カテゴリ:オフロードバイク( 279 )


2017年 08月 03日

プロテクション

子供用電動バイクは
かなり子供ゴコロにお気に入りで
でも
とうぜん、バイクですから転倒はつきもの
e0173145_04525369.jpg
転んだとき
運悪く、石がクリティカルヒットしたらしく
おでこを2針縫う怪我をしてしまいました。
アゴはかすり傷。
e0173145_04525399.jpg
やっぱし、次男にも
フルフェイスを買うべきかもしれませんね。



で、怖い思いをしたので
もうバイクは嫌いになったかと思いましたが
べつにそんなふうでもなく
e0173145_04525440.jpg
e0173145_04525466.jpg
次の日には
ケロっとして、また遊んでいました。
e0173145_04525503.jpg
もう抜糸も済んで
傷跡もほぼ目立たなくなりました。







しかし
子供心に、多少は
プロテクションの重要性を学んだのでしょうか


e0173145_04530415.jpg

装甲車みたいになっていました…


by tachigoke400 | 2017-08-03 05:17 | オフロードバイク | Comments(2)
2017年 08月 02日

雑すぎる…

平谷を楽しんだ翌週は
一ヶ月以上ぶりのYZ250Xを楽しむことに。

ツルサトに出かけました。







トラ車に体が馴染んできたなあ
というタイミングでYZ250Xに乗り換えると
これまた、体がついて行かず
四苦八苦…

順応性無いなあ、われながら。






小雨上がりで
コースのグリップはベストなはずなのに
滑る滑る。

なんか変だぞ
ということで
コースの脇で
グルグル基礎練
e0173145_04530504.jpg
ほぼフラットな路面ですが
手前に向かって下り傾斜なので
逆バンクになります。

そこでアクセルワークが雑だと
簡単に滑ってバランスを崩してしまいます。

もう、崩す崩す…

めちゃくちゃ、アクセルワークが雑になっていました。

そうそう、思い出したぞ。
バイクっていうのは、もっと丁寧に乗らないとだ。






同じ2スト250でも
BetaEVOとYZ250Xでは
大違いです。

トラ車は、かなり雑に乗っても
マシンが許容してくれます。
ラフにアクセルを開けても
そうそうリアが滑ることはないし
滑っても、ちょっと戻せばグッとグリップは回復します。
ライダーはマシンに乗っかってさえいれば
どんどん進んでいきます。
トラ車サイコー。

YZ250Xは、そうはいきません。
丁寧に操作しないとすぐに暴れるし
暴れるとすぐに振り落とされそうになります。
いやー、じゃじゃ馬。

て、この前と言ってること逆やんけ!笑



いや、つまりは
トラ車だろうがエンデューロマシンだろうが自転車だろうが
丁寧に操作しないとダメってハナシです…

交互に乗ると
こういう自分のダメさ加減がわかって楽しいですね。







by tachigoke400 | 2017-08-02 05:15 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 07月 26日

平谷完走

2013年以来の平谷ツートラ
ちゃんと完走できました。
順位は50位/124台と
以前と比べてそう変化はありません。
e0173145_09343696.jpg
今回は
ランチコントロールまで
たどりつけるかどーか
と、思っていたので
完走できて嬉しいです。






当初、平谷の前日に出張の予定があったので
当日の早朝現地入りを覚悟していたのですが
たまたま、予定が飛びまして…。

結果的には、そうでなければ
完走はおろか、スタートすらできなかった
今回の平谷でした。



と、いうのも
どうしてもフロントブレーキのタッチが
変なので、パッドを交換したりいろいろやって見た結果

自分ではどうしょうもなくなり
土曜日の午前中にタンデムに行って
中身を総入れ替えする
e0173145_09343679.jpg
ブレーキオーバーホールになってしまいました。
これらのパーツを常に在庫してある
タンデム様サマ!

いやあ、ブレーキがちゃんと効くって、素晴らしい!





んな感じで
昼過ぎから平谷へ向かい
16:30分の受付車検終了の割りとギリギリの時間に滑り込みでセーフ。
ドキドキの車検もアッサリとパス。


寝床の準備。と。

e0173145_09343739.jpg
意外と快適なホテルミニクーパー。


温泉に入って
ライダースミーティング行って
軽く飲んで
寝る。









翌朝は
いつもよりも入念にストレッチをして
スタート台に。
e0173145_09343613.jpg
KONさんと同時スタートです。
光栄だなあ。マジ光栄。






始まってしまえば、いつもの平谷。
トラ車には長いこと乗っていなかったけど
自転車やったりYZに乗ったりしてたし
なんとかなるやろ。









2014年秋の脊椎損傷以降
なんとなくトライアル車で遊ぶことが減ったのは
なかなかうまく説明できないけど
簡単に言うと、「緩慢な動作しかできない」から。
シャドウボクシングの真似事をすると
笑えるくらい、パンチが遅いです。
もう、殴り合いのケンカは誰にも勝てる気がしないし
かといって、走るのも遅いから逃げられません…苦笑。

オヤジ狩りなんてのがまだあったら
早晩、餌食になるでしょう。




自転車は、早く動けないなら、ゆっくり動けばいいだけだし
モトクロスコースを走るのは、速度に対して
そんなに忙しい動作を強いられない。
でも、トライアルマシンに乗るのは
案外、忙しい。

マシンの「イイところ」にライダーが位置して
マシンの邪魔をしなければ、現代のマシンはガンガン走破してくれます。
少なくとも、平谷レベルのセクションに限れば、そうです。
特別なテクニックは不要です。

でも、この「イイところ」に常に位置するのは
トライアルマシンの走るフィールドでは
けっこう難しくて、外すと、トライアルマシンは
トレール以下の走破性になってしまいます。
できるだけ、マシンの邪魔をしないように
チョコチョコっと動くのが
本当に忙しくて、追いつかないんです。
目と脳が追いついても
カラダに信号が行くのが遅れて、ズレるんです。

で、なんとなくトライアルマシンは避けていました。






じゃあ、なんでまた乗り始めたのかというと
明快な答えはなくて
「最近、カラダの反応のズレに慣れてきた気がした」
から。
別に何かの計測をしたわけでも
検査を受けたわけでもないけど
なんとなく。

YZや自転車にで遊んでるうちに
こんな感じなら、トラ車にも乗れるんじゃないか?!
て、気がして。






あとは、左右の神経の回復度合いの違いが原因らしいけど
気をぬくと左に傾いていくのさえ気をつけていれば
オッケー。







と、いうわけで
噂どおり
長く過酷(楽しく)なった1セクまでの移動路を皮切りに
沢を走ったり高原の牧草地を走ったり湿地を走ったり
別荘村を抜けたりしながら変化に富んだ平谷のルートを楽しみました。



感覚的には「あれれ?」と思った瞬間もあったし
ランチコントロール前後で上半身の痺れがでてきて
ちょっと危なかった気もしましたが
まあ、外観上は
わりと普通っぽく乗れてたと思います。

5点も多かったけど、1点2点で抜けたセクションは
昔よりもむしろ増えたかも。





7時間の持ち時間を
3分ほど余らせて、無事オンタイムでゴール

鼻から生えているのは…
e0173145_09343601.jpg
途中、キックペダルの取り付けボルトが緩んで
増し締めしたのに、結局、また落ちてしまい
ランチコントロールの後からは
エンジン始動のたびにキックペダルを
リュックサックのポケットから取り出しては
また収納するという
地味に面倒くさい作業を繰り返しながら帰ってきました。
e0173145_09343757.jpg
後半、さすがに面倒くささから
下見をしないで入ったセクションがありましたが
そういうところできっちり5点になってしまうのがトライアル…
沢の神様は、よく見てらっしゃいます。





そうそう。


途中からずーっと
YZ125やベータのRR2Tや
なんか50ccのエンデューロバイクと
一緒のタイミングで回っていたのですが
この人たちが、なかなか上手で
もう見惚れるばかり。

昔は、エンデューロマシンの参加者って
ちょっとイロモノっぽかったけど(DRZ400とか)
このごろは、かなり腕に覚えのある感じの方がやって来るのか
毎年出ているうちに慣れてきたのでしょうか
上手な人が多い印象でした。


自分、YZで平谷を回るなんて絶対無理ですもん。
軽量でコンパクトなトライアルバイクって
ホントに素敵な乗り物だと思います。









大会前に2回だけ
お山でトライアルマシンで遊んで
いまいちギクシャクした感じでしたが
e0173145_09343872.jpg
平谷で1日乗ったら、さすがに慣れました。笑




今年はトライアルもエンデューロもコンペに出る気はないけれど
お山には、ちょいちょい遊びに行こうっと。


by tachigoke400 | 2017-07-26 13:35 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 07月 14日

ひさびさ 平谷に出てみよう

めちゃめちゃ久しぶりに
トラ車で山遊び。
e0173145_07331628.jpg
2013年以来ですよ、お山に来るのは…苦笑




元気なようで、元気でもない微妙なカラダで
疲れると上半身の痺れが出てきます。
1時間とかのレースはともかく
平谷はさすがに無理だよなあ…

と、思っていましたが
e0173145_07333528.jpg
まあ、ものは試しにエントリーしてみました。
痺れてきたら休めばいいし
リタイヤしたっていいわけだし。






トラ車に乗るのも今年に入って初なので
お山に入ってから
戸惑う戸惑う。

トラ車て、こんなに忙しい乗り物だったっけ?

モトクロスコースを走るのに比べて
いろんな動作が忙しくて
ああ、そうだ
この忙しい動作に絶望して
ケガの後、トラ車から遠ざかっていたんだった…
と、思い出します。





事情は似たような
ヒデさん。
普段はトリッカーマスターですが
この朝、トラ車の中古車を受け取り
初ライド。

トラ車は数年前に手放したモンテッサ以来。



でも
e0173145_07331614.jpg
こんな乗り物、乗れねーよ

なんて言いながらも
華麗に乗りこなしていました。




と、いうわけで
ほとんど練習してないけど
それより心配なのが
マシンの保安部品…

ちゃんと車検通るやろか…

今回は、前日が出張なので
当日の朝入り。
車検はワンチャンスか……


ドキドキ








by tachigoke400 | 2017-07-14 09:35 | オフロードバイク | Comments(2)
2017年 06月 07日

座るのは、あきらめた

このところ
ブログのレイアウトを変更していたのですが
ダートバイクプラスのカリスマ店長さんから

「最近たちごけブログが読みづらいです」

とのお言葉をたまわり
元のレイアウトに戻すことにした
素直なたちごけです。






さて。

e0173145_06124026.jpg
春を満喫すべく
週末には時間を見つけて
ご近所のツルサトに出かけています。

e0173145_06130651.jpg
このごろは、午前中走りに行って
午後は良い家庭人に戻る、というサイクルが
定着してきたような気もします。


当初はおっかなびっくりだったYZ250Xにも
少しは慣れて
e0173145_06130201.jpg
ヘタレ汁もあまり垂れなくなりました。




んが、しかし。

ツルサトのコースは、あいかわらず
楽しいけど手強くて
改修以降、旧ミニコースのテーブルジャンプは
どれ1つとして飛びきれなくなってしまいました…汗





常連のおじさんたちは(ボクも常連のおじさんだけど)
みんな、苦もなく飛び切っていきます。

マシン性能的には似たようなものなので
(というか、2スト250だし)
完全に乗り手の問題です。

追走して車速も同じくらいにしても
やはり、飛び切るには至りません。



理由はあきらかで
ボクはスタンディングのままなのに対し
おじさんたちは、「ちゃんと」座って乗っているからです。

①座ってコーナリングして、座って加速に耐えて
②座ったままジャンプに進入し
③サスペンションをグッと沈め
④フワっと飛んで
⑤ようやくシートから腰が浮き
⑥着地に備える。

かれこれ10年くらい前から
それができない指摘を受けていましたが
あらためて、これはヤバいと感じました。

ボクの場合は、スタンディングフォームのまま
ダラっと反動を吸収してしまうため
飛ぶための力が逃げてしまうのです。



となりのトランポのおじさんに聞いてみると
「だって、立って乗ったらしんどいじゃん」
と、いたって自然体な回答。



よし。

ボクも座って乗るぞ。



決意を新たにコースイン



コーナーが近づいて来る
ブレーキング
ややぎこちなく座る
よし、座って回れたぞ
そのまま座ったまま
ジャンプに……

あかん

こわい。

立ってしまった…






何度やっても
どーしても怖くて
座ったままジャンプに進入できません。

ていうか
ジャンプに限らず
バイクって、座って乗るの難しいやん!

でもイヤダイヤダと言っていても
成長がないので
シッティングで8の字の練習をしたり
努力はしました。
コーナリングは、まあ、座れます。

でも、やっぱし、ジャンプは怖い。



友人たちに聞くと
立つも座るもケースバイケースらしいけど
サスペンションの反動を使うタイミングまで
「我慢」しないといけないらしい。

うーん。

座ったまま、そのタイミングまで
我慢してると、ビビって体が硬直して
むちゃくちゃぎこちないことになるぞー。




しょんぼりしたまま
帰路につき
このまま一生
飛べないおじさんのまま余生を過ごすのかあ
ジャンプできないYZ250Xって…




ん。

まてよ。

自転車はどーなんだ?
アレ、みんな立ったまんま
ビュンビュン飛んでるやんね。

あれを教わりに行こう。



と、いうわけで
翌週は
e0173145_06131408.jpg
おかっぴー先生のスクールに久しぶりに参加。

もちろん、トライアルテク的な「寺子屋」のほうではなく
ダートジャンプ的な「スキルアップライド」のほう。



準備運動して
コーナリングの練習をして
パンプトラックで体を慣らし
いよいよコースで練習。
e0173145_06132533.jpg
エンジンの助けがない自転車だと
飛べないもんは
本当に飛べません。

おかっぴー先生は
幾多の初心者を教えて来ただけに
いくつものダメパターンを熟知しているので
教える引き出しも豊富。

いくつかの的確アドバイスの末
目からウロコのダメポイントを改修

要点は、「いつも自転車の上にきちんと乗る」
という、言葉にすると身もふたもない表現になりますが
これが全然できてないんですね。

でも、おかげさまで
フワっと浮く感じが少し
わかってきましたよ!

先生、すごい。



の、感覚が体に残っているうちに
翌日、ツルサトに行って
試してみました。





おお、飛べた!飛べました。
しかもリラックスできてる。
立ったまんまでもイケるやん!

コースオーナーに
「どーした?いつもツーリングなのに今日はモトクロスみたいだがや」
と、言われてニヤニヤ。

ふふふ。





MTBとモトクロス相互効果ええやん。






なんてやっていたら
自転車のほうでも
e0173145_06134371.jpg
e0173145_06134838.jpg
e0173145_06135384.jpg
まったく浮く気配のなかった
バニーホップで
35センチちょいまで
飛び越えられるようになりました。




うむ。

まさに
「日残りて昏るるにいまだ遠し」
の心境です。





by tachigoke400 | 2017-06-07 07:10 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 04月 28日

鈴鹿にいる…?! 笑

どうやら、我らがヨツバモトちゃんは
今日は鈴鹿サーキットにいるみたいですね…

e0173145_19394882.jpg
e0173145_19395299.jpg
e0173145_19395746.jpg


ふ、不思議すぎる絵ヅラだ。




そうそう。

動画作ってみました。

こんな感じです。




なかなか楽しそうでしょ。




コレ作るのが仕事だっていうのは
なかなかシアワセっす。


by tachigoke400 | 2017-04-28 19:43 | オフロードバイク | Comments(4)
2017年 04月 08日

バイクいろいろ

この前の日曜日に
ハニマルがスラムパークのWEXに参加しました。
90分耐久クラスです。

e0173145_13294269.jpg

いくらゼッケンの色の指定がないとはいえ
赤ベースに黄色文字は恐れ多すぎて普通は使えない……!

ご近所の大会なので、知り合いも多く
ラットガレージやイズミちゃんたちと和気藹々とやっていました。



アウト側バンクを使って
良い感じのスピードで駆け抜けていく
タナカさんのガスガスに対し

e0173145_13463584.jpg

林道ツーリングさながらの
ハニマル

e0173145_13422811.jpg

イズミちゃんも
ライン取りはそんなに変わりません。

e0173145_13463161.jpg
手に入れて間もないKDX125で
さっそく90分クラスに参加するイトーさん

ママ二人と比べると
さらにイン側というか真ん中あたりのラインを取ります。

e0173145_13422480.jpg
こんな風に見比べると
上半身のフォームの違いがわかりやすいですね…

やっぱし、タナカさんのヤル気が感じられます。


んでもって
イン側を攻めすぎたのか!?

e0173145_13482069.jpg



e0173145_13490597.jpg
転んで、ライダーだけ見事な池ポチャを決めてくれた
YZ乗りの方がいらっしゃいました。
温かい日とはいえ、まだ水遊びには早い季節ですよ…







まあ、そんな感じで
10時過ぎにはレースも終わり

e0173145_13300851.jpg

サクっと後片付け


で、直後の40分耐久にエントリーの

e0173145_08204011.jpg
原付コンビのうち
タナカ号がエンジン不調で出走できない感じのトラブル。

うーん。
何が悪かったんだろ。
でも、コースの奥のほうで身動きできなくなるより
良かったような気もします。







11時には帰宅して洗車。

e0173145_13310020.jpg
家族の日曜日は
まだまだこれからです。

いいもんだな、近所のレース。






さて。

日曜日の残りは
先ごろ、発表された
ダートフリークの子供用電動バイク
「ヨツバモト」

e0173145_08201856.jpg
の試作車をテストすべく
裏庭の特設テストコースにてライド。

e0173145_08211365.jpg


e0173145_08212575.jpg
こればっかりは
開発メンバーが自らテストするのは無理があるので
こんな感じでメンバーの子供たちを使ってテストするしかありません。

詳細はそのうちホームページでも立ち上がるでしょうから
そちらに譲りますが

リアのホイルインモーターのおかげで
なかなかのグッドトラクション。

見た目には無理めのスピードで
グリグリ登っていくのが不思議な感じです。

e0173145_08240402.jpg


e0173145_08221394.jpg

ストライダー感覚でサクっと乗れる
電動バイク、良い感じでしょ?

e0173145_08223714.jpg

転んだら、即座に電源がカットされて
後輪への巻き込みも防止。

もちろん、起こしたとたんに走り出す
なんてこともなく
ちゃんと、一回スロットルを全閉まで戻さないと
走り始めないように設定されています。

e0173145_08210830.jpg
スピードも規制できるので
最高速6kmあたりで練習すると

e0173145_08203618.jpg
お家の中でも楽しめます。






てな感じで
自分はあんまし乗っていないけど
それはそれで楽しいバイク人やってます。





そうそう。
今週は九州の全日本モトクロスの開幕戦に
プロトタイプが遠足に行っているみたいですね。


by tachigoke400 | 2017-04-08 09:43 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 03月 14日

新年初ツルサト


今年に入って
初めてツルサトに行きました。

e0173145_03434141.jpg
運営がカーベックさんから
またまた元の安藤さんに戻ったため
しばらくの間、機材整備等で
お休みしていたそうですが
先週あたりからボチボチ再開のようです。




前夜に
イズミちゃんの家で
お雛様エンデューロの打ち上げ⁈的な
飲み会をやって
e0173145_04335424.jpg
恒例の⁈
股下の長さ計測会などを楽しみつつ
楽しく夜を過ごしました。

んで、翌朝は
イズミちゃん家から10分の
我らがパラダイス
ツルサト。
e0173145_03440883.jpg
先週のレースでハニマルと
ゼッケンが続きになってた
ミシェルのTTR125

彼女はバイクは超初心者ですが
なんとなくノリでレースに出ちゃたりして
お雛様を2周もしちゃったツワモノです。



んで、そんなミシェルのパートナーの
ミズタニさんが持ってきた
DJIのドローン!
e0173145_03442015.jpg
うひょー。
カッコいい。

自動で姿勢制御して
その場に静止したり
目標を自動で追尾したり
障害物を感知して避けたり
電池残量が少なくなってきたら
自動で元の位置に戻ってきたりとか
めっちゃ賢くて可愛いヤツです。
e0173145_03443133.jpg
ハニマルもトライ

ういーん。
e0173145_03443966.jpg
飛んだ
e0173145_03445039.jpg
おお
e0173145_03445473.jpg
とんだー
e0173145_03450426.jpg
ぽかーん
e0173145_03450957.jpg
口、あきっぱなしやで。
ハニマルさん。
e0173145_03452100.jpg
撮れる画像も面白いものになるし
とてもキレイだし。
もちろんブレ補正もあるし

こんなもんが原付きよりも安いだなんて
すごい世の中になったもんです。



ほ、ほ、ほ、

欲しい!






久しぶりに走るツルサトは
レイアウトもだいぶ変わって
最初戸惑いました。
e0173145_03453271.jpg


e0173145_03434951.jpg
今まで、ミニコースと言われていた
部分と、本コースの前半部分が
合体して、一つのコースになりました。

本コースの後半部へは
途中の分岐で行けるようになっていますので
気分によってショートとロングを
走りわけるようにレイアウトされています。


相変わらず手強いコースで
全くもって歯が立たないのですが
ほんまに楽しい良いコースです。



そうそう。
ギャラリージャンプというか
いわゆる6連ジャンプは
だいぶ間を埋めて
三連テーブルトップみたいに
なっていたので
ボクらみたいなヘッポコライダーでも
挑戦しやすくなっていて
ありがたいなあ
と、思いました。




下のキッズコースは
レーキでならして
走りやすくしました。
ボクが。笑

ツルサトのこういう雰囲気
好きだなあ。



by tachigoke400 | 2017-03-14 08:49 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 03月 07日

パーク~パークのハシゴ日曜日

日曜日は
雛祭りエンデューロということで

ハニマルは超久しぶりのレースでした。
e0173145_09462030.jpg
お嬢さんから
元お嬢さんまで
ずらっと並んで
なかなか壮観であります。




CRF125F先輩からの
なんらかのアドバイスでしょうか
神妙な面持ちです。
e0173145_09454811.jpg
天気は最高
e0173145_09471387.jpg
ハニマルはアリサちゃんと一緒に
ほぼ最後尾のほうから
e0173145_09471647.jpg
e0173145_09471164.jpg
のんびりスタートでした。







こうしてみると
ライダーに対して
ちょっと小さいかな?
な、CRF125Fですけど
e0173145_09493052.jpg
リターンライダーで
運動不足なオバちゃんにとって

ややこしめな
山の中や
e0173145_09492792.jpg
こんな感じの
段差とか
e0173145_09484330.jpg
やはり
このくらいの車格のマシンが
安心感があるようで

淡々と走っていました。




他にも何台か125Fの
ライダーがいましたが
やはり
山の中でも粘るエンジンを活かして
トコトコ登るスタイルで
こりゃあ乗りやすそうだなあ
と、思いました。

マシン選びは
変に背伸びしなくて正解でした。




山の中のキックで
ちょっと苦労してたかも⁈
なイズミちゃんも
笑顔でゴール。
e0173145_09492536.jpg
YZいいすよね、YZ!



e0173145_09504814.jpg
ハニマルも
途中でコンタクトレンズが外れる
というトラブルがあったものの
無事ゴール。


周回は
トップグループの半分以下で
順位は真ん中の下くらい。

イズミちゃんはハニマルより一周多くて
順位は真ん中くらい。

という90分耐久レースでした、と。

e0173145_09585302.jpg
軽い転倒数回で
外装の慣らしも完了。



午後のラージヒルクラスは
スタートだけ観戦しました。

いつもどおりの
大変そうなレースでした。
スタートの壁
僕はとても一撃で登れる気がしません…
みんななんだかんだで
登っちゃうんだから
たいしたもんです。




レース観戦に飽きた子供たちを連れて
午後はモリコロパークへ。

e0173145_09513343.jpg
スラムパークも
モリコロパークも
どっちも家から15分ていどのパークだけれど
ガラッと客層も世界観も違うパークだこと。

e0173145_09504500.jpg
e0173145_09512875.jpg
じつは
近所に住んでいるけど
ボクはほとんど
モリコロパークに行ったことがなくて
入口の近くの子供遊びのエリアしか知らなかったんですけど、今回は
けっこう奥の方まで進入してみました。

プールや日本庭園なんかがあるんですね。



ジブリ好きとしては
いつか行かなきゃ
と、思いつつ
行っていない
e0173145_09513105.jpg
メイとサツキの家も
外側だけ眺めておきました。

いつか中も遊びに行こうっと。





………

翌、月曜日

レースに出たわけでもないのに
筋肉痛になりました…
子供をずっと肩車したまま
レース観戦してウロウロしていたので
上半身がバキバキ。
夜寝てても
痺れて火照って眠れないし!

脊椎損傷キャリア持ちには
ハードすぎる観戦だったようです。


by tachigoke400 | 2017-03-07 10:00 | オフロードバイク | Comments(0)
2017年 03月 01日

CRF125F始動!

さて、新ハニマル号CRF125F。

ノーマルのままでも
いいといえばいいのですが
操作系くらいは(ハニマルの)好みのものに交換しておきたい
と、いうわけで

ぜひとも交換したいのが、レバー。

手に馴染んでおり、折れないのが嬉しい
いつものピボットレバー
と、いきたいところですが
クラッチ側は、適合がないので
レベーだけではなく、ホルダーごと交換するしかありません。

ブレーキ側は適合があるので問題ありませんが

うーん。
ピボットパーチか…




CRF125Fのようなエントリーバイクに
e0173145_07223197.jpg
こんなイカツいレバーホルダーを入れるのは
いささか抵抗がありますが
しかたありません。
どーせハニマルのお金なので
惜しみなく高級パーツをぶちこむことにしました。

しかし、イッペー氏、はやいとこ
このバイク用の適合を作ったほうがいいんじゃないのか…






そして、これもぜひ交換しておきたい
e0173145_07224265.jpg
ワイドフットペグ。



サスペンションがプアなので
必然的に立って乗ることが多くなりますから
ワイドフットペグの安定感は効果的です。
e0173145_07224406.jpg
ノーマルとくらべると、こんなに違います。
芋けんぴと黒糖かりんとうくらい違いますね。




でもですね。

アフターパーツの会社で働く身としては
こういうパーツの交換需要があることはありがたいのですが
メーカーがわざわざナローなフットペグで発売してくるのって
なんでなんでしょうかね。

コストといえばコストなんでしょうけど
同一部品を大量生産できるスケールメリットを活かせば
コストを抑えてワイドフットペグを標準装備できそうな気もするのですが。




まあ、いいや。

で、転んだらすぐに曲がるという噂のハンドルバーは
ZETAのミニレーサー用Highに交換。
e0173145_07224697.jpg
純正よりも10mm程度低くなってしまいますが
どんなもんでしょうか。

もしも高くしたいとなると
クランプごと交換するしかないようです…





あとは、ハンドガード。
e0173145_07223325.jpg
ボクはハンドガードを使わなくなって久しいのですが
JNCCとかWEXに出るとなると
規則で必要らしいので
軽いのを付けておきます。





そして、最後にコレ。
e0173145_07222985.jpg
吸気ダクトを取り外してみます。

先週、借り物に乗ったときに
なんか息苦しそうな印象だったので
試しに外して様子を見てみることにします。








と、いうわけで
いつものスラムパークに連れ出して
e0173145_07225904.jpg
慣らし運転といきますか。

ちなみに、ハニマルは寝坊したので
ボクだけでやってきました。

ハニマルはエンジンも気温も暖まった
昼前に来ました。







新車ならではの
エンジンかけた直後の
なんかいろんな油脂類がモクモク煙をあげるのを眺めて
ニヤニヤ。

エンジンがちょっとボコつくような…
ダクトを外したからか
新車だからか…



ポトポトポト…
和み系の排気音に癒されます。




人間のほうも入念にストレッチをして
さーて、乗ってみますか!

トレールコースにイン。

近ごろは、ここのトレールコースも
けっこうファンがついたとみえて
日によってはけっこうな台数がいますが
この日の朝はまだボクだけでした。
貸切りイエーイ。




数周走ってエンジンが暖まったと見えて
最初に感じたボコつきは無くなりました。


新車のせいか、吸気ダクトを外したせいか
先週よりも低回転でチカラが増してまして
先週はギアチェジが必要だったところが
3速のままでも回れるようになりました。

いいねえ、いいねえ。
e0173145_07230446.jpg

うーん
楽しいわ、このバイク

パワー無いし、サスも頼りないけど
重心が低くて軽いというそれだけで
こんなにファンな気分にさせられるなんて。

周囲の某IBライダーや
某MTBの元プロライダーが
そろって「楽しい良いマシンだ!」
と、言って所有してるのが納得です。

バイクがちょっと足りない分
ラインどりとかフォームとかを工夫して走るのが楽しくて
トレールコースをずーっとグルグルしていられます。
というか、トレールコースとの相性バッチリすぎ。

e0173145_07230102.jpg


うーん。
カワイイ。
ペロペロしちゃいたい。
食べちゃいたい。





昼前にやってきた
持ち主のハニマルも
もちろんお気に入り。
e0173145_07232068.jpg
フラットな円旋回が
まあ、楽しいこと楽しいこと。


週末のひなまつりエンデューロで
ボロボロになるのかと思うと
バイクが不憫で不憫で……泣










クマに食べられる!
あぶない、CRF逃げて!
e0173145_07233735.jpg
手つきがまさに
気の洞穴をまさぐるクマ
e0173145_07233408.jpg
そんなところに美味しいものは
入ってませんから。







なんか知らんけど
MASAさんも気に入ったようです。
e0173145_07232535.jpg
ほな。


by tachigoke400 | 2017-03-01 09:42 | オフロードバイク | Comments(0)