2013年 05月 16日

GL400 1週間乗ってみた

一週間ほど、通勤で使ってみました。
GL400。



いいバイクです。
エンジンはすごくマイルド。
低回転では、ほのかな左右への鼓動が心地よく
回転の上昇はきわめてスムーズ。
9500回転までよどみなく吹け上がります。
OHVエンジンとは思えない
洗練された回転フィールです。
当時のホンダの本気を感じさせられます。

しかし
おそらく、洗練されすぎていて
刺激が足りないと感じ、このバイクを降りた
ライダーも多かったのではないでしょうか。

重い車重と柔らかいサスペンションの組み合わせで
乗り心地はすこぶるジェントル。
独特の浮遊感がある乗り物だと感じました。


マイルドな乗り味の車体と
ムダに高回転型のエンジンの組み合わせは
商品としてのキャラクタが不明瞭。

歴史に埋もれてしまった理由が
なんとなくわかるような気もします。


でも、ボクとしてはかなり

「アリ」

なバイク。



こんなステキなバイクを紹介してくれた
スケテツさんに感謝です。






排気音も、とても静か。


パワー自体は40馬力だそうですから
どうということはありませんが
公道マシンとしては、じゅうぶんだと思います。


燃費は通勤路(ダート無し)で約20km/L。
タンク容量は12Lだそうですから
満タンで200km以上は確保されています。
じゅうぶん、じゅうぶん。




納車後すぐ、モトクロスハンドルの
かなり低いヤツに交換したのですが
e0173145_6595032.jpg

やはり、低すぎるのと遠すぎるので
妙なライディングポジションになってしまいます。


と、いうことで
試しに、ブロンコさんからハンドルを借りてみました。
e0173145_71519.jpg


テーパーハンドル用にアダプタを挟むぶん
ハンドル位置が上がりますし
このハンドル(もともとKTMに付いていた)のほうが
絞りもあるので
断然ポジションが楽です。

ファットバーのほうが
見た目にもバランスが良いようです。


やっぱし、ハンドルは慣れたヤツがいいな。





見た目重視で
e0173145_735785.jpg

フロントフォークを突き出していたのですが
コイツのせいで、フロントに荷重が寄りすぎて
バイク自体が重く感じるうえに
サスストロークが短すぎて
急制動のときにフルボトムして怖いので
e0173145_761572.jpg

元に戻しました。




破れていたシートは
新しい表皮を張りなおして

見た目にも重く
実際にも重かった
鉄のリアフェンダーも、取り去ってみました。
e0173145_772062.jpg

もちろん、例によって
ランプ類はタイラップ固定………
e0173145_78291.jpg





だいぶ
このマシンのデッサンが整い始めてきました。
e0173145_784932.jpg



ヘッドランプはもう少し下に取り付けよう。

フロントタイヤ上方の妙にスカスカな空間を
なにかで埋めたい。

全体にリア下がりなのは
ある意味、カッコいいけれど
ボクの好みではないので
長いリヤサスを入れるか…


そろそろ、タンクの色も妄想できてきました。
せっかくキレイな新品タンクですが
やはり、塗ることにします。





と、ここまでは
0円で楽しんだ盆栽バイクライフ。


お金無いから、続きはユルユル。

by tachigoke400 | 2013-05-16 06:51 | GL400 | Comments(2)
Commented by エンドー at 2013-05-16 20:24 x
そこは瀬戸物の町ならではのカラーリングを期待してます。
Commented by tachigoke400 at 2013-05-18 22:36
織部のグリーン……か。


<< GL400ちょっと調子悪い      ヤニーナちゃん2デイズ >>