カテゴリ:SSDTへの道( 32 )


2012年 04月 28日

出発

今日、荷造りの仕上げと確認をして
明日の早朝に出発します。
e0173145_5533645.jpg


と、いっても
競技自体は
5月5日マシン受け取り&セットアップ
5月6日受付、車検
7~12が競技
というスケジュールなので
渡英して数日は、英語に耳を慣らしがてら
旧友と飲んだり、買い物したり、現地の下見をしたりして過ごします。




---------------------------------------------


ボクは、堂々と言えます。

「目標は完走です」

このセリフは
ホビーライダーの特権かもしれません。

成績を期待されるプロライダーが口にすることは無いセリフです。



トライアルでもラリーでもエンデューロでもそうですが
ボクは今まで、あまり成績を気にして走ったことがありません。
ホビーライダーとはいえ、競技なのだから
ある程度、気にするべきでしょうが
性分でしょうか、誰に勝った負けたは
あまり気にならないのが正直なところです。

一応、付き合いで
競技後に歓談しながら
「いやあ、勝った」とか「参りました」
なんて言っていますが
正直、帰宅してからの一杯のほうに気が向いてそれどころではない
という心境です。


子供のころは、人一倍負けず嫌いでしたが
いつのころからか、そういうことに頓着が薄くなりました。


競技としてのモトクロスやパークトライアルにあまり馴染めないのは
「完走して当たり前で、他者と競争する以外の要素は無い」
からかもしれません。


ただし、理由は何であれ「リタイヤ」には
猛烈な悔しさと悲しさを感じます。
貧乏くさい性格なんでしょう。



「完走ねらい」を楽しむことは
ホビーライダーに許された、立派な楽しみかただと思っています。

もし、ボクみたいなライダーが
ラリーやエンデューロで成績を目指そうと思うと
怪我をするだけでしょう。
トライアルで大怪我をすることは少ないでしょうが
きっと精神を病むと思います。

と、いって毎回毎回
「できることをできる範囲でしかやらない」
なんていうスタンスでいるのも良くありません。
そんなことならば
最初からバイクなんて乗らない方がマシです。

何かに挑むことはそれ自体
重要な、心のサプリメントです。




「完走ねらい」で何かに挑むとすると
方法は2つ。

1つは、より困難な車両で挑むこと。
平谷ツートラにDRZ400で出るとか
TBIにCRM50で出るとか
モンゴルに軽トラで出るとか
そういった感じです。

もう1つは、より困難な大会に挑むこと。
と、いっても、手習いで始めたオッサンが
全日本選手権や世界選手権を目指すわけにはいかないので
参加可能なチャレンジは
やはり
ダカールラリーやBaja1000みたいな
門戸は広いイベントになるでしょう。


SSDTは、現在では
世界選手権クラスのライダーから底辺ライダーまで
等しく参加の機会を認められたイベントです。
正直なところ、今のボクが挑んで
完走できるとは思っていません。
しかし
ツーリングトライアルライダーが
何年かかけて挑む目標としては
絶好のイベントだと思っています。

草大会でモヤモヤして
と、いって選手権にも興味無いし
トライアルに疲れた気分だった数年前
SSDTが思い浮かんだ瞬間

「これや!」

と、思ったことを忘れません。
救われた気分でした。


SSDTは
いままでのラリーやレースはじめ
剣道の昇段試験、大学受験、入社試験なども含め
ボクの人生で、最難関の「トライアル=試技」
であることは間違いありません。

本当に、今、ワクワクしています。
結果がどうあれ得るものは大きいでしょう。




「SSDTに出ようと思います」

と、言うと

「オマエなんかが行ってどうなるんだ」

と、冷ややかな反応も多かったですが
不思議と
過去に参加したライダーたちは
ローカルライダーからIASまで
口をそろえて

「とても過酷だけど、素晴らしい。また行きたい。」
「ぜひ行って見てきてほしい」

と言います。
そういう大会なのでしょう。

ボクも、同じセリフを吐けるよう
精一杯頑張ってきます。




-------------------------------------



「目を覚ませ、熱くなれ」
e0173145_647151.jpg

なんてメッセージもいただきました。
ありがとうございます。


一応、大会中は
SSDTのホームページから
経過を見ることができると思います。
ゼッケンは205番。

このブログも、更新できたらしたいですが
きっと、精根尽きてそれどころではないでしょう。


ではみなさま
よいゴールデンウィークを!




---------------------------------------

追伸

初産を直後に控えた、微妙なタイミングで
参加を「こころよく」許してくれたハニマルに感謝します。
万が一、渡航中に生まれてしまって立ち会えなかったらゴメン。
その時は、大会何日めで生まれたかで命名しようか。

初日:太郎
2日め:二郎
3日め:三郎


6日め:六郎

ゴメン、冗談です。


元気な子を産んでください。

by tachigoke400 | 2012-04-28 06:57 | SSDTへの道 | Comments(11)
2012年 04月 22日

荷造り。

ようやく届きました。
e0173145_21443717.jpg

国際競技ライセンス。

生まれて初めて取得しましたよ。
ふふ、なんかカッコいいぞ。




SSDT前の最後の練習を終え
e0173145_21282331.jpg

あとは、荷造りや各種準備に専念せねばなりません。

なにせ、来週の今頃は、ロンドン行きの飛行機の中ですから。




普段、トライアルでは、あまりプロテクタをしないのですが
SSDTでは移動路の速度域が高いせいもあり
ある程度、しっかりとしたものを選ぼうと思って
奮発して、ヒンジ付きのFOXを新調しました。
e0173145_21301844.jpg

デカい……
エヴァンゲリオンみたいだぞ。
e0173145_213225100.jpg

ゴツイ見た目とは裏腹に
フィット感と可動式ゆえの動きやすさに感動。




ヒジガードは動きやすさ重視で
モトクロスコースを走るときも
エンデューロの時も
普段付けないのですが、今回は
e0173145_2136571.jpg

DFGのシールドレイヤーをチョイス。
とてもフィット感が良くて軽量で
トライアルユースにはもってこいです。


グローブはDRCの
メカニックグローブがお気に入り。
e0173145_21385114.jpg

整備に使うんじゃなくて、ライディング用です。
いろんなグローブを試したけど
ボクの手には、これが一番シックリきます。
安いですし。
何枚か持って行くのにうってつけ。



カッパは信頼と安心のモンベル
ストームクルーザー
e0173145_21411512.jpg

とても軽量コンパクトで
ワンカップと比較すると
e0173145_2141506.jpg

だいたい大きさ想像できますか?

わかりづらいですね。

シグボトルと比較すると
e0173145_21423065.jpg

いかにコンパクトかわかります。

10年前に買って、何年も使えたタフなカッパなので
今回のこれも、何年も使えることでしょう。

が、ここで
前述のヒザ当てを付けた状態で
カッパを着ると、パツンパツンでヒザが動かないことが判明……
なんだよ、モンベル。
ヒザ、余裕もってくださいよ。
登山でヒザガードなんて付けないもんなあ…
やっぱ、バイクはバイク用にかぎります。
と、思って、RSタイチのパンツを履いてみたら
もっとパツパツでした……

しかたない。今までのヒザガードを持っていくか…

ヒザに余裕のあるカッパ、作ってください。





さて。
現地で借りるマシンも
もちろんベータのEVO2Tなので
レバーやステップ、チェンジペダルなど
e0173145_22135422.jpg

予備パーツとして持参するために
どんどん取り外します。

工具も、大将に選定を任せたので
相当信頼がおけます。
e0173145_21475983.jpg

うーん、けっこうあるなあ……


トレックフィールド製の
薄いツール巻きに、ほとんど収納できました。
e0173145_21485691.jpg

e0173145_21491556.jpg

うんうん、スッキリ。

で、それを同じくトレックフィールド製
トラ車に付けることができるタンクバッグに
e0173145_215064.jpg

e0173145_21503757.jpg

スポっと収納。

これでだいぶ背中を軽くできました。
長丁場なんで、できるだけカラダの負担を減らさないと。
ボクらレベルだと
マシンが多少重くなっても
そのほうが有効だと思います。


日本酒は、とりあえず
e0173145_21523040.jpg

この2本を選定。
好みの問題なので、ここらへんは何を選んでもいいでしょう。
あとは、岩村醸造まで買いに走る時間がとれれば
女城主を加えたいところです。

もちろん
お酒だけ持って行くのでは片手落ち。
先月、工房を見学させていただいた
e0173145_21561764.jpg

e0173145_21565567.jpg

富山高岡の鋳物工房
「能作」製の
錫100%の酒盃
e0173145_21575452.jpg

e0173145_2159361.jpg

↑※撮影のため、水を入れました。酒ではありません。

重み、質感、口当たり
最高です。




ま、そんな感じで
あとは着替えやらウェアやら防寒着やら
そういったものを詰め込んで
ほぼ、パッキングが完成。
e0173145_2213622.jpg

去年から、エコノミーでも
23kg×2個の荷物が預けられるようになったそうで
とても助かります。

重量にはまだ余裕があるから
現地で
e0173145_2231329.jpg

この増設タンクとシートが安く手に入ったら
買って来よう。
Beta EVO250 フリーライド!

by tachigoke400 | 2012-04-22 22:04 | SSDTへの道 | Comments(5)
2012年 04月 20日

ステッカー

いよいよ来週は出発です。
明日は、最後の練習をして
昼から荷造りします。



さて。
チームステッカーを作ってみました。

こんなカンジ。
e0173145_21545279.gif

なかなかカワイイでしょ。


どーせなら、これで手ぬぐい作りたかったなあ…



それにしても「Tachigoke」て、文字数多くてカッコ悪いなあ。

by tachigoke400 | 2012-04-20 21:58 | SSDTへの道 | Comments(4)
2012年 04月 16日

「44」

あんまり、ずーっと寒いから
春なんて来ないんじゃないかと思ったけれど
e0173145_22929100.jpg

咲くときゃ咲くもんです。


もう、次の次の日曜日は出発。
あまり日が無いから、練習にも気合いが入るけれど
こういうときに怪我しがちなので
気張りすぎないようにしたいもの。



足元を見る。
e0173145_22133665.jpg


天を見る。
e0173145_22143911.jpg


ん。
春ですなあ。



ゴンちゃんが途中でマシントラブルで帰ったので
大将と二人で走っていると
林道の前方から、数台のマシンが…

こんな場所、こんな時間
他に走っている人たちがいるんだ……

と、思ったらタンデムの別口メンバーでした。
e0173145_2218314.jpg

まあ、そんなもんか。

目にするのは初めての
WR入道号。 元ヤブさん号です。
e0173145_22185123.jpg

よく、そんなマシンでトラ車やセローに交じって山に来ますね…
まあ、この人が乗れば
さながらWR250フリーライドってカンジでしょう。



山から帰ったら
ハニマルとヒンベエを連れて
ダートフリーク近くの河原でお花見。
e0173145_22215139.jpg

e0173145_22205943.jpg

日差しが暖かで
のんびり昼寝させてもらいました。

これも、いうなれば、SSDTの下準備。

ハニマルの機嫌をとることも
出発に向けての大切な儀式です。



なにせ、出産直前の妻をほったらかして
半月遊びに行くのです。
もうちょっと念を押すために
夕方は、
職場のお隣席のトオルちゃんが
「美味い、ぜひ行って欲しい」
とオススメの、焼き鳥屋さんへ。
e0173145_2228183.jpg

黄色YZさんの職場近くです。

ボクは食べ物については疎いですが
それでも、確かに美味しいな、と思いました。

とくに、焼きおにぎりがグー(焼き鳥屋ですが…)




ダメ押しに
e0173145_22505770.jpg

ハニマルにマカロンを贈ったので
もう安心です。

根回しはバッチリ!

持つべきものは、理解ある妻ですなあ(←誉めておく)



海外レースに参加する上で
無視できないのが、準備段階の「ETAP-0」ですよね。
まあ、楽しいんですが。

残念ながら、チームたちごけは
このETAP-0で
KONさん、亀甲さんが離脱を余儀なくされてしまいました……
オトナの事情は色々です。



さーて。

エントリー手続きはなんとか済んだし
レンタルマシンの手配は済んだし
レンタカーも予約した。
飛行機はもちろんOK。
お土産も用意しました。
海外運転免許も取ったし
パスポートも再取得しました。
ヘルメットのインナーも新調したし
カッパもモンベルで新調しました。
現地の宿(コテージ)もOK。
エントリー書類もできた。
FIMのライセンスも、もうじき発送されるらしい。
レースでも適用される保険にも入った。


当初

「SSDTに行こうと思う」

と、言ったら、いろんな人たちから

「馬鹿ぢゃない?」
「エントリー段階で選考で落とされるだろ」
「IB以上じゃないと受理されないっぽいよ」

みたいな事を言われて凹んだものでしたが
みんなで色々情報を集めて
なんとか、スタート台に乗るところまで
もってこれました。

やってみるもんです。




あとは
肝心のお休みですが
これも、1年半前からずーっと言っていたので
無事、有給をいただくことができました。

ついでに
タイミングが良いんだか悪いんだか
なぜか、SSDTが終わって
帰国した翌日に生まれる予定のわが子のために
育児休業制度なるものを使って
1カ月くらい休んでみようと思ったのですが
手続きが面倒くさそうなのと
収入が減って家計が苦しくなるので
(↑SSDTに行かなければ、家計は大丈夫とか言わない)
やっぱし、有給をいただいてこれに替えることにしました。

と、いうわけで
SSDTのぶんと育児ぶんと合わせて
25日のお休みを申請したら
無事、承認されました。
ありがたいことです。


GW、土日と合わせたら

44連休

です。


大丈夫やろか、サラリーマンとして……

まあ、良くも悪くも立場が軽いですから。





さて、あとは
英国にて再開するための
日本酒を厳選しなければ!

やっぱ女城主かなあ…
でも久保田もいいなあ。

by tachigoke400 | 2012-04-16 22:59 | SSDTへの道 | Comments(18)
2012年 04月 07日

ガッツリ沢練

今日は、バイク屋タンデムを
午前中お休みにした「ガッツリ沢練」でした。

SSDTまでに、なるだけ悪あがきをしたり
装備の確認をしたりするのが目的です。



一発目のウォーミングアップの山道で
バイクを押して取りまわしてる時
なんとなく木にぶつけたら
リアフェンダーの先っぽが割れてしまいました。

寒いから、樹脂がカチカチなのかな。
e0173145_19122449.jpg

フェンダーもさることながら
ナンバープレート、律儀に折りたたまれすぎ……



GoProを胸に付けて
60秒間隔で自動で静止画撮影。
e0173145_19142089.jpg

意図せず、60秒置きにシャッターをきるので
狙っていない、いろんな絵が撮れておもしろいです。
e0173145_19162833.jpg

e0173145_1917259.jpg

e0173145_19172419.jpg

e0173145_1918172.jpg

e0173145_19181693.jpg

e0173145_19184387.jpg

e0173145_19193212.jpg

もしかしたらMASAさんは
現地でベータに乗るかもしれない可能性がでてきたので
ボクのベータとMASAさんのガスガスを交換。
e0173145_19205085.jpg

e0173145_19212587.jpg

e0173145_1926327.jpg

ガスガス、車体もエンジンフィールも、しっとりしてるなあ……

個人的には、フロントまわりの軽快感があって
エンジンも刺激的で
全体にガチっと剛性のあるベータのほうが
岩メインで乗るなら、好みかなあ。

まあ、慣れの問題ですね。





いちど、トランポに戻って
給油をして
久しぶりの、うんこ沢とチャンプ沢へ。

e0173145_1928571.jpg

うおう。

久しぶりに来たけど、相変わらず威圧感のあるルート。

大将、ここは真ん中のラインを行くところです。
e0173145_19292865.jpg

去年の年末、ここでマクれてバイクが上から降ってきて
痛い目みたなあ…


来年のSSDTを目指してるとウワサのドンちゃん
e0173145_19312282.jpg

熱の入った走りです。

チームタンデムの「SSDT2013」は
そうですね
ドンちゃん、ゴンちゃん、ヒデさん、マツヲくん、SHINさん
あたりが有力メンバーでしょう、たぶん。
70万円と半月の休みを工面がんばって!

あと、KONさん&亀甲さんの二人がリベンジかな。



え?
ボクは今年完走できようができまいが
来年出るのは、家庭的に無理でしょう……

だから、今年、何としても完走したいです。




いやあ、それにしても今日はたくさんコケました。
新車から1年以上、何とか形を保っていたリアフェンダーも
ついに
e0173145_19395452.jpg

ポッキリ逝ってしまいました。

はあ……出費は痛いけれど

チャンプ沢の核心の岩盤で
全然登れなくて
何度もやり直して
どうやったら登れるか、ジックリ考えて
最後には、考えた通りのライディングで
ほぼ登頂できたのが、大きな収穫でした。




いままでは、勢いとマグレで登っていましたが
今日は初めて

意識して、ゆっくり目に発進して
キチンと体勢を保って
核心の部分でだけ、ガっと開けて
あとは惰性で登る。

考えが合っていたのと
それを再現できたことが
嬉しかったです。


バイクって、なんて楽しい乗り物なんだろう。

by tachigoke400 | 2012-04-07 19:48 | SSDTへの道 | Comments(8)
2012年 03月 28日

トレイルランニング

塾長さまやスケテツさんのアドバイスにしたがって
ランニングを取り入れてみました。
正確には、再開しました。

真冬と真夏は、ツライので避けていたのです…ヘタレですスンマセン。




真冬の間は、近所をクルっと走るコースだったのですが
3月に入ってから、日の出が早くなったので
ランニングのコースを変更しました。
基本的に、火曜、木曜が、走る日です。

クツもあるし、相棒もいます。
e0173145_5332579.jpg






トレイルランニングの季節がやってきました。
e0173145_5375023.jpg

e0173145_5394544.jpg

登りははまだ、薄暗くて、視界もよくありませんが
このごろ、だいぶ明るいです。
しかし、まだまだ寒いですね。
カラダはポカポカなのに、手は冷たい。

これは良いトレーニング。
e0173145_5453251.jpg

平地を走ると、涼しい顔でランニングできるつもりでも
山を走ると途端にアゴがでます。
落ち葉、砂、ぬかるみ、ワダチ、倒木、根っこ
使う脳とカラダを総動員な感じが心地いい。

アスファルトのランニングやサイクリングは
カラダとしては、苦手はほうではありませんが
精神的には苦痛を感じる体質のようで
好きではないのですが
山走るのは、快感のほうが勝るなあ。

カラダもイイ感じで締まってきました。



下りは、日が差しはじめる時間帯で
e0173145_545898.jpg

景色も色彩を帯びてきます。

もう少ししたら、木々が萌えてきて
最高の季節を予感させます。
楽しみ。



マウンテンバイクのワダチを観察するのも楽しい。
e0173145_559354.jpg

ラインどりやブレーキングポイントなどが鮮明に記録されています。
ましてや、これが、知人が週末につけたものだと思うと
なお楽しいです。



出勤前のひと時が、一日のうちで一番幸せ。

by tachigoke400 | 2012-03-28 06:03 | SSDTへの道 | Comments(0)
2012年 03月 26日

出発まで、あと一カ月ちょい!

週末の沢錬。
先週よりは、カタチになってきたなあ
ちょっと乗れてる?

先週、選手権で3位入賞で勢いに乗るMASAさんも
もちろん絶好調、と、言っておきます(笑)

足を付かないことよりも
決めた区間を
マシンを止めないことに重点を置いた練習をしているのですが
ちょっと雰囲気わかりかけてきたぞ
と、思った矢先
岩を登ったら失速

後ろにズリ下がる……

お。

リアブレーキをかけて止まろうとしたら

あれ、効かない!


そのまま後ろに落ちました。
水、冷たい!


何かと思ったら、リアブレーキのロッドが丸ごと行方不明に…
そりゃあ、効かないですわ。
ペダル踏んでもシリンダーに伝達できていないんですもの。



このごろ、毎週何か壊すような……

まあ、しゃあないか。





ああ、そうそう。
先週付けた、S3のアルミステップ。
抜群にイイです。
幅が広いことによる接地感と
多少、外上がりに角度がついているので
ものすごく安心して足に体重がかけられます。
こんなにイイとは思わなかった…

水も泥もへっちゃらです。

これ、SSDTに持って行って使おうかなあ…
で、ノーマルを予備で携行するか。



バイクが使えなくなったので
最後は、徒歩で沢を登る練習。下見は全部歩きますから。
僕は普段、火曜木曜は朝トレイルランをしているので慣れていますが
大将とMASAさんは、ちょっと運動不足気味かもなあ…

これから、バイク練習の前は
足で走ることを心がけていこうと思います。

ちなみに、SSDT沢は12分49秒かかりました。
バイクだと、これよりかかると思われます。
ひとまず、これを目標タイムに置いてバイクも乗れるようにしましょう。


-----------------------------------------------------

SSDTまで、実質1カ月ほどになりました。
国際競技ライセンスや、競技中でも対象になる保険など
やることはまだまだあります。



同時に、出産準備も実質1カ月ほどになったということです。
赤ちゃん用品のお店に行ってみました。
ダートフリークとは、雰囲気違うなあ…(当たり前か)
唯一、落ち着けるのは、クルマのシート売り場。
チャイルドシートって、ムダにカッコいいですね。
コブラのバケットより安いのに
軽いのやら重いのやら回るのやらいっぱいあるなあ。

でも、悩んだ末、シートはまだ買ってません。



さて。

僕は予定日(5月16日)の半月前に日本を出て
予定日の2日前の夜に帰国します。
ヘタすると、期間中に生まれてしまうかもしれないので
事前に、ハニマルの実家のお母さんに来てもらいます。

けっこうな期間、来ていただくことになりそうなので
快適な毎日を過ごしていただくため
キチンと寝室を用意せねばなりませんが
ウチは、なにせ、個室といえば
物置部屋、トイレ、フロ、ガレージの4つしかないので
今回は、物置部屋を寝室に変更すべく
作業を開始しはじめました。

とりあえず、物置部屋を空にして
壁の部屋に荷物を移して、要るもの要らないものをやります。

だいぶ片付いたつもりでしたが
日曜の夕方で、コレ。
e0173145_6351499.jpg

……
……
あきまへん。

これは、今週末だけでは終わりません。



ガレージも途中のままですし(かれこれ4週目)……
なんとか来週には寝室、ガレージ両方とも
まとまったカタチにしたいところです。



あー。いろいろ楽しいけど、眠い!

by tachigoke400 | 2012-03-26 06:54 | SSDTへの道 | Comments(12)
2012年 03月 19日

新SSDT沢

土曜日、SSDT沢に行きました。
数週間ぶりに行きましたが
あいかわらず、手ごわいですね。

他のところで、ちょっと走れるようになったつもりでも
ここへ来ると、自分がやっぱり乗れていないことが実感できます。

しばらく、ここと河川敷以外は走らないつもりです。





と、決意した翌日
さっそく、浮気。

大将とSHINさんが、気になるルートがあるというので
倒木をどけて、蔦を払って、通れるようにしてみました。

ちょっとカメラアングルが下向きすぎなのと
暗いのでアレですが
こんなカンジです>チーム員


前半はさわやかですが
後半は、なかなか剣呑なカンジです。

滑って大変ですが
みなで走れば、石も落ち着くでしょう。

新SSDT沢と命名します。
程よいエンターテイメント性があって、良いルートでした。





新型GoProは、暗いところの撮れぐあいは
向上したろうか…

by tachigoke400 | 2012-03-19 06:06 | SSDTへの道 | Comments(2)
2012年 03月 17日

北の国から


前略、スケテツさま



本日、はにまる運輸を通じて
ブツを受け取りました。

まさかボクの人生にロレックスが登場することになろうとは…
e0173145_21391521.jpg

おっしゃるとおり、視認性も良好で
着け心地もしっくりしていて、すぐにカラダに馴染みました。

やはり、目の肥えたスケテツさんのチョイスはさすがですね。
本当にいただいてよろしかったのでしょうか…

こういうものは使ってナンボだと思うので
ぜひ、SSDTでは腕に巻いてガンガン走るつもりです。


ありがとうございます。大事にします。




さらに、同梱の
いかにも効きそうな
e0173145_21444885.jpg

このスティック。

こちらも、付属の防水ケースに入れて
ジャケットの内ポケットに常に携行したいと思います。
e0173145_21465145.jpg




話はロレックスに戻りますが
BAMFORD社のサービスは素晴らしいですね。
ロレックスにあるまじきカラフルな仕様にもできるなんて。
円高の今なら、このプライスもアリですね。



ご期待に沿えるライダーではありませんが
やれるだけのことはやって来たいと思います。

ありがとうございます。

by tachigoke400 | 2012-03-17 21:55 | SSDTへの道 | Comments(2)
2012年 03月 14日

急募

急募


SSDT2012に行きませんか?!


このたび
チームたちごけwithタンデムの
メンバーに欠員が出ました。
ボクらはスポンサーシップという制度を使って参加枠を確保したので
ライダー変更OKらしいです。

本来、抽選になる参加者枠なので貴重な空きと言えます。
このチャンスを逃す手はありません。


沢と岩が大好きで5月1日~14日まで休みが取れて
60万円くらい用意できる、そこのアナタ
ご連絡をお待ちしています!

by tachigoke400 | 2012-03-14 21:00 | SSDTへの道 | Comments(4)