥‥ちょっと待って

土曜日は、タンデムの記念バーベキュー


に、行くつもりでしたが
まさに同じ夕方、同僚のクレイモデラーの
イワツボくんの結婚式があり、そちらに顔を出して
幸せのおすそ分けをしてもらって来ました。
e0173145_2034717.jpg

意外にも、瀬戸から金山まで、1時間で行けました。
ちなみに、ウチのすぐ近くにはバス亭がありますが
2時間に1本です。
e0173145_20371370.jpg
e0173145_20375574.jpg

ハニマルは仕事で欠席。
女子多めで楽しかったです。
でも、今頃、みんなバイクの話してんだろーなー
とか思うと、高浜方面が、妙にうらやましかったり。



e0173145_2038307.jpg

ヤブさんとまっちの微妙なボケ具合がお気に入り。


で。

そんな華やいだ土曜日の翌、日曜日の昼下がり
ガレージの照明を取り付けていると、ダイニングからハニマルが
「イトーくん、イトーくん」
と、大きな声を出します。
「?‥‥「どないしたん?」
「オメデタかも‥」





え。

それは、ちょっと、予定外。
家のローン始まったとこやし
もうしばらく働いてもらわな‥‥

しかし、ボクも男子です。
動揺を押し隠して、ダイニングに向かいます。

しかし、そこには
超然として、否定しがたい事実が。

e0173145_20481326.jpg
e0173145_20483825.jpg

な‥なぜ、カブトニオイガメとミシシッピニオイガメの水槽に卵が?!

まあ、カメはニワトリ同様、未受精卵を生むそうですが
冬眠もさせていない環境で、生むんですね。

しかし、本当に未受精卵でしょうか?
と、いうのも、先月、ハニマルが撮影した

e0173145_20522193.jpg

このシーンを見たからです‥‥

交尾っぽいですよね。
種が違うとはいえ、近い種なので、もしかしたら‥
と、思い
とりあえず回収して
e0173145_2054375.jpg

様子を見てみることにします。

どなたか、詳しい方、いらっしゃいます?

by tachigoke400 | 2009-07-27 20:55 | 水槽 | Comments(2)