カテゴリ:ヤマハ ブロンコ( 10 )


2015年 07月 03日

いま、中高年の間でブロンコがアツい⁈

先週の土曜日、ゴールデンウィーク以来久しぶりにバイクで遊びに行きました。
場所も同じ、長野のスターライトフォレストなみあい。

通常のコースとだいぶ雰囲気が違って
いわば、お山遊びを合法的にお金を出してやるんじゃい、的なコースなので
好きな人はハマるでしょうし、ツラい人には何の罰ゲームだ、てなるみたいですね。
ボクは好きなコースです。
※WR250Rで楽しめる自信はありませんが……


今回は、土日の貸切イベントで
北陸にカリスマエンデューロオバちゃんが声かけをして
全国から集まったお山系ライダーや、そうでもないライダーが
スタッフ、参加者合わせて延べ100人近い走行会になったそうです。
ボクは、土曜日だけしか参加できませんでしたが。

イベントの内容や感想みたいのは
けっこうあちこちのブログに出てるので割愛しますが
ホント、みんな上手い。
プチ金子さんみたいな人がゴロゴロいるもんなんですね。

前回行ったときは、ジャイアンが先導してくれて
かなりの変態度合いを見せつけてくれたのですが
今回も、ボクらのグループを先導してくれたのは
e0173145_06112713.jpg
FXじゃないYZ。しんがりはCRF。
どっちもモトクロッサーですやん。
それで、こんな沢をゴリゴリ登って行くんですから
脱帽です。
ここのスタッフの変態ラインナップの充実ぶりったら。
e0173145_06112894.jpg
ホント、ここはスタッフ込みで面白いコースですから
ちょいと腕に覚えのあるお山ライダーは、ぜひ遊びに行ってみてください。


WR250Rでは行きたくないと書いたけど
やっぱし、どんなもんか今度自走で遊びに行こうかな。





さて。
マンガ凸凹が2巻で完結し、グラビアアイドルを対談しちゃったり
なにかと楽しそうな、きらたかしセンセ。
e0173145_06113060.jpg
去年の爺ヶ岳のイベント以来、久しぶりにお会いできました。

現役のプロ漫画家さんで、こんなに真面目にバイクで遊んでる人
あんましいないんじゃないですか。


リクルスとゲコタの威力もあって
岩場もグリグリ登ってきます。

どーすか、センセ?
e0173145_06113135.jpg

「いやあ。なんか知らないけど、バイクがすぐエンストしちゃう」


ほんと、調子悪そうで
エンジンが温まると、プスンと止まる時がありますね。

ドクターナカジマによると、水温センサーか、ECUか?
なんにせよ、ちょっと具合悪いはハスクなんです。


今度のWEX爺ヶ岳や9月の日高3デイズエンデューロの参加について
ハスクバーナじゃなくて、いっそブロンコで出てしまおうか。

なんて、言ってました。

おお、ブロンコで爺ヶ岳ですか!
これは異色でいいですね。

そーかー。




折しもいま
一台の可憐なブロンコが
ウメボシみたいなオッサンを上に乗せて
e0173145_06113221.jpg
e0173145_06113289.jpg
北海道経由、サハリンの大地を走っています。
そう。

エントリーリストをみても
大陸弾道弾的な大排気量アドベンチャーマシンばかりの中に
チョコンと混じるブロンコの姿は、異彩を放っていることでしょう。



いいなあ。ブロンコでサハリンかあ……



え?
ボクのブロンコ?

ああ。
いろんな人の手を渡って
e0173145_06112746.jpg
けっこういい値段で取引されて
新しい人生を歩んでいるみたいですね。


また、どこかのお山で再開できるかなあ。


by tachigoke400 | 2015-07-03 06:34 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2015年 06月 16日

嗚呼、なつかしのブロン子…

おおこれは
まさしく去年、生き別れになった(笑)我がブロンコ!
e0173145_06022653.jpg
オフでもかなり遊べるキュートなスクランブラー。
バックステップとハイスロットルでご機嫌なヤツです。

なかなかお値打ちだなあ…

いっそ買い戻して…
イヤイヤ、それはイカン。


どんな人が買うんだろ。


by tachigoke400 | 2015-06-16 06:10 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 05月 24日

ブロンコ受難

どうもこのごろ、いけません。

昨年末にGL400を盗難されたあたりから
どうも、バイク関係、いけてません。


先月、通勤中にブロンコの電気関係のトラブルで
レッカーサービスのお世話になり
部内会議をすっぽかすハメになったばかりだというのに

今度は、出張に出向く道中
ブロンコねえさんのエンジンが

カタカタ、カキン

と、停止。



焼き付いた!?


このごろ、オイルの減りも早いし
そろそろピストンリングくらいは交換しないとな
と、思っていた矢先だったので
まさか、というより
やっぱりか、という気分。


ハイスロットルにして以来
全開率がグッと増えてるもんなあ……



幸いな事に、すぐに上司が通りがかって
拾ってもらったので
仕事的な穴は開けずにすみましたが
かねてより
ボロいバイクで通勤していることへの
苦言があっただけに
ほれみたことか、的なニガい空気が……

上司:「通勤車両、軽自動車とかビッグスクーターでも買えば?」
たち:「………(やっぱ、ポーターキャブか……)」



仕事を終え、帰宅後
子供を風呂に入れ、寝かしつけてから
深夜にブロンコを回収に。
e0173145_4561835.jpg

コンビニのおねーさん
おかさせといてもらってありがとさんです。





さて。
なかなか時間がとれず
数日開いてしまいましたが
e0173145_503859.jpg

e0173145_50515.jpg

どんなもんじゃい?




おや?
e0173145_512435.jpg

e0173145_514251.jpg

e0173145_52835.jpg

シリンダーもピストンも
それなりにヤレてるしカーボンの堆積もあるけど
焼き付いた、とかそんな物騒な感じではありませんね。


かわりに
コンロッドの下部が
e0173145_535444.jpg

カッチカチ。

力任せに、ふん!
と動かすと、カコン
と、動くようになり、以後
スコスコ動くようになりました。

ガタもあるようだし
ここらへんが怪しいなあ…

ベアリング?!


とにかく、
エンジン腰下を開けるような修理になると
自分ちでやる自信はありませんから
こんどタンデムに持って行って
教えてもらいながら(←罵倒されながらと同義)
作業しよ。






と、なると
当面の通勤車両が問題です。
e0173145_510648.jpg

ウチの会社はトヨタ幕府の親藩ですから
外様のカゴで登城すると
通勤ガソリン代が自腹です。

ボクの通勤は往復70kmあるので
リッター10kmのミニで通うと
半月で1万円ちょいの出費になります。

これは、痛い。



そして、普段
気楽なバイク通勤の身としては
もうクルマ通勤の息苦しさには戻れない。



と、なると

ウチのガレージには
バイクが数台ありますが
ブロンコ以外は
ナンバー無しのKTMと
トライアルマシンが3台(ナンバーあり)

でも、混合給油のトライアルレーサーを通勤に使うのは
面倒だし、だいいち
もったいない。



と、なると、実家(兵庫)から
e0173145_5151013.jpg

ズーマーを借りてくるか…?

でも、4スト50ccじゃ
さすがに不安か……?



そして案外
交遊関係には
ナンバー付きのバイクを持っていて
しかも普段乗っていない
という知人が少ないことに気づきます…




あ、でもご近所さんに
いた!

妊婦だから、確実に乗ってないよな。
ぐへへへ。

借りに行こう……

by tachigoke400 | 2014-05-24 05:19 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 04月 01日

HIDランプ

ブロンコにはH4のハロゲンランプ55Wが付いていて
e0173145_22124283.jpg

暗くてどうしょうもない
と、いうことはないのですが

だんだん、クルマのHIDランプが普及してきて
相対的に暗く感じます。

とくに、ミニバンや軽自動車でも
バンバン明るいHIDランプを装着しているので
夜道でそういうのに後ろに付かれると
後方からの光線で自分の陰ができてしまい
実に見づらくてしかたありません。

もちろん、雨の日も
ちょっと見づらいです。



また、通勤ダートも
普段は人の気配の少ないルートですが
暖かくなってくると
夜間でも、散歩やジョギング
そして
いろんな事情もあるのでしょう
若い学生のカップルとかが
橋の下でイチャイチャしていたりして
ボクも、まさかそんな時間にそんなところに
人がいるとはビックリですし
彼らも、まさか、夜中のそんな場所を
バイクが走ってくるとは思っていないでしょうから
お互い、ビックリです。



そういう不幸な遭遇は
できれば回避したいので
ボクもHIDランプを導入することにしました。





このごろは、値段もかなり安いのもありますが
あんまし安いのも信用ならんので
ボチボチのところで1万5千円くらいのランプユニットにしました。
e0173145_22225563.jpg

通常は55Wのハロゲンに対して
35WのHIDを入れるみたいですが
省エネには興味ないので、55WのHIDをぶち込むことにしました。

HIDといえば
「闇夜を切り裂く青白い閃光」
みたいなキャッチフレーズが売りですが

レトロ調なブロンコに青白い閃光もなかろう

e0173145_22271052.jpg

色温度4300ケルビンという
わりと暖色寄りのを注文したら
めずらしい注文だったようで半月以上納期を待たされました。



それにしても、けっこうゴチャゴチャしてやがります。
e0173145_22292961.jpg

e0173145_22323829.jpg


バルブも、ハロゲンバルブと比べて
けっこう長いですね。
e0173145_2230187.jpg

ギリギリ、ランプ内におさまりました。



問題は、コントロールユニットだの
バラストだのといった補機類を
シート下に収納しようとした場合の
窮屈なこと!
e0173145_2233928.jpg

うーん。
おさまらん!


無理になんとかおさめてみたけど
e0173145_22334817.jpg

吸気口を塞いどるがな!



頑張って、配線を整理
そして
不要なステーの除去
さらに
e0173145_22344345.jpg

ちょっとした出っ張りを、切断してスペースを作り
なんとか
e0173145_22352280.jpg

おさまりそうな気配。




ハロゲンとHIDの比較…

ハロゲン

e0173145_22363824.jpg



HID

e0173145_22372443.jpg



シャッタースピードと露出は同じ条件で撮影。

うーん。微妙に明るい?!




期待したほどでもないな。
と思いましたが

通勤で使ってみると
さすが、なるほど
コイツは明るい!


もうこれで、暗闇の茂みに隠れるカップルを見逃さないですみそうです!

by tachigoke400 | 2014-04-01 22:41 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 03月 06日

ブロンコ イメチェン

先日、ガレージとキッチンをグリーンに塗ったところ
なかなか好評なので(ハニマルに)
余ったペンキで、トイレも塗ってやりました。
e0173145_23223917.jpg

ついでに、ここ10年ほどの年賀状をディスプレイ。
全部は残っていないので、あるやつだけ。
e0173145_23234127.jpg

e0173145_23235995.jpg




で。
つい、色塗りに興が乗ってきたついでに
ブロンコちゃんを、ジーっとみつめる。
e0173145_233138.jpg

んー。

まあ、このままでも
なかなかステキだけれど

んー。
ボク的には、キミは、黒タイツが似合うような気がするアルよ。
e0173145_23403348.jpg


それに、そのキミのタンクは
ちょっと、太めに見えて、損をしていますよね。
e0173145_23412162.jpg




と、いうわけで、レッツ塗装。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はそれますけど、このセロー225系のマシンて
前輪をリフトアップするのって
なんか不安定なことないですか?
e0173145_23422870.jpg

こういうスタンドで安定させてますけど
なんかもっと楽ないい方法ないかなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



脱がした脚を
ガーっと磨いて、錆を落としていきます。
e0173145_23461945.jpg

アルマイトが剥げて
金属光沢が出てきました。
e0173145_23465948.jpg

おや。
これはこれで美しいぞう。

この金属光沢を活かしながら
黒くするには

そうだ。

ブルーイングというやつだ。
e0173145_23484610.jpg

以前、GL400に使おうと思って買った薬液。
ポイズンて、書いてあるなあ。

アルミを黒く錆びさせることによって
青黒く表面処理をするもので
銃やゴルフクラブなんかに施される技法のようです。

塗装ではなく、酸化で
金属本来の光沢や味わいを残したまま
黒く染めて、かつ、錆の進行を止めるそうです。

どれどれ。

ためしに、ちょっと刷毛で塗ってみると
e0173145_2352318.jpg

瞬時に黒く変色。

これは、いいんじゃないか。

と、アルマイトをガーっと削って
本格的に施工。


て。

あれ。

ずいぶんムラムラに…泣
e0173145_23185814.jpg

面積広い所には向いてないのか?
それとも、アルマイト剥がしが足りないのか?

ちょっと、ブルーイングについては、要研究ですな。



ま、しゃーないので
今回は、艶消し黒をさーっとスプレー
e0173145_23215486.jpg

でも、片側やったところで、スプレーが切れてしまいました。
しかし、このとき、飲酒していたので
買いに行くわけにもゆかず
やむなく
もう反対側は、黒ペンキを刷毛塗り。

グダグダです。



タンクキャップは、GL同様
赤く塗装。
e0173145_2323465.jpg

んでもって、タンクも
GLと同じ
e0173145_23245992.jpg

サフグレーにセンターを白。

ところが
塗ってるところでにわか雨
e0173145_23283439.jpg

うおう。

ブツブツになってしまいました。
でも、酔ってるので
細かい事は気にしません。


うん。
日の丸カラーだ。
e0173145_23292938.jpg




脚も、このとおり
e0173145_2330428.jpg

シックな黒ストに。


タンクサイドは、ちょっと締まりがないので
e0173145_23304994.jpg

e0173145_23344315.jpg

黒でシメとくか。


うん。
仕上がりは酔っぱらい品質だけど
まあ、イメージ変わったな、オマエ。
e0173145_2336222.jpg






次は、Gulfカラーなんかも
かわいいかな。

by tachigoke400 | 2014-03-06 23:38 | ヤマハ ブロンコ | Comments(2)
2014年 02月 05日

地味カスタム

ブロンコに、ちょいとアレンジを加えてみました。
e0173145_18403195.jpg

写真で伝わるでしょうか。

……伝わるわけないですね。

まあ、ミラーを新調したのは、置いといて。

じつは
スロットルボディを新調したのです。

と、いうのも
ブロンコ=セロー225のスロットルは
マイルドさ重視で
かなりスローなスロットルカムです。
e0173145_18443115.jpg

e0173145_18444610.jpg

全閉から全開まで
およそ90度もあります。

もちろん、全開でブンブン走るようなマシンではありませんから
それはそれでいいのでしょうけど
ただでさえ、小排気量でパワーがありませんから
あるものはなるだけ使いたいのが人情です。

ノーマルのスロットルでは
全開にしようとすると
握りなおす必要があります。

ブレーキレバーを調整して下げて
深く握ってみたり、ハンドルバーを短めにして
横から握るようにしてみたり
いろいろ試してみましtが
やはり、握りなおす他ないようです。

パワーがモリモリ出るハイパワーマシンならまだしも
かなり穏やかなエンジン特性のバイクですし
別に、これでトライアルの真似事をするつもりもありませんから
あまり繊細なスロットルワークは、ボクには必要ありません。


さて。

と、いって
ZETAのアルミスロットルのハイスロットルは
このブロンコの一本引きには対応していません。

なんか、いい手はないかなあ

と、セローのことなら何でも知ってる
タンデムの大将に相談すると
ランツァのスロットルボディに
DT125のスロットルチューブを組み合わせると
ちょうど良いハイスロが出来上がるとのこと。

総額3200円。



もちろん、さっそく発注しました。


ふむふむ。
ほほう。
e0173145_18531938.jpg

コイツは、けっこう大きさ違いますね。
いかにもハイスロになりそうです。


で、組んでみて。
e0173145_1854758.jpg

e0173145_18542553.jpg

全閉から全開まで75度くらいになりました。
これは、ウチのモトクロッサーのKTMよりも
ハイスロになってしまいました。

とうぜん、スロットルが若干重めになりますが
ぜんぜん許容範囲。





さっそく通勤で使用してみました。
普段どおりな感じで乗ってみると
モリモリとパワーが出てきます。
そりゃ、アクセル開度が違うから当然ですけど。
いつも、乗用車たちに
ブンブン抜かれて切ない思いをする
グリーンロードも、ストレスなく
交通の流れに乗ることができます。

こりゃあ、いい。

車両性能的には
何一つ向上していませんが
体感性能はグっとアップしました。

なんていう、コストパフォーマンスの良いアレンジ。




もちろん、いかに小排気量マシンとはいえ
公道でむやみに全開にするものではありません。

でも
河川敷ダートでは
楽しさ満開。


また一つ
ブロンコと仲良くなれました。

by tachigoke400 | 2014-02-05 04:38 | ヤマハ ブロンコ | Comments(5)
2014年 01月 27日

通勤の悩みを、とりあえず解決?!

2012年のSSDTで、運を使い果たしてしまったのでしょうか。

それ以降、通勤でのパンクの発生率がグンと上がりました。
と、いうか、それまでバイク通勤で
パンクなどしたことはなかったのですが
同じ通勤路で、2012年~13年春にかけて
ほぼ毎月のペースでパンクをしていました。

空気圧は日によって違いますが
0.8~1.2くらいで
リム打ちによるものではありません。

パンクの原因はいつもハッキリしていて
クギや鉄片などを踏んで
チューブに穴や裂け目ができています。

トライアルタイヤは柔らかいので
もしかしたら、そういう異物がムニュっと刺さりやすいのかもしれませんが
12年以前も、もちろん、同じトライアルタイヤでしたし
もっと以前は、DRZ400にトライアルタイヤを履いて
同じ通勤路でした。

また、GL400の通勤の際は
基本的に100%アスファルト通勤で
パンクは0回でした。

やはり、河原のダートに
クギだの鉄片だのが落ちているのでしょうか。







クリスマス前に、GL400を盗難されてしまったため
今年から、再びブロンコ通勤なわけですが
先日、さっそく会社近くでパンクをしてしまいました。


本当に会社まで目と鼻の先だったので
とりあえず、パンクしたまま
ユラユラと駐輪場まで行き
できれば明るいうちに修理してしまいたかったので
オフィスに向かう前に、修理しました。

その日は、たまたま
朝イチでの会議や検討会が無かったため
支障をきたしませんでしたが
こう見えても、いわゆる社畜というヤツなので
遅れるわけにはいかない日や
出張もあります。

そうそうパンクしてるわけにもいきません。






そこで。


あんまり、こういうのは入れたくなかったんですけど
e0173145_2251598.jpg

パンク防止剤を入れることにしました。

タイヤの中に注入する
ゼリーというか、スライム状の液体で
クギなどが刺さって穴が開いた場合
遠心力と不圧で患部に吸い出され
そのまま硬化して穴をふさぐというものです。

3mm程度の穴までカバーしてくれると書いてあります。



遠心力で、タイヤの外側に流れて張り付いているので
リム打ちや、異物の貫通などで
リム側に穴が開いたときや
チューブレスタイヤで、サイドウォールに亀裂が生じたときなどは
効果を発揮できそうにありません。

また、いざパンクした際
この防止剤のせいで
パンク修理パッチの接着が弱くなる
などの弊害もあるようです。




でも、ま。

他にいい手を思いつかなかったので
ここは、一発
ドクっと、注入!
e0173145_22575175.jpg

前後輪にそれぞれ250ccずつくらい使用します。

意外と粘性があるので
ギューギュー絞って
ドクドク入れます。



おっと。
飛んだ。
e0173145_22591877.jpg

ベットリ。


……なんか、エロいな………




さー。これで、パンクは減るのでしょうかねえ。

by tachigoke400 | 2014-01-27 23:01 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 01月 25日

ヨネちゃんへ私信

拝啓、ヨネちゃん。


貴兄が、ボロボロのブロンコを手に入れたと聞きました。
喜ばしいかぎりです。




写真を拝見したかぎり
とても
e0173145_10201149.jpg

e0173145_10202161.jpg

とても
やんちゃで元気そうなブロンコで
全オーナーが、「大切に」乗られていた様子がよく伺えます。

喜ばしいかぎりです。





さて。

貴兄のブロンコですが
おそらく、キャンプや旅の足として
これからどんどん活躍してくれることでしょう。


ブロンコライダーの先達として
僭越ながら、ここで幾つかのアドバイスを差し上げたいとおもいます。







キャンプ場などへのアクセスは
このごろは随分と道もよくなり
ファミリーミニバンでも踏み入れることができることろも
随分と増えたようですが
まだまだ、日本のキャンプ場へのアクセス路といえば
e0173145_1026635.jpg

e0173145_10263167.jpg

このような局面に出くわすことも
多いかと存じます。

貴兄のボロンコでは
失礼ながら、いささか心もとないと考えます。





ブロンコのアレンジといっても
某カリスマライダーの真似をして
e0173145_10342524.jpg

e0173145_10344295.jpg

外観をアレコレ手をつけはじめると
なかなかまとまるところがまとまりません。
こういうことは、カリスマライダーだから許される行為です。

まずは、純正の状態に戻すところからはじめましょう。


また、走破性と言いましても
ブロンコは多くの部品がセロー225と互換性を持つため
ついつい、セローのものを過度に移植してしまいがちですが
スイングアームやリアディスクブレーキ
フロントフォークなどまでも
セローのものに換え初めてしまうと
本末転倒。

もはや、最初からセローを買って
ブロンコの外装を付けたほうが早かった
などということになってしまいますから
紳士たるもの
ものごとの加減はわきまえたいものです。








前置きが長くなってしまいました。
本題に入ります。




まず、日本は雨が多うございますから
フロントフェンダーは必要でしょう。
純正の鉄製のフェンダーは、実に重厚で美しく
ハンドリングを犠牲にするもやむなし。
ぜひ、導入するべきです。



また
エアフィルターがむき出しというのは
紳士として、たしなみのないことであるとされます。
きちんとフィルターボックスを取り付けて
バッテリーも取り付けた方が
旅の道具としての信頼性があがることでしょう。

……いえ。
けして貴兄の脚の長さを考えて、キックだけではツラいだろう
などと考えてはおりません。はい。




マフラーも、そのままでは
渡河の際など不安でしょうし
岩などに接触してしまう可能性も高いので
純正のものに戻しましょう。




さて。

これから言うことは
楽しいブロンコライフの上で
とてもとても大切なことです。

よく聞いてください。



まず、ハンドル。
当家のブロンコも、貴兄のものとよく似た
e0173145_10514954.jpg

オシャレなハンドルバーが付いておりましたが
紳士たるもの
質実剛健を旨とすべきです。
e0173145_10524295.jpg

早々に、ストレートに近いアルミバーに交換せねばなりません。
会わせて、その樽型のオシャレなグリップでは
いざというときに力が入りませんから
もっと細身のものが好ましいかと思います。





そして、タイヤです。

愛知県の条例によると
セロー、トリッカー、ブロンコ等の車両には
e0173145_10551778.jpg

井上ゴム工業製のツーリストというタイヤの装着が義務付けられています。
そのためには、前輪を19インチのホイールから
21インチのホイールに交換する必要があります。

オークションなどで、安価に手に入ると思いますので
すぐに手配してください。




前輪サイズを大きくすることによって
車両姿勢がリア下がりになってしまい
メーカーの意図するキャスター角度が変化してしまいます。
姿勢を適正に保つため
e0173145_111760.jpg

リアのショックをセロー225のものに交換してあげてください。
格段に乗り心地も快適になると思います。
初期型のものが安価で出回っているので
とりあえず、そのようなものでも充分だと思います。





そして、とても大切だけれど
案外見落としがちな
e0173145_1123742.jpg

フットペグ。

ブロンコのものは
前よりに位置していますが
セローのものは
e0173145_1132522.jpg

かなり後に位置します。

後輪のトラクションを感じる上でも
危急に際してフロントを勃てねばならないときにも
とても有効ですから
e0173145_115193.jpg

シフトのリンケージと合わせて
交換してあげてください。

そうそう。
フットペグには、もう一点、注意点があります。
純正のセローのペグのサイズは
あまりに矮小で日本人的なので
海外に出た際、婦女子に笑われてしまいます。
e0173145_1161816.jpg

e0173145_1162716.jpg

このように、極太でカリ高なブラックペグにアレンジして
大和魂をアピールできるようにしてください。






ここからは
優先度が多少低く、緊急性のない話です。


リアのスプロケットですが
e0173145_1114289.jpg

大きなものに交換して
悪路でのトルクやトラクションを稼ぐということは
とても有効です。

しかし、ボクは、個人的には
最高速の低下と燃費の低下
また、もともと悪路でもやや高いギアを選択するライディングスタイルのため
現在はノーマルのギア比に戻しています。
ちなみに、セローとブロンコでは
1速のギア比が違っていて
セローのほうがローギアに設定されています。

賛否ありますが、ボクはブロンコのクロスしたギア比のほうが
乗りやすく好ましいと考えます。




そして、レバー。
e0173145_11193628.jpg

紳士たるもの、行為の最中の中折れは
恥ずべき事態です。

可倒式のレバーにしておくと良いでしょう。
高価なものですが
まず折れないという安心感と
調整範囲の自由度などを考えると
コストに見合ったものだと思います。





外装品は
ブロンコの個性といえますので
できるだけ純正のものを使用したほうが良いかとおもいますが
やはり、軽くできるならば軽くしたいのが人情ですので
e0173145_11231840.jpg

タンデムステップなどは(どうせタンデムをする相手もいないでしょうし)
取り去ってしまっても良いでしょう。

メーター類も、もっと小ぶりで粋なものに交換をオススメします。




以上、おもいつくままに
つらつらと書き連ねました。
貴兄のブロンコライフの一助になれば幸いです。




では。
一緒に野山を駆ける日を
こころよりお待ちいたしております。
e0173145_10305053.jpg

敬具

by tachigoke400 | 2014-01-25 11:32 | ヤマハ ブロンコ | Comments(0)
2014年 01月 16日

通勤はエンターテイメントたるべき

自宅が職場ですとか
仕事してないですとか
そういう人もいるでしょうけど
かなり多くの人が
毎日、通勤とか通学とかで
朝夕の時間を過ごしますよね。


距離や時間の長短はあれど
基本的に毎日のことなので
できれば、楽しいにこしたことはありません。




ボクの通勤は
片道35kmちょい
1時間弱
といったところで
幸いにして、渋滞も無く快適な通勤です。


往復で、1日2時間を過ごすことを思うと
たかが通勤と、ないがしろにはできません。
冴えない車両に
ガマンして乗って良い時間でも距離でもありません。
じつに
毎日の差料というのは
男子のなんたるかを具現します。





GL400での通勤ライフを
盗難というカタチで唐突に終えさせられたボクは
ふたたびブロンコを買い戻し
新年からの通勤に使用しているのですが
e0173145_23173295.jpg

どうにも、このメーターとインジケータの辛気臭いこと。

これを毎日見るのも苦痛なので
GL400からたまたま取り外していて
盗難をまぬがれた
e0173145_2319223.jpg

デイトナのメーターに交換。

色といい、文字盤のフォントといい
ブロンコによく似合うと思います。


あとは、半年前に売却した際
オーナーのタナカトオル氏が
スレンダー美人な奥様とのタンデムライフを夢見て
どうしても付けてくれと言った
チャラいタンデムステップも
e0173145_2322555.jpg

取り払ってスッキリ。

タンデムライドする相手なんていませんから(泣)





もちろん、ブロンコが帰ってきた以上
通勤の足回りは
e0173145_23235054.jpg

かれこれ10年来の付き合いの
アルパインスターのテック6。


通勤ルートの約3分の1が
河川敷のダートロードですから
e0173145_23251849.jpg

遊ぼうと思えば
けっこう、遊べます。


とある河原に
2011年の夏ごろから
草むらを分けて
8の字練習用のトラックを作ったのですが
さすがに、GL通勤の半年の間には
草むらに還ってしまっているだろう
と、思っていたのですが
新年明けて、通ってみたら
草むらに還るどころか
拡張しているではありませんか。


他のライダーが走っているのかな。
とも思いましたが
最近、真相がわかりました。

同じ会社の設計部署の人が
時折、朝、その河原でラジコンヘリの練習をしています。

その人とは、かれこれ、10年ほど前に
会社のダカールラリーチームの
メンバー募集のときに顔見知りになって
お互い、その選には漏れたものの
社内で顔を合わすたびに
一言二言、近況報告をする間柄になっていました。

彼は、ボクの8の字トラックの場所で
ヘリの練習をしているので
当然、ボクのトラックの存在を知っています。

ボクがGL通勤に変えて
そのトラックを使わなくなったので
かわりに
ラリー用のインプレッサで走っていたそうです。

どうりで、豪快なワダチが付いてるんだ。



ふと、気になって
グーグルマップの衛星写真を見てみると
e0173145_23345715.png

ほほう。

なかなかキレイな8の字トラックじゃないですか。


衛星からも見えるんだ、たちごけトラック……ふふ。





そうそう。


先週、通勤中に
e0173145_23363678.jpg

e0173145_23365232.jpg

桜が咲いているのを見つけました。

まさか
と、思って近づくと

やっぱり
e0173145_23374220.jpg

e0173145_23375919.jpg

咲いています。



1月の、こんなに冷え込みが厳しい時期に?
四季桜の類でしょうか?
それとも、不断桜とかいうヤツ?

遠目には地味ですが
寄るとなかなか
e0173145_23432396.jpg

e0173145_23433790.jpg

しっかりしたものです。


今日もまだ、咲いていたので
もう、1週間以上、咲いています。


毎年、このルートを通っていましたが
こんな時期に桜が咲いているのに気づいたのは
初めてです。

この桜は、春にももういっぺん咲くのでしょうかね?




通勤の楽しみが増えました。





by tachigoke400 | 2014-01-16 23:46 | ヤマハ ブロンコ | Comments(1)
2014年 01月 02日

出戻り、ブロン子

あけましておめでとうございます。

なかなかステキで愉快な年越しを楽しんでいます。
e0173145_6275465.jpg

e0173145_6283865.jpg







さて。

クリスマス前に、GL400が盗難されてしまい
やはり、出てくる様子もありませんので
新年からの通勤マシンを用意する必要があります。

知人友人たちから
いくつか
良いお話もいただいていたのですが
いろいろ考えてみた結果
やはり
e0173145_6314874.jpg

半年前に出て行った
前妻のブロンコを
もう一度、迎えるのが、もっとも波風たたない選択肢であろう
と、思い
オーナーに話を聞くと
まったく乗っていないとのこと。

これは、もう
買い戻すしかないだろう
と、いうことで
冬休み直前にトレーラーを会社に曳いていって
帰りがけに友人宅でブロンコを受け取ってきました。




年末で混雑している陸運支局に出かけて
GL400の登録を抹消し
ブロンコを登録。

チャラい名古屋ナンバーから
尾張小牧ナンバーに戻りました。





盗難されたGLには
ハンドルカバーや
グリップヒーターも付いていたので
もう一度、それらを買いなおさなくてはいけません。
e0173145_6352649.jpg

愛用のピボットレバーも
以前のはヤニーナちゃんにあげてしまったので
今回、買いなおしました。

地味に、出費と手間がかかるなあ。


ヘルメットはオフィスに持って行っていたので
盗られなかったのが
不幸中の幸いでしたが。





さー!

ブロンコが戻ってきた以上
通勤路のダート比率は、一気にあがります。

これはこれで
正常な生活が戻ったと考えることにします。




--------------------------------------------------


ブロンコで近所まで買い物に行ったのですが
たった半年離れていただけなのに
ものすごく乗りづらくて、ビックリ。

こんなにフラフラしてて
エンジンはガサツだったっけ?

どうやら
カラダが完全にGL400に馴染んでいたんですね……


いいバイクだったなあ……





機会があったら、また所有したいと思います。
今度は、通勤マシンとしてではなく
純粋な盆栽バイクとして。

by tachigoke400 | 2014-01-02 06:44 | ヤマハ ブロンコ | Comments(2)